人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

昨夜は、ハロウィン・ナイト!

e0171821_09583318.jpg
昨夜の代官山レザールは、ハロウィン・ナイト!
和恵ママから「変装してきてね」といわれたので、セッション参加者はそれなりに…。
ピアノのトシ君は、とかげ(レザール)の帽子になぜか「○んこ」と書かれたTシャツを。
分かりにくいけど、ベースのエディは猫耳をアタマにつけてます。
e0171821_09583664.jpg
ミヤケ君も、アタマにちょこんとトンガリ帽子。
それ以外にも、それぞれ工夫を凝らした格好が店に溢れていました。
e0171821_09583935.jpg
不肖・私も猫耳を帽子の上から。
アルトのコビー君は、仮面を持ってきたけど、これじゃサックスを吹けない(笑)
吹く時には、上に上げていました。
e0171821_09584245.jpg
いつものスナックに加えて、ハロウィン・バージョンのパンも…。
なんか、年寄りが集まってハロウィンをやってるのもヘンですけどね。

そうそう、2ndセットで若い女の子の唄伴を演ったのですが、なんと早稲田ダンモ研の現役ということが分かり、話が盛り上がりました。
ということで、昨夜も楽しいレザールでした。

by dairoku126 | 2018-10-31 10:07 | 音楽 | Comments(0)

引退、戦力外!

e0171821_09515445.jpg
日本シリーズの最中ですが、今年は名プレイヤーの引退が多い年だった。
特に”松坂世代”と呼ばれた選手の引退が多い。

「平成」という時代の終わりを象徴しているのでしょうか?
「平成の怪物」と呼ばれた、ご本尊の松坂大輔は来季も現役を続けるようですが…。
e0171821_09552580.png
こちらのリストにあるように、名前をよく知っている選手が並んで居ます。
40歳以上では、松井稼頭央、新井貴浩、岩瀬仁紀、荒木雅博。
”松坂世代”では、杉内俊哉、村田修一、G後藤、小谷野栄一といったところ。

ジャイアンツ関係では矢野謙次、脇谷亮太、寺内崇幸、山口鉄也、西村健太郎などがユニフォームを脱ぐことに…。
それ以外では、田中治康とか野本圭、浅尾拓也なんて30代半ばの選手も多い。
e0171821_09515844.jpg
体力・気力の衰え以外にも、怪我や故障との闘いがつきまとうことはプロスポーツ選手であり続けるためには避けて通れない道なんでしょうが、それを乗り越えて”引退”に漕ぎ着けた選手には一種の爽快感が漂っている。

山口鉄也の引退会見では、チームメイトがこっそり集まり会見後に花束をサプライズで贈ったなんて話にはホロッとしてしまいます。彼の人柄とかチームに与えた影響が窺われますね。

”引退”というのは、どこか「やり切った」という明るさをまとった感じがしますが、”戦力外通告”というのはプロならではの残酷なものです。
リストにあるように、まだまだ若い選手が多い。

過去の実績がいかに優れていても、数年間結果が出せなければ仕方がない。
現役にこだわってトライアウトに挑む選手も多数居ると思います。
願わくは、再挑戦から這い上がって欲しいものです。



by dairoku126 | 2018-10-30 10:33 | スポーツ | Comments(0)

秋晴れ!

e0171821_16214993.jpg
気持ち良く、晴れました!
今日の練習は、お子様達が多かったので最初の回はお子様メイン。
ただ、波があったので沖までは出ずに、鎌倉湾内での練習になりました。
この回は、ステアで人数の関係で7番シート。
波がある日の7番シートは、安定した場所では無いので、好きではないけど…。
e0171821_16215329.jpg
お子様達をしごいた後は、大人だけ。
来週の茅ヶ崎レースに備えて、スタート練習をたっぷりやりました。
それと、ちゃんとしたフォームを身につけるための練習はキツかった。
腹筋、背筋、胸筋が漕ぎ終わった後はプルプルしてました。

来週は茅ヶ崎での今年最後のレース。
僕のクルーにはハワイからジョンとサムが来ることになっています。
どちらもOver70の大ベテラン。
サムは、KONAでも会えたし、今年もモロカイに出ていたとか。
どんなレースになるんでしょうね。


by dairoku126 | 2018-10-28 16:29 | アウトリガー | Comments(0)

日本代表vs世界選抜 2018

e0171821_21190639.png
11月のテストマッチ月間に向けての仕上がり具合が気になる試合。
N.Z.や南アなどの代表を長いこと経験してきたドリームチーム相手にどこまで出来るか。
残念ながら、最後に攻め立てたものの惜敗でした。

まぁ、個々の経験・能力が高い世界選抜は、1週間という短期間ながらチームが機能するように組み立ててきた。ここらが経験値の違いなんでしょうね。

立ち上がりの10分間に日本が相手ゴール前で攻めて、攻めて、攻め立てたのですがゴールラインを割らせなかった。これが最後まで波に乗りきれなかった原因でしょうね。
前半に点を取られすぎたのが、最後まで響きました。
特に、前半終了間際に獲られたのが痛かった。
e0171821_21191165.png
それと、スクラム・ラインアウトといったセットプレーの精度を高めないと…。
肝心なところでのラインアウトのミスが目立ちました。

後半の立ち上がりに獲られたトライも痛かった。
自陣ゴール前からの反撃で、一気にトライまで持って行ったWTB・リーのスキルの高さは流石ですが、レメキが簡単に抜かれちゃった。今日のレメキは、ディフェンスが脆かった。

後半にSHが田中に変わってからテンポが出て来たというか、攻撃が落ち着いて来ました。
点差を徐々に詰めて3点差まで持って行き、ノーサイドのホーンが鳴った後にも相手ゴール前で連続して逆転トライを狙って攻め立てたのですが、最後にツイヘンドリクスのノッコンで終わり。南ア戦の再現はなりませんでしたが、最後にドロップゴールを狙うという選択肢は無かったのかなぁ?

それにしても、福岡のスピードとステップのキレは素晴らしかった。
オールブラックス戦には、姫野が復帰できるという情報もあるし…。楽しみです。

まぁ、テストマッチじゃないから課題が見えた方が良いのですけど、今日は気持ちばかりが前掛かりになりすぎていたような。

by dairoku126 | 2018-10-26 21:43 | スポーツ | Comments(0)

星山で、焚き火!

e0171821_08575265.jpg
カヌー仲間の直樹くんが今年から始めた”星山プロジェクト”。
彼のやっているTIDE POOLも、素晴らしい子供教育の一環ですが、これにさらに幼児や大人までプラスした森を舞台にした”教育”というヴィジョンの下に始められたプロジェクトです。

葉山御用邸の水源地の星山でプログラムを推進して行くようですが、この場所の整備のために伐採した木の始末を手伝って欲しいといわれ、昨日手伝いに行ってきました。
e0171821_08573787.jpg
整地され、きちんと組まれたウッドデッキにはモンゴルのゲル(テント)の支柱が組み立てられている。外側は、台風の際に外したまま。
モンゴルから持ってきたゲルは、どうやら日本の気候に合わず、カビが出てしまうらしい。
湿度の関係なんでしょうね。
e0171821_08573323.jpg
それにしても、自然の森を切り拓いて道を付けたり、整備するのは大変なこと。
焚き火をして出た灰を道に撒いたりして、土壌を改良して行くのが第一段階。
e0171821_08574203.jpg
開けた場所に大きな穴を掘って、そこで伐採の際に出た薪にならない小枝とかを燃やしていきます。あちこちに積まれた小枝を運んでくるのが、また大変。
燃やすより、燃やす場所まで持って行くことの方に労力を費やすことになります。

そして、乾燥しきってない小枝を燃やすには、竹を時々混ぜてやるのが肝心。
伐採して置きっ放しにしてある竹は、実に火力も強いし、良く燃える。
節を割ってからでないと、”ポン!”と節の間の空気が爆発しますけど…。
e0171821_08574611.jpg
燃やしている間に星山を見て回ったら、植えられたオクラを発見。
オクラって、こんなカタチに生るのですね。

10時過ぎから始めて、運んだ材木が燃え尽きるまで5時間ほどの作業でしたが、カヌーとは違う筋肉が痛くなりました。また、ヒマを見て手伝いに行こう。

by dairoku126 | 2018-10-26 09:15 | 生活雑感 | Comments(0)

『日本が売られる』堤未果

e0171821_16470304.jpg新聞の書評で取り上げられていたので、読んだのですが、身の毛のよだつようなショッキングな内容でした。

国民の安全・安心を司るはずの国(政府・官僚機構もふくめて)が、新自由主義の亡者どもに内部から切り崩されている。
その内容は、こちらの目次を見ていただけると分かると思いますが、国民生活の基盤となるものが次々に「規制緩和」の名の下に外資に売り渡されようとしている。

「水道事業を民間企業に…」とブチ上げた麻生副総理の言葉どおりに、黒字が出ているのにもかかわらず民間に売ろうとして市議会に反対された大阪市の事例に、市議会の議決など必要ないように法改正をしたことなんてマスコミで一切報道されていません。
アメリカの要望で、「遺伝子組み換え食品」の表示を無くすなんて改悪も報道されてないし。
こんな国を「売る」ような法案が通る時には、オウム受刑者の死刑とかマスコミが飛びつきそうなネタが必ず用意されている。

教育に「愛国心」を盛り込めなどと「教育改革」を叫ぶ現政権が、愛国心の欠片も無い「売国奴」だらけというのは冗談にしても酷すぎる。
「規制改革」、「国家戦略特区」という言葉には必ずハゲタカ・ファンドの指示があると見ても良いほど。どこに「不平等条約」を自ら進んで結ぶ国があるのでしょう?
明治の先人が苦労して条約改正に努力したのに…。
まぁ、歴史に学ばない人間ばかりが集まってますからね、現政府には。
まさに「今だけ、カネだけ、自分だけ」の新自由主義の亡者が集まって、やりたい放題になっている。

安倍政権の9年間は、アメリカ政府に影響力がある農薬・化学薬品メーカーや医療機器・新薬メーカーの利益のために、国内法を改正して世界中で売れなくなった発がん性がある農薬を日本で売ることが出来るようにしたり、アメリカの新薬の特許期間を長引かせるなど、誰に仕えているのか分からないほどの献身ぶり。

その旗振りをしているのが、この本を読んで「影の総理」じゃないかと思った竹中平蔵。
彼が望んだことは、すべて法案として通っています。
平成28年以降で、彼が会長を務めるパソナ・グループが経産省、厚労省などから受注した総額は37億4千万円。これ以外にも非公開になってますが、東京オリンピックのボランティアの募集・研修・人材派遣もパソナ!

それにしても、この本が幻冬舎から出たのは驚きです。

読み終わって暗澹たる思いに耽るだけじゃダメですね。
次の選挙で何とかしなきゃ。

by dairoku126 | 2018-10-24 17:22 | | Comments(0)

慶應vs帝京 2018

e0171821_13490765.jpg
ラグビーシーズンも中盤に入り、いよいよ強豪校対決の季節。
全勝で来た大学が星をつぶし合う対戦が始まりました。

昨年はブログにも書きましたが、3点差だった。
今年も慶應はミスにつけ込まれて、せっかく良い試合をしながらの惜敗
後半は、帝京を零封しただけに、前半の失点が悔やまれる試合でした。

開始早々に攻め込み、帝京が受けに回ったところで、ラックから川合君が相手ディフェンスの隙をついてトライ!最高の立ち上がりでした。
その後も、攻め込む時間帯が続いたのですが、相手ゴール前でラックからのパスを帝京13番尾崎君にインターセプトされて走られ、トライを奪われてから流れは帝京へ。
ちょっとした隙やミスにつけ込まれて3トライ、1PGを献上してしまったのが響きました。
e0171821_13491378.jpg
後半も、慶應は果敢に攻め立てて11番宮本君が左隅にトライ。
このトライは、ゴール前のラックに相手ディフェンスを引きつけて人数が少ない外にパスを飛ばした好判断でした。
さらに、丹治君のキレのある走りで奪ったトライも美しかった。

後半は、完全に慶應がフィジカルでも勝っていただけに70分過ぎに相手陣内に攻め込んだ時のラインアウトを立て続けに奪われたのが痛かった。
スクラムでは互角に闘えたFWでも、身長差がかなりあるラインアウトで5本も相手にボールを取られては…。それも、奥深く攻め込んだ時に。
e0171821_14172491.jpg
全体のスタッツを見ると、ブレークダウンでのターンオーバー、反則数の少なさなど相手を上回っていただけに残念です。タックルも良く決まっていたし…。
それでも勝ち切ってしまうのが、V9王者・帝京の底力なんでしょうね。

次は、慶明戦。
今年の明治は、かなり強そうだ。

by dairoku126 | 2018-10-23 14:21 | スポーツ | Comments(0)

HAYAMA HOE VA'A 2018

e0171821_20545397.jpg
昨夜の雨が富士山では雪だったようで、今朝は中腹まで白く冠雪してます。
空気が澄んで美しい朝となりました。
e0171821_20545857.jpg
この大会は、お祈り、ハカ、そしてフラで幕開けするのが決まり。
まぁ、代表を務めるデューク金子さんの趣味というか、嗜好というか…。

でも、主催者のホスピタリティは図抜けている。
今日も寒さに対応するように温かい飲み物(珈琲、紅茶など)が飲み放題というサービスでした。以前に代官山レザールまで来てくれたアユちゃんとも再会できました。
e0171821_20550368.jpg
先陣を切って、5kmのレースがスタート。
北風が強く吹いているので、コースが変更になったりしました。
e0171821_20550666.jpg
ぶっちぎりでワイレアのチームが優勝。
海面の縮緬皺からも、風の強さがうかがえます。
e0171821_11455750.jpg
スタート前、ステアの僕だけ笑顔がない!
コースの海況を見たり、戦略を立てたりで大わらわ。
e0171821_11460574.jpg
いよいよ、スタート地点に向かいます。
e0171821_11461379.jpg
強風のため、コースが事前に変更になりました。
昨年は沖に出てから名島に向かい、そのままゴールに向かいましたが、今年は強風のため沖に出ると名島へのコースの逆風区間が長くなるので沖に出ずに小賀島周りに…。
この島を回る岩場の多いところのターンで、岩場を利用して競り合いに勝ちました。
e0171821_20565017.jpg
僕が出場した10km。
久しぶりのステアでしたが、クルーが頑張ってくれたのでMixカテゴリー2位
競り合いになった勝負では、すべて勝ち抜いて順位を上げられたし、ステアとしての入賞は初めてなので嬉しかった。
ゴールした途端にクルーのみんなに「ありがとう!」と叫んでしまった。

これで逗子の3位に続いて、表彰台の成績でした。
この大会にはメダルがありません。
その代わりマウイ島から取り寄せた葉を編んだレイが…。
これは貴重なものなんです。
e0171821_11460958.jpg
その後、カヌーを材木座まで戻すことに…。
メンバーが足りなかったので、ソロモン諸島で2年間の任期を終えた0.5娘にも漕いで貰いました。
e0171821_20565342.jpg
すべての片付けが終わったのが、5時過ぎ。心地よく、疲れました。
美しい夕陽を愛でながら、家路につきました。

by dairoku126 | 2018-10-21 21:12 | アウトリガー | Comments(0)

江ノ島花火大会 - 2018。


e0171821_19573183.jpg
葉山でのレースの前日ですが、江ノ島の花火大会。
クラブのメンバーである江ノ島亭さんのご厚意で席を用意してくれました。
開始時間の1時間半前に家を出たのに、江ノ島の参道は大渋滞。まったく進みません。
上りの列と下りの列が岩本楼あたりでグチャグチャに入り乱れていたのが原因。
ちゃんとレーンを分けるような交通整理をしてくれれば、なんてこと無かったのに…。
e0171821_20000713.jpg
エスカーで上がって、江ノ島亭に…。
その昔、寅さんの映画にも登場した江ノ島の美味しいお店です。
e0171821_19573588.jpg
開始寸前になって雷雲が来たようで、雨の中での開催になりました。
でも、屋根の下だから大丈夫だもん。

  
動画で見ても、稲光と花火が競演してます。
e0171821_19573970.jpg
江ノ島の高いところから花火を見ると、地上で見るのとまったく違う。
そりゃ、見事なものです。迫力もあるし…。
e0171821_19574629.jpg
雨は降り続いていましたが、花火大会は最後まで楽しめました。
2尺玉の迫力は、凄かった。

帰りはズブ濡れになりましたが、楽しめました。
いやぁ、凄い迫力だった。


by dairoku126 | 2018-10-21 20:53 | 生活雑感 | Comments(0)

葉山Hoe Va'a前日。

e0171821_19494957.jpg
葉山の大浜に拠点を構えるOceanカヌークラブが主催する「Hayama Hoe Va'a」。
Va'aとはカヌーのこと。タヒチとかポリネシアでの呼び方です。
本来は8月開催ですが、今年は台風のために10月21日に延期となりました。
e0171821_19495322.jpg
ということで、材木座から葉山までカヌーの運搬。
こればかりは漕いでいくしかありません。
3艇のカヌーを運びましたが、距離にして6km程度。
レース前日の練習として、ちょうど良い感じです。
e0171821_19495522.jpg
無事に3艇のカヌーを大浜に運びました。
明日は、僕が出場するのは10kmのMix(男女混合)。
久しぶりにステアとしてのレース、頑張るぞ!

by dairoku126 | 2018-10-21 19:57 | アウトリガー | Comments(0)