<   2014年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

早起きは…

e0171821_13505590.jpg
昨夜、晩酌で呑みすぎてしまったようで、5時頃にパキーンと目が覚めてしまいました。
ジタバタしても仕方がないので、散歩をすることに…。

昨夜の雨のせいか湿気が多く、蒸し蒸しした感じ。
朝日が昇り始めたところなのに、もう海には人が溢れている!
e0171821_1351477.jpg
8時から遊泳地域の規制がかかるのでサーファー達は、それまでが勝負。
お盆休みも重なっているのか、波のサイズに関係なく、とにかく人が多い!
それ以外は、犬の散歩の方々。
まぁ、この時間なら肉球がやけどすることもないので良いことです。
e0171821_13511451.jpg
海の家が密集した場所に行くと、ゴミが多いせいかカラスも多い。
バイト募集に応募してきた訳ではありません。
e0171821_13512261.jpg
しかも、ネットを破って海の家の中に侵入。
食べ残しのゴミやなにかをカウンターの上まで持って来て大宴会をしてました。
ここら辺は、割れた酒瓶なども通路に落ちていたりして、子供が足を怪我したらどうするの?
ちゃんと片付けておいて欲しいな。
e0171821_13513079.jpg
正規のライフセーバーではなく、どこかの大学のライフセービング・クラブの練習風景。
海に入る前の準備運動中でした。
e0171821_13513775.jpg
どうやら、ビーチバレーのリーグ戦も行われるらしく、テントやコートが設営されてました。

まぁ、こんな早い時間でも知り合いに会うわ、会うわ。
みんな、早起きなんですね。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-14 14:06 | 鵠沼 | Comments(0)

台風一過、豊作です。

e0171821_1143025.jpg
台風11号も温帯低気圧に変わったようですが、台風一過とはいえオンショアがビンビン吹いている。窓ガラスは、塩がこびりついて曇りガラスのようになっていました。
ということで、今朝いちばんのお仕事は家と植物への水かけ!
その時に、ブドウを見たら見事に色づいている。もう熟したかと、一粒食べてみたら昔の素朴な味がしました。甘すぎず、美味しい。
e0171821_11433659.jpg
裏のガレージの方も、水をかけに行ったら、こちらではムカゴが豊作。
放っておくと地面に落ちて、また増えてしまうので慌てて摘み取りました。
e0171821_11434284.jpg
まだまだ、風が強いのでプルメリアは家の中に避難したまま。
芳しい薫りが漂っています。

この風が止んだら、また家に水をかけてやらないと…。
「海のそばにお住まいで羨ましい」と良く言われるけど、こんな苦労をあるんですよ。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-11 11:53 | 季節 | Comments(0)

今日は、台風対策!

e0171821_20414642.jpg
昨日カヌークラブのBBSをチェックしたら、台風対策を行う旨のお達し。
通常練習は、波とダイロク・ポイントの人の多さで中止です。
それにしても、今日のダイロクは人が多かった。
なぜか「ダイロクさんですか?」と話しかけてくる人が数人。
記念写真も随分と撮られたような…。
e0171821_20415642.jpg
ハワイからラリーが来ているので「ハリカーンからタイフ−ンにようこそ」と言ったら笑ってた。奇しくもラリーからもらったシャツを着てきたメンバーが多く、ラリーも大喜び。
クラブの爆弾娘アツコ嬢いわく「オ・モ・テ・ナ・シ」。
ラリーの提案で、同じシャツを着たメンバーを岸壁に並べて記念撮影をしました。
不思議なことに、ちょうど6人。
僕は、1番シートですね(笑)ただ一人の男ですけど…。

台風対策は短時間で終わったのですが、その後ショッペちゃんも入っていたことだし、波乗りを見ている時間が長かった。雨が降りそうで、降らない一日でした。
明日は、風雨共に強くなりそうな気配。
台風の進路にあたる四国や中国地方の被害が少ないことを祈っています。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-09 21:00 | | Comments(0)

送別会

e0171821_16255810.jpg
昨夜は、昔の仕事仲間の送別会。
CMプロダクションのプロデューサーとして数々の名作を残したムトウ君が、長年の夢を実現するために退社するとのこと。
彼とは、ドコモやメナードなどの仕事でかなりの数のCMを一緒に作りました。
当時は新進気鋭の若手プロデューサーとして評価は高かったのですが、評判通りの仕事ぶり。
随分と無理を言わせてもらいましたが、きちんと応えてくれました。
e0171821_16255647.jpg
送別会といっても、CMプロダクションの面々が企画する会ですから、セットデザイナーが店の内装に手を入れて、昭和な雰囲気に…。この美術さんにも、随分と無理を言ったなぁ。
会場に入った途端に、なぜか私が乾杯の音頭を取ることに…。
一の子分だったサカキ君がフロアマネジャーとして盛り上げてくれました。
フリーのディレクター宇恵君をはじめ懐かしいスタッフの方々も多かったので話が弾んで、ついつい長居をしてしまいました。

新しい仕事、頑張ってください。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-09 15:28 | 友人 | Comments(0)

墓参り~深大寺~世田谷美術館

e0171821_17384336.jpg
今日は、「立秋」。
とはいえ、朝から炎帝が肌を焼くような陽射し。どこに秋があるんじゃ。

母の命日はホントは明日なのですが、明日は朝から病院に行かなくてはならないので一日早い墓参りに…。お盆休みの前に仕事を片付けようということなのか、道路が混んでいたので早めに家を出たつもりなのにあちこちで渋滞に捕まりました。
それでも無事に墓参りを済ませることができました。
e0171821_17385278.jpg
前から行こうと思っていた世田谷美術館で開催中の「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」に行く前に、道筋なので深大寺に寄ってみることに…。
なぜか、前を通ることは良くあったのに立ち寄ることがなかった場所です。

クルマを駐めてからお寺に向かうと、いきなり現れたのが鬼太郎茶屋
「ゲゲゲの女房」を見ていなかったので知らなかったのですが、この辺りは水木しげる氏の第2の故郷とか。グッズが沢山並んでいるのにビックリしました。
e0171821_1739074.jpg
そこを通り過ぎると、深大寺の山門。なかなかに趣のある門です。
山門をくぐって深大寺本堂にお詣り。
うちのカミさんは小学生の時に遠足か何かで来たことがあるらしい。本堂の横にあるムクロジの木を見て「子供の時には、もっと大きい木だったのに…」とポツリ!
水の豊かな境内は涼やかな気に満ちて、なんとなく暑さも和らいでいるような。
e0171821_1739949.jpg
深大寺といえば「蕎麦」。
家を早くに出たので食べることに…。
今年の新蕎麦が出ていたので、暑さ対策もこめて胡麻だれで。
しっかりとした美味しいお蕎麦でした。
e0171821_17391728.jpg
そして、世田谷美術館に…。
ここは駐車場が砧公園の緑陰にあるので、夏に行くのは最適です。
クルマを駐めておいても、木々に陽光が遮られてクルマの中がさほど暑くならない。

肝心の展覧会は、期待通りのものでした。
ジャポニスムの洗礼を受けたモネやロートレックの作品が並び、同時に基になった広重や北斎の版画を始め、刀の鍔など工芸品も並べられ、印象派の巨匠達がどのように影響を受けたかが分かりやすく展示されています。
e0171821_17392527.jpg
見終わって、ミュージアムショップで笑ったのが、これ!
「華麗なるジャポニスムカレー」というのは、どんな味がするんでしょうね?
買いませんでしたが…。

暑い中でしたが、楽しい一日でした。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-07 18:20 | | Comments(0)

昨夜の、代官山は…

e0171821_16234024.jpg
8月に入ると、日没が早くなるせいかレザールへの道も黄昏た感じが強くなります。
暦の上では、今日から「立秋」ですもんね。
e0171821_162318100.jpg
対バンド無しの我々だけでしたが、それでもLezardには常連が詰めかけてきます。
それも、我々の1st.セットの途中から3人居る!と思ったら、ちゃんとピアノとベースとドラムスというピアノ・トリオが揃うのですから偶然にしても出来すぎ。

今回はピアノのリョーコちゃんが他の仕事があるので、ドラムの花見さんが手配してくれた藤沢さんという女性に入っていただいたんですが、ボントロのボン太くんとも10年前くらいに演ったとか。常連のテッちゃんとも知り合いのようだし。ジャズの世界は狭いんですよね。
e0171821_1623321.jpg
2nd.セットのあたりからお客さんが増えて来たと思ったら、ジャズ評論家・小川隆夫さんの誕生日でした。久しぶりにすみれちゃんのボサも聴けたし…。それも、大徳君の伴奏で。
e0171821_16234923.jpg
楽しい気分で帰りましたが、鵠沼海岸の駅から歩き出した途端に「月が大きい!」と…。
そろそろスーパームーンですが、こんなに大きく見えるんだ。
この大潮と台風が重なるんですから、ちょっと心配ですね。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-07 16:45 | 音楽 | Comments(0)

台風の予想進路-アメリカ海軍の予報-

e0171821_13385814.jpg
今日も南南西の風が強く吹いています。
台風12号の方は温帯低気圧に変わりましたが、もっと凄い台風11号が日本列島に向かって北上中。沖縄から奄美群島の真上を通るような進路になっています。心配!
上の図が気象庁の進路予想。今朝9時の段階で8月9日までの予想進路が出ていますが…
e0171821_1339641.jpg
こちらの図はアメリカ海軍の進路予想図
予想では8月10日18時(Z)までとなっていますが、この時間表記はUTC (Universal Time Coordinates)=での表示。
協定世界時というのは、気象の分野ではグリニッジ標準時(Greenwich Meridian Time : GMT)と実用上はほぼ等しいものとして使って差し支えないと思います。
なお軍事の標準では「Z」という記号がGMT(UTC)からの時差0時間の意味に使われており、気象データでもUTCの代わりに「Z」という表記。

ということは、日本標準時は9時間をプラスする必要があるので、上記の8月10日18時というのは実際には+9時間で8月11日午前3時になります。

それにしても、気象庁と米軍とでは予想進路が微妙にズレている。
米軍の方は種子島の東側を通り、足摺岬あたりで上陸して四国から鳥取に抜け、日本海へというコースになっています。
このコースだと、高知はまた大変な雨と風になりそうですね。
勢力が衰えてくれると良いのですが…。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-06 14:09 | | Comments(0)

今日は、ボクゾーさんの命日!

e0171821_11414726.jpg
もう、15年も経ってしまったのですね。
15回目の命日は、オンショアがドン吹きの朝となりました。
あの日も暑い一日でしたが、台風が日本の南側を通って行ったのでオフショアが吹いていた。
早朝、ウェンディを連れて海に散歩に行ったら、鵠沼とも思えないほどカタチの良い波がブレークしていたのを覚えています。

どうしても、外せない仕事があったので止むなく会社に行ったのですが、途中で連絡が入り、帰ろうと思ったけど、仕事の引き継ぎをしようにも頼む相手がなかなか出勤してこない。
時間ばかりが過ぎて行き、引き継ぎ相手が出勤してきたのは11時頃。
なんと、あのカタチの良い波に乗っていて遅くなったとのこと。
ムカッとしながらも、引き継ぎを終わり、数日間休むことを言い含めて会社を出ました。

思えば、あの日の彼の年齢をこちらがとっくに超えてしまっています。
歳月の経つのは、ホントに早いものです。
今日は、代官山なのでボクゾーさんと一緒に演った曲を演奏します。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-06 11:57 | 友人 | Comments(0)

iPhoneの小技20選

e0171821_11105361.jpg
Facebookを見ていると、時々役に立ちそうな情報があります。
この「iPhone」の便利な小技20選--あなたはいくつ知っている?という記事は、僕が退職した会社の研究開発部門の現役S君がFacebookにリンクを貼って置いてくれたもの。
まぁ、自分にとって必要でないようなものも含まれてはいますが、知っておいて損はない。
それ以前に、すべての機能を使いこなしているか?ということも疑問なんですが…(笑)

書体がボールド、イタリックに変えられるのも知らなかったし、カメラのピントはタップすることまでは知ってたけど長押しで構図を変えても固定になるのは知らなかった。
ましてや、この水準器が隠れていたのにはビックリでした。
マニュアルに書いてあるのかしら?
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-05 11:30 | 生活雑感 | Comments(0)

「沙高樓綺談」浅田次郎

e0171821_1445521.jpg浅田次郎の短編が面白く、立て続けに読んでいるんですが、この「沙高樓綺談」と続編「草原からの使者ー沙高樓綺談ー」はホントに面白かった。

「お話になられる方は、誇張や飾りを申されますな、お聞きになった方は、夢にも他言なさいますな。あるべきようを語り、巌のように胸に蔵うことが、この会合の掟なのです----」。
青山墓地を見下ろす高層ビルの最上階に大きな庭園を併せ持つ。招待客以外は入ることを許されない倶楽部「沙高樓」。
美輪明宏を連想させる女装のオーナーの呼びかけで、その倶楽部に集う功成り名遂げた人達が一時の退屈を紛らわすために指名された話し手の語る綺談に耳を傾ける。
まぁ、現代の「百物語」といえば分かりやすいかもしれませんね。

e0171821_1592330.jpg冒頭を飾る「小鍛治」では、足利家代々から刀剣の鑑定を司る徳阿弥家の当代に持ち込まれた、あまりにも精緻な贋物の物語。
この話で一気に引き込まれました。

この話に続いて「糸電話」、「立花新兵衛只今罷越候」、「百年の庭」、「雨の世の刺客」までの5篇が「沙高樓綺談」に…。
僕は「小鍛治」とサキの短編を思わせる「百年の庭」が中でも秀逸だと思います。
そして続編「草原からの使者」の方には、大物政治家の私設秘書が語る総裁選の秘話「宰相の器」、ロンドンの超高級カジノで父祖代々のすべての財産を失う大財閥宗家の御曹司の語る「終身名誉会員」、大馬主が体験した運命の勝負「草原からの使者」、アメリカ人退役軍人が語る「星条旗よ永遠なれ」の4篇。
こちらでは、「終身名誉会員」と「星条旗よ永遠なれ」が個人的には好きですね。

あとがきは「沙高樓…」の方が百田尚樹、「草原から…」の方が、有川浩。
これを読み比べるのも面白い。
百田尚樹の浅田次郎の歓心を買おうとする卑屈な上目遣いが気色悪い。
まさに「権威に揉み手でにじり寄っていく」姿を恥ずかし気も無く晒しています。
「あとがき」がそれまでの本編の楽しさをすべて打ち消してイヤ〜な気分にさせられました。

それに比べると、断然、有川浩の方が良い!
本編の楽しさを、さらに増幅してくれるし、なによりも「あとがき」を読んでいて楽しい気分にさせてくれます。人柄なんでしょうかね?
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-03 15:53 | | Comments(0)