<   2018年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

KONA2018 ー Day1

e0171821_11395634.jpg
成田からの直行便が出来たおかげで、ラクに来ることが出来るようになった。
ホノルル便に比べて空いているので、後ろの方は3人掛けを一人で横になれるほど。
僕も窓際と通路の二人分を使ってラクさせてもらいました。
イミグレーションもゆったりとした感じです。
レースに来たと言うと、「Enjoy!」と返してくれる。
e0171821_11401760.jpg
4時までチェックインが出来ないので、会場のキングカメハメハ・ホテルへ。
レジストレーションをして、記念グッズを買って…という恒例のパターン。
ついでにリグもチェックしてきました。
e0171821_11402118.jpg
早めに入って来たチームは、海に出て練習を始めている。
ここに来ると、いやでも気分が高まります。
e0171821_11402696.jpg
ズラリと並んだ新鋭艇。カッコ良いですよね。
嘘のように軽い!女性2人で持ち上がりました。
e0171821_11403825.jpg
4時になったので、コンドミニアムにチェックイン。
古い木造の建物なのでエアコンはありませんし、エレベーターもなし。
我々の部屋は1階ですから、荷物の運び込みも楽でした。
e0171821_11404374.jpg
眺望は素晴らしい。
西陽が入るので少し暑いけど、スタート地点が正面に見えます。

夕食の後は、各部屋の食料の買い出しに出かけます。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-31 11:57 | アウトリガー | Comments(0)

『ハーバード日本史教室』佐藤智恵

e0171821_09015032.jpg飛行機の中で読むつもりだった本を読んでしまいました(笑)

駐日大使だったエドウィン・ライシャワーが1973年にハーバード大学に創設した「ライシャワー日本研究所」では、現在年間50~60に及ぶ授業が開講されているとか。
そこに関係する10人の教授がそれぞれの分野で教えていることを語っています。主な内容は、こちらを

研究対象も日本史のみならず経営、マネジメント、人類学、都市文化、食文化、経済学、哲学と多岐にわたる分野から日本史を見ていくので、日本国内では思いもよらぬアプローチがあり、「外から見るとこう見える」という日本が浮き彫りにされてきます。

当然、そこで語られる名前も日本での教わるのとは評価が違います。
明治維新でも西郷、龍馬よりも木戸、大久保の方が主役となります。
マネジメントが専門のサッチャー教授は、「トルーマンと原爆」について議論する中で、必ず昭和天皇の「終戦の詔勅」を読み上げ、それがリーダーにとっていかに勇気ある決断であったかを教えたいと語る。
原爆投下の決断が正当性なものだったかどうかを学生達に議論させ、リーダーが決断する時には道徳性、倫理感の側面からもチェックを入れなければいけないと教える。

面白かったのは「築地市場から見えてくる日本の強みと弱み」という講義。
役人が机上で作った豊洲市場は、失敗するだろうと断言しています。

10人の教授が口を揃えるように語るのは、日本が「戦争を放棄」する決断をして発展してきたモデルとして世界でも類を見ない国であること。トランプをはじめ、ナショナリズムが再び台頭する中で日本の立ち位置を護って欲しいと切実に願っていることです。

閉塞感が漂う現在の日本の状況の中で、もう一度視野を広げるためにもお勧めの本です。




[PR]
by dairoku126 | 2018-08-30 10:08 | | Comments(0)

ほぼ、準備完了!

e0171821_10304032.jpg
奥さんが現地に持って行く「お菓子入れ」の巾着を作ってくれました。
柄はもちろん「極楽トンボ」です(笑)
e0171821_10304443.jpg
昨日、成田エクスプレスの指定券を「みどりの窓口」まで買いに行った時にバス停で見上げると、街路樹の葉が塩と日射しでこんな状態に…。
日射しと潮風に痛めつけられた!という感じがありありですね。
e0171821_10304711.jpg
家に帰って植栽に水をやっていると、睡蓮が咲いていました。
こちらは暑さにもめげてない。

出発までは極力カラダを休めるようにとの指示なので、家で本ばかり読んでいるのですが、この調子だと持って行くはずだった本まで読んでしまいそうです(笑)

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-29 10:37 | アウトリガー | Comments(0)

『碇星』吉村昭

e0171821_10041270.jpg吉村昭の短編集。「碇星」は「いかりぼし」と読みます。
「老い」をテーマにした短編が8編。

吉村昭といえば、膨大な資料に基づいた史実を題材にした長編というイメージでしたが、短編も実に味わい深い。

本人の「あとがき」によれば、長編小説を書いた後は、「書く意欲」を奮い立たせるためにも短編を必ず書くということ。

動かせない史実や資料に縛られ、もがくように物語を綴って行った後は、アタマを切り替えるためにも身の回りを見つめた短編で呼吸を整える必要があるのでしょうね。

BOOKデータベースによると「孤独を分かち合う七十過ぎの三人の男たちを描く「喫煙コーナー」、定年と同時に妻に去られた男の心境を描く「寒牡丹」、葬儀に欠かせぬ男に、かつての上司から特別な頼みごとがきた表題作ほか全八篇。人生を静かに見つめ、生と死を慈しみをこめて描く作品集。」とあります。
AMAZONで「なか見!検索」が出来るので、興味がある方はどうぞ。

このうち表題作の「碇星」や「花火」など数編は自伝的な内容になっていて、結核から奇跡的に蘇った著者の述懐をこめた作品。吉村昭の日記を読んでいるような気分にさせられます。

40ー50代の時に読んだら「?」という感じなのでしょうが、素直に染み込むように物語が入ってくるのは、こちらが歳を取ったということなんでしょうね。
読み終わった後に、しみじみとした気分になりました。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-29 10:29 | | Comments(0)

今日から、準備開始!

e0171821_14294976.jpg
出発するのは木曜日ですが、余裕を見ながら準備を始めました。
今日は、カヌーレース関係に絞っての準備。

欠かすことの出来ない小城羊羹を買いに鎌倉の紀伊國屋まで行っちゃった。
ヘンにケミカルな味のするサプリメントよりも、安心出来るからね。
この前のミーティングでリストアップした個人用のものを、キャリングケースに詰めてます。

ハイドレーションもちゃんと液体がスムースに流れるかをテスト。
後はトランクスだの、クラブシャツだの、忘れやすいビーサンなどをケースに入れました。
リギング用の軍手とか、現地で使うトートバッグも忘れやすいものの一つ。

明日からは通常の旅行で持って行くものを、詰めていきます。
今年借りるコンドミニアムは無料Wi-Fiがあるようなので、AirMacは持って行かずに済みそうだ。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-27 14:41 | アウトリガー | Comments(0)

コナに向けて、最後の練習。

e0171821_17412644.jpg
今週末には、コナでのレース本番
今日は、チームでの最後の練習となりました。
e0171821_17413161.jpg
昨日までの強風が収まり、海面はかなり穏やかになりました。
空だけが秋のようで、気温は高く、湿度もあるので熱中症に注意して漕ぎ出しました。
e0171821_17414150.jpg
最後の練習は、一気に長い距離を漕ぐ練習。
材木座の沖からスタートして、名島を回り、裕次郎灯台を抜けて戻るという約10kmのコース。女子チームとは、5分のハンディキャップでスタートしました。

5分というと距離にすると1km弱は離れます。
小さくなっていくカヌーを追いかけるのは、結構シンドイ。
僕の予想では裕次郎灯台の辺りで抜くことが出来るだろうと思ったのですが、抜いたのは大崎からカブネにかけての辺り。
しばらく競り合いの練習をしてから一気にパワーを入れて抜きました。
e0171821_17413893.jpg
戻ってからのミーティング。
僕たちもやりましたが、女子の方が真剣にやってました。
まぁ、男の方は「その場になれば…」という意識が強いのか?
e0171821_17414408.jpg
カヌーを片付けてから、クラブとして用意するリギングのロープを作ったり、パドルをまとめて(別々に持って行くと空港で別料金をそれぞれ取られたりするので…)ケースに収めたり、それ以外の備品を確認したりで忙しかった。

こうして準備をしていると、いよいよ本番という気になってきます。
それにしても、今日は暑かった!

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-26 17:59 | アウトリガー | Comments(0)

昨日は、タップリと…。

e0171821_08332420.jpg
昨夜の代官山は、我々のバンドのみ。
おかげで1st.セットは8曲も演ってしまった。

ドラムスには、早稲田ダンモ研出身の宇都宮君が来てくれました。
宇都宮君と一緒に演るのは、何年ぶりだろう?
赤坂の放送局の現役ながら、年に60回くらいはライブをやっているとのこと。

相変わらず、刺激的なドラムスで煽ってくれました。
e0171821_08332899.jpg
なぜか、常連組も登場しない。
タップリと最初のセットを1時間半くらい演った後は、飲み&喋りタイムです。
こんなガランとしたレザールも久しぶりです。
e0171821_08333108.jpg
と、思ったらトモン先輩がフラッと現れました。
軽井沢に行っていたので、ぶり返した暑さがこたえる!とボヤくことしばし。
我々の2nd.セットの後に演奏してくれたのですが、僕はここでタイムアップ!
一緒にやりたかったなぁ。

なぜか、湿度が高いのに星が良く見える帰り道でした。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-23 08:43 | 音楽 | Comments(0)

今日は、フランスのパドラーが一緒に…。

e0171821_17055349.jpg
昨日に続いて、今朝も秋のようなカラッとした空気感。
雲のカタチもすっかり秋になっている。気持ち良く、漕ぎ出しました。
最初のセットでは、僕がステアで沖まで行き、帰りは交代して貰いました。
e0171821_17060026.jpg
戻ってくると、昨日のチーム・ジャパンの練習時に「フランスから来たけど、漕がせてもらえるかなぁ?」と訊いてきたディヴィッドが奥さんのマリーと共に登場。
最近のフランス人は、ちゃんと英語を喋るんだよね。
奥さんは、妊娠中のためビーチで待機とのこと。
e0171821_17061374.jpg
ということで、ディヴィッドと共に約1時間のパドルを…。
この回も僕は7番シート(神様のシート)でのステア。
波が穏やかだったから良いけど、荒れている時には落ちないように神経を使うシートです。
e0171821_17061022.jpg
3艇で、葉山方面に…。
その前に富士山をバックにディヴィッドと記念撮影をしました。
e0171821_17061699.jpg
とても楽しんでくれたようで、良かった。
しっかりと合わせて漕いでくれたので、こちらも良く走って気持ち良かった。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-19 17:19 | アウトリガー | Comments(0)

『戦後日本の「独立」』オマケ話。

e0171821_13360225.jpgこの本は、さまざまな内容の話が満載なので紹介したい話が沢山合ったので書き忘れてしまった話が幾つかあります。

その1.毛沢東が田中角栄に日中国交正常化の際に語ったのは「我々が政権を取れたのは日本軍のおかげ」
日本軍が蒋介石の国民政府軍と戦っていた間に、共産党は着々と支配地域を拡大。都市の富裕層が支持基盤だった国民党政府に対して貧民層や農民層に勢力を拡げることが出来た。
国共合作以後も、日中間の戦闘は2000件くらいあった中で、共産党軍が戦ったのは30回未満。
日本の降伏後、温存しておいた軍隊で疲弊した国民党軍を打ち破り、蒋介石は台湾に逃げざるを得ない結果に…。
その2.中国本土で政権を握った共産党が「中華人民共和国」という国名を決める時に、毛沢東は猛反対したとか。その理由は…
「人民」も「共和国」も漢字で書かれているものの、どちらも日本で作られた和製漢語。
かといって、中国語では「Peoples Republic」にあたる言葉が無かったのでやむなく採用となった。

それ以外にも、今読むと腹が立つこと(「シベリア抑留」は関東軍がソ連と密約を結んで満州国への移住者を棄てた)こととか、戦後に日本人がアメリカかぶれになったのではなく、戦前から日本人はアメリカ文化が大好きだった…等々歴史の時間では教わらない事柄が満載です。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-18 21:15 | | Comments(1)

練習開始前に、アクシデントが…。

e0171821_20172009.jpg
昨日から空気が入れ替わり、秋の気配が漂う朝となりました。
空気が澄んでいるから、富士山もクッキリ。
鎌倉まで運転して行く間も、まったくエアコン要らずでした。
ノースリーブのパドルシャツでは、肌寒いかな?と思うほど。
e0171821_20172509.jpg
さぁ、練習!と思った時に134号線で凄い音が…。
すぐに元ライフセーバーと看護士のメンバーが駆けつけて、救急車やパトカーが来るまでの間に救命措置と止血処理を施しました。
他のメンバーで事故後の渋滞を交通整理。
パトカーが来た後も警察官に頼まれて、援護が来るまで交通誘導を続けていました。

ということで、練習開始が40分も遅れてしまった。
e0171821_20313185.jpg
今日は3艇で長い距離を漕ぐ練習。
葉山のレースも迫ってきたし、何よりもその後のハワイでのレースのためにも一気に漕ぐ練習がしておかねば。僕は今日はステアでした。
e0171821_20173078.jpg
練習の合間に水と戯れるジョー!
すっかりと漕ぎ慣れたせいか、7歳にして10km近くを漕ぎきりました。
子供は夏休みで逞しくなりますね。
御蔵島のお爺ちゃんのところでイルカと泳いだ!と自慢してました。

ランチの後にクラブルームに寄ったら、先に帰ったジョーは夏休みの宿題をせっせとやっていたのには笑った。遊びすぎて、ためてしまったようです。
e0171821_20173480.jpg
午後はTeam Japanの練習。
そろそろメンバーも固まって来たようで、今日もハードな練習に出て行きました。
今年も頑張って欲しい。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-18 20:38 | アウトリガー | Comments(0)