人気ブログランキング |

<   2014年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大学選手権、慶應vs中央

e0171821_20181553.jpg
昨日から大学選手権の2ndステージが始まりました。
対抗戦4位の慶應は、グループBでリーグ戦優勝の流経大、5位の中央、関西2位の京産大との3週連続の対戦。中央は優勝した流経大にロスタイムで逆転されるまで苦しめた相手。
しっかりとしたラグビーをするチームで、決して侮れません。

前半の前半は慶應の時間帯、まずは1トライを取った後も攻め続けましたが、堅いディフェンスに阻まれて得点を伸ばせない。すると、中央に流れが傾き、得意のモール攻撃で2トライを奪われ逆転されることに…。
前半の終了間際に、プロップ1番の青木君がライン参加して、そこからステップで相手をかわしてトライ!相手も「まさか?」とは思ったでしょうが、FW最前列の選手とは思えぬステップでした。この同点に追いついたトライが大きかったですね。
e0171821_20182095.jpg
後半は、フィットネスに勝る慶應が徐々に突き放しはじめ、相手のモール攻撃も対策が取られていました。青木君が後半にも走力を見せつけて前進するなど、後半は完全に慶應のペース。矢川君のドロップゴールも良い場面で出ました。
そんな風に得点を積み重ねて、最後は34−14と20点差をつけての勝利。
MOM(Man Of the Match)には、もちろん青木君が選ばれました。

来週は、京産大が相手ですね。
by dairoku126 | 2014-12-15 20:34 | スポーツ | Comments(0)

「野蛮な読書」平松洋子

e0171821_15423873.jpg人の家を訪れた時に、本棚にどんな本が並んでいるかを見るのが好きでしたけど、この人の本棚はどうなってるんだろう?
いやぁ、参りました。
平松洋子という人は、フードジャーナリストとして面白い本を書く人だ!と決めつけていた私が浅はかでした。
読んでいて知ったのですが、朝日新聞で書評欄を受け持っているとか。この人の読書量と守備範囲の広さには「敬服」しました。
しかも、読みの「深さ」が凄い!
まぁ、料理を食べて「味」を人に伝える語彙の豊かさも含めた表現力が優れているということは、それだけ「感受性」と「知性」のバランスが良いのでしょう。
ちゃんとした書評は、こちらをお読みください。

それにしても、凄まじいほどの読書量(しかも、内容をちゃんと覚えている!)ですが、取材旅行も含めた時間の使い方が上手いのでしょうね。飛び回るようにあちこちの店を取材して、それを書き下ろして行くのだけでも大変そうな忙しさの中で、よくこれだけの本を読む時間を作り出せるものだ。
以前に書いた「名著講義」藤原正彦とは趣の変わった読書の指南本とも言えなくもないけど、個人的な趣味趣向が大きく反映されている分だけ読者の受け止め方も違うでしょうが…。
読みながら「今度、この本を読んでみよう!」と思う本も幾つかありました。
いわゆる「名著」ばかりが集められている訳でもないし、写真集や詩集も含まれている。
あちこち食い散らかすように、さまざまなジャンルの本を並べているから「野蛮」というタイトルをつけたのでしょうが、どうしてどうして。
ところどころに散見される「本は本を呼んでくる」…という言葉には、大いに肯きました。
この知的好奇心が、読み応えのある料理エッセイ集を織りなすチカラなんでしょうね。
by dairoku126 | 2014-12-12 16:41 | | Comments(0)

今年も、めじろ亭開店です。

e0171821_13191818.jpg
数日前から、メジロが金マサキの間をチョロチョロし出したので、開店しました。
それにしても12月の初めまではまったく来ないのに、寒くなると来出すのはどういう訳なんでしょう?行動範囲が寒くなると広がるの?
そのメジロを見て、ヒヨドリまで来てしまうのは困りもんですが…。
e0171821_13192688.jpg
熟しすぎた柿を置いておいたら、見向きもしないメジロも居るんですね。
ミカンなど柑橘系は必ず食べるけど、柿に関しては個体差があるようです。
好き嫌いがメジロにもあるのでしょうか?

でも、可愛らしくチョコチョコとやって来て、ツンツンするように食べているのを見ているのは心和む風景です。
by dairoku126 | 2014-12-10 13:26 | 生活雑感 | Comments(0)

今日は、父の命日です。

e0171821_16215546.jpg
真珠湾攻撃の記念日ですが、同時に父の命日でもあります。
ということで、兄弟姉で墓参りに行って来ました。
いや、多摩霊園は遠い!
まぁ、どれだけスムースに走っても2時間近くはかかります。

今日は、昨日までの寒気も薄れて、温かい陽射しに恵まれていたのが良かった。
父が亡くなった16年前は、ホントに寒かったのを想い出します。
50歳直前だったのですから、月日の過ぎ去る速さに驚かされるばかりです。
by dairoku126 | 2014-12-08 16:30 | 生活雑感 | Comments(0)

90回目の早明戦。

e0171821_15372637.jpg
国立競技場の取り壊しで、42年ぶりに秩父宮で開催される早明定期戦。
大学選手権などを含めると90回目の対戦だとのこと。

前半開始早々から明治が固いディフェンスから"タテ"突破を図り早稲田陣に攻め込んでPGを決め、その直後にもCTBが素晴らしいタテ突破から相手ディフェンスをチョン蹴りでかわし、そのまま押さえ込んでトライ!
それに反して、早稲田は久しぶりに復帰した日本代表・藤田君が無理な突破を図ろうとしてボールを奪われたり、全体にぎこちないプレーが多くて「今年の早明戦は、いつもと違うな」という印象でしたが…。とにかく攻守に明治が圧倒して、早稲田が必死に耐えるという時間帯。
たまに早稲田がボールを持って攻めても、明治が「らしからぬ」好守で阻むという展開。

ところが、早稲田がPGで3点を返した直後のキックオフで明治の田村君がミス。
ここら辺から徐々に流れが変わっていきました。
1年生スタンドオフ・横山君の起用で12番のインサイド・センターに入った小倉君が角度をつけて、相手ディフェンスのギャップを切り裂き始めると、ここからは「いつもの」早明戦の展開になってきました。
ぎこちなかった動きも解消されて、ブレークダウンでの集散も早稲田の方が人数が多い!
また、劣勢とされていたFW戦でも明治の重圧に良く耐えて、互角に渡り合えたのが大きかったですね。となると、大きな展開力を誇る早稲田の攻撃に明治の守備が追いついて行かない。
前半の後半に早稲田に逆転され、8点差をつけられてしまいました。
e0171821_15373370.jpg
後半も立ち上がりに明治が攻め込んだものの、得点できなかったのが最後まで響きました。
あそこで差を縮めておけば、もう少し展開が変わっただろうに…。真綿で首を絞めるように、早稲田の得点が積み重なって、後半の前半で勝負が見えて来てしまった。
負けた明治は大学選手権でいちばんシンドイ組に入ることになってしまいました。

さて、大学選手権で帝京に立ち向かうチームはどこになるんでしょうね?
by dairoku126 | 2014-12-08 16:04 | スポーツ | Comments(0)

今日は、寒かった!

e0171821_13435726.jpg
昨日の練習は、あまりの寒さ予報にパスしちゃいましたが、今日の朝も寒かった。
富士山も、この1週間で雪が随分と下まで降りてきましたね。
それでも、ビーチの方は並があるので、結構混んでました。週末だしね。
e0171821_1344552.jpg
さて、今日の練習は東浜での陸トレに続き、稲村方面に5分×3本、その後追い抜き(最後尾からパワーをかけて一番先頭まで走る)を4本。
そして、帰りは江の島まで一気に…というメニュー。
前半の追い抜きまでは、ぶっちぎりで良く走っていたのですが、そこで全員パワーを使ってしまったのか、帰りの江の島までの重かったこと。ダウンウィンドだったのに…。
前半と後半で、まったく別のカヌーのようになってしまった。
明日は、筋肉痛なんだろうな。
by dairoku126 | 2014-12-07 13:52 | アウトリガー | Comments(0)

紅葉狩り@熱海

e0171821_14522217.jpg
紅葉の見納めとばかりに、熱海の梅園に行って来ました。
梅園で紅葉というのもヘンですが、梅以外に紅葉する木が多く植わっているようで見事なグラデーションが楽しめました。
e0171821_14541058.jpg
お天気も良く、風もやっと収まったようで行楽日和。
つい先日にTVで紹介されたばかりなので、駐車場も満車寸前でした。
まぁ、ウチから1時間ほどクルマを飛ばせば着いてしまし、空気が澄んで相模湾の景色も一段とキレイ!ドライブには最高の日でした。
e0171821_14521670.jpg
入り口から徐々に坂を上っていくのですが、ちょうど庭園の真ん中を渓流が流れていて、せせらぎの音が気持ち良い。穏やかな日和に気持ちが晴れ晴れとしてきます。
山奥に居るようで、クルマで10分ほど下れば海だということを忘れそうな環境です。
e0171821_14522543.jpg
坂を上がって行くとドン尽きに滝が…。
これまた見事な景観で意表を突かれました。
e0171821_14523651.jpg
しかも、裏側に回り込むことが出来る「裏見の滝」。
水の量が多いと全面が滝の流れになるのでしょうが、これ位も風情があるような…。
e0171821_1452466.jpg
この梅園の中に作曲家・中山晋平が戦後を過ごした熱海の別荘が移築されてました。
とても、「昭和」な建物で小さい頃に遊びに行った親戚の家を想い出しました。
何気ない欄間や障子の枠などが凝っていて、職人仕事の「質」の高さを見る思い。
今どき、あんな障子の枠を作れと言ったら、どれほどの請求書が来ることか!

お昼をレストラン「スコット」で食べようと思ったら、これまたTVで紹介されたばかりなので開店10分後なのに長蛇の列。すでに中に入って食べている人は、いったい何時から並んだんでしょう?
他の店を検索したら、直ぐ近くに同じくらい歴史の長い洋食屋があったので、そちらに行ったら直ぐに入れました。こちらは地元の人がランチを食べに来るレストランのようで、注文を迷ったりする人はいない。地元の人がご贔屓にしているだけあって、大正解!の店でした。

帰りも西湘バイパスを降りたところで、ちょっと渋滞したくらい。楽しい紅葉狩りでした。
そろそろ、年末の大掃除のスケジュールを考えないと…。
by dairoku126 | 2014-12-05 15:23 | | Comments(0)

最後の、一輪。

e0171821_1348847.jpg
家の中で越冬中のプルメリアですが、最後の一輪が咲きました。
今年は、多くの花芽がついてホントに沢山の花を咲かせてくれた。
時ならぬ11月の台風接近に備えて家の中に避難したまま、例年より早く越冬に入ったプルメリアですが、家の中でも花を咲かせ続けて来ました。こんなことは、初めてじゃないかな?

すでに葉も落ち始めているというのに、花芽だけはしっかりと開花を待っていたようです。
薫りは盛夏に比べて強くはありませんが、それでもホンノリと漂う程度は出しています。
昨年は花が咲くのが遅く、しかも花の数も少なかったのに…。

さて、来年はどうなるのでしょう?
この花が終わったら、水遣りも控えて行こうっと…。
by dairoku126 | 2014-12-03 13:57 | 生活雑感 | Comments(0)

もう、師走!

e0171821_13282826.jpg
毎年、繰り返すようですがアッという間もなく1年が過ぎて行く。
カレンダーも残り1枚となりました。

本屋に行けば、師走の風景。高嶋易断の来年の暦が並んでいます。
立ち読みで来年の僕の方角をチェック。
1月の吉方は、南の方角。初詣は、6日過ぎに江島神社ですね。
ついでに8月、9月も調べておきました。KONAの方角が吉方です!やったぁ。
まぁ、それ以外の月は出かける時にネットででも調べます。

別に気学を信じて居るわけではないし、振り回されることもなかったのですが、家人の母親がこういうことを気にする人だったので…。
なので、良くいわれました。「あなたは知らないうちに良い方角に行っている」と。
海外出張にしても、仕事の関係である場所に否応なく行くことになるのですが、それが結果的に良い方角に行っていることが多かったらしい。
e0171821_13283712.jpg
もうひとつ、師走になると本屋さんの店頭は子供のプレゼント用の本がズラリと並ぶ。
クリスマスとお正月という子供にとっては、2大イベントが控えていますからね。
だから、この季節にはギフト用の包装も増えるし、包装したものを渡す窓口までカウンターに出来ていたりするんですよね。

大人にとっては気ぜわしくバタバタする時期だけど、子供にとっては楽しいことが目白押しの季節の到来です。まぁ、いまさら戻りたくはないですけどね。
by dairoku126 | 2014-12-02 13:48 | 季節 | Comments(0)