人気ブログランキング |

カテゴリ:波乗り( 100 )

2年ぶりの、ダイロクポイント!

e0171821_14523392.jpg
朝、庭に水を撒いていたらアキラ君から電話。
江ノ島の駐車場からダイロクポイントへのアクセスを尋ねてきた。
波があるのか訊いたら、ちゃんとブレークしてるとのこと。
僕も急いで支度して、チャリで向かいました。

ちょうど、彼らもゲッティングするところだったので、一緒に沖へ。
e0171821_14522693.jpg
入った途端に、良い波が来たのでテイクオフしたら、気持ち良く逃げられる綺麗な波でした。
すっかり気を良くして、波を選んでは乗ってしまった。
人数も平日のせいか、少なかったし…。

そのうち、潮が上げてきて波数も減り、波も厚くなってきた。
充分すぎるほど乗ったので、先に上がって飲み物を買いに行きました。
日陰で彼らの波乗りを見ながら、しばし休憩。
体力を回復しないと、帰りのチャリがシンドイからね。
e0171821_14523844.jpg
そのうち、彼らも上がってきたので記念撮影。
アキラ君は冬季オリンピック4回出場のアルペン・スキー選手。
W杯では表彰台にも上がった逸材です。
波乗りを始めて間もないけど、さすがに滑らせることは上手い!
また、一緒に入ろうね。

by dairoku126 | 2019-08-09 15:01 | 波乗り | Comments(0)

クソ波で、波乗り!

e0171821_15225163.jpg
あまりの暑さに、海に入ろうとボードを持って行ってきました。
まぁ、こんなクソ波にこれだけの人が入って居るのか!とビックリもしました。
南寄りのオンショアが吹き続けているので、海も濁っている。
それでも、カラダはヒンヤリとして気持ち良かった。
e0171821_15225601.jpg
老犬を散歩させている人が居たけど、海際はともかく海に来るまでのアスファルトの道は熱の塊。それともクルマで来たのかしら?
もうちょっと、散歩の時間を考えようよ。

でも、波打ち際の砂の冷たさは犬にとって気持ちが良かったようで、大あくびをして気持ち良さそうでした。


by dairoku126 | 2019-07-31 15:29 | 波乗り | Comments(0)

暑さに、たまらず…。

e0171821_10290839.jpg
海に入ってきました。
もう少し波があるかと、思ったけど潮回りが悪かった。
サーフボードに付いたホコリを海水で洗いに行ったようなもの(笑)
e0171821_10291595.jpg
それでも、朝の8時過ぎにはこんな感じ。
もう少し早い時間だと、もっと混んでいるのだろうけど。
まとまったセットが入ってくるのは、ほぼ20分おき。
それ以外は、風波を捕まえる感じでした。
e0171821_10291967.jpg
1時間半くらいで上がりましたけど、その時間になると人が増えてくる。
女性が多いのは、家事を済ませてからなんでしょうね、おそらく。
日焼けしないように、完全武装の女性も多い。

カラダは動かせたので、それだけは良かったかな。
どんな波でも、乗れば楽しいしね。

by dairoku126 | 2018-07-19 10:37 | 波乗り | Comments(0)

Vive Le Surf!!

e0171821_10381102.jpg
フランスのサーフウェアとして有名なHoalen
以前は日本ではSPORTIFFが独占契約だったので、娘がロンドンに居たときに頼んでもらったことがあるけど(なんせ、値段が倍以上だったから)。
このHoalenのメールを見ていたら、こんな写真が…。
おそらく1980年代の第2次サーフィンブームの頃の湘南の写真でしょうが、よくぞ見つけてきたもんだ。この頃の海の混雑ぶりを想い出しますね。
とにかく海に入るのが怖いくらい殺気立っていた。
友達のプロがテイクオフしてターンしたら「曲げるんじゃねぇ」と怒鳴られたとか(笑)
今となっては笑い話ですけど…・

こんなクレージーな状況の写真に付けられたコピーが…
e0171821_10351234.jpg
こんな皮肉なコピーとは(笑)
しかも、Surf is Dead、に続くのがVive le Surf!!(波乗り万歳!!)とは。
e0171821_10532740.png
こんなTシャツを発売したらしい。
それにしても、カリフォルニアに「SURF IS DEAD」というブランドがあるんだけど商標に引っかからないのかな?それとも、単純に普通の言葉として切り抜けられるとみたか?

このカリフォルニアの方のは、日本でもユナイテッドアローズなどで販売しているようですけどね。

by dairoku126 | 2018-04-09 11:07 | 波乗り | Comments(0)

合掌!ブルース・ブラウン氏

e0171821_10070328.jpg
サーフィン映画界の巨匠、ブルース・ブラウン氏が逝去されたとのこと。
死因は老衰とのこと。80歳でした。

僕が波乗りを始めた頃には、厚木基地に居たハワイアン・Mr.Wong(僕の最初の波乗りの師匠)が鵠沼公民館でサーフィン映画を自主上映のカタチで開催していたので、彼の映画とは意識せずに見ていたのでしょう。
ハワイのサーフポイントの名前は、そんな映画から覚えたものです。
なんといっても、波乗りの情報なんてメディア的には洋書屋さんで売っていた”Surfer Magazine"をみんなで貪るように回し読みしていた時代ですから…。
そんな雑誌で得た情報の中に、波を求めて世界中を回る”The Endless Summer”という映画のことが出ていました。

そして、日本公開に先駆けて厚木基地で上映するとのニュース。
Mr.Wongと一緒に鵠沼プールガーデン前でレンタル・サーフボードをやっていた深谷さんが招待してくれるというので、勇んで厚木基地に乗り込みました。
たしか、1969年のことです。基地の中は、まったくのアメリカ。
当時の日本とアメリカの生活格差というのは、今の人には想像もつかないほどかけ離れていたからワクワクする以前に圧倒されました。
映画館のシートは広いし、ドル以外のお金は通用しない。
もちろんCokeは日本でも売っていたけど、カップで売っているサイズが半端ない!
映画が始まると、食いつくように見ていたのを想い出します。
e0171821_10070895.jpg
日本での公開は、1970年だったと思います。有楽町のスバル座でした。
後年、その劇場の上がまさか職場になるとは思いもせずに、見に行きました。
e0171821_10501551.jpg
これは、ブルース・ブラウンの映画”Barefoot Adventure"のサウンドトラック盤。
ちゃんと西海岸の一流レーベル、Pacific Jazz Recordsから出たんですね。
バド・シャンク、シェリー・マン、ボブ・クーパー、ゲーリー・ピーコックなど錚々たるメンバーで録音したもの。
このレコードは、村上春樹さんに波乗りを教えていた時に、彼からプレゼントされたもの。

サーフィン映画というサブカルチャー的な扱いをされてきた映画を、劇場公開できるレベルまで押し上げたブルース・ブラウンの功績は計り知れません。
合掌!



by dairoku126 | 2017-12-13 10:59 | 波乗り | Comments(0)

台風18号(TALIM)の残り波。

e0171821_11425970.jpg
昨日は、オンショアが強すぎて海に行くのも躊躇われましたが、昨夜の帰り道でオフショアに変わったのでボードをチャリに乗せて海へ…。
お天気もピーカン、風も弱いオフショア。条件として最高です。
e0171821_11430470.jpg
まだまだ、水温も高いし、気持ち良くパドルアウトして波を待ちます。
こちらのビーチは、駐車場がほとんど無いので基本ジモティしか居ません。
久しぶりに波乗り友達に会って話をしていたらジャカルタに単身赴任しているとか、良いタイミングで帰郷して居たようですね。

セットの波は基本ダンパーでしたが、それでも場所によっては切れた波が入ってくる。
何本か、切れた波をゲットすることが出来て気持ち良かった。
e0171821_11430600.jpg
帰り道、空を見上げると雲は秋に変わり始めている。
季節は知らないうちに変わりつつあるようです。

by dairoku126 | 2017-09-19 12:13 | 波乗り | Comments(0)

伊豆に、サーフトリップ。その3

e0171821_20571827.jpg
今日が、最終日。
昨日から南寄りのうねりが入り始め、風も北寄りに変わったので、潮の動きを考えて早めの出撃!この風だと昨日まで入っていたポイントは、もろにオンショア。
ということで、下田を超えて多々戸浜へ。
風の具合は良く、うねりも綺麗に入っていたのですが、波数に比べて人数が多かったので岬を隔てた隣のビーチへ。
e0171821_20572159.jpg
こちらは、ショートボードが数人だけ。
なので、彼らとは少し離れたピークにゲッティングしました。
サイズアップしたので、腰〜胸のカタチの良いうねりが入ってくる。
風はサイド気味ですが、贅沢は言ってられない。
気持ち良い波を捕まえることが出来ました。
そのうち、潮が引いて来てサイズがどんどん下がり始め、しかもダンパー気味になってきたので終了にしました。

今回の伊豆は、そこそこ良い波が掴めたのでラッキーだったんだろうな。
案内人の小林君に感謝です。

by dairoku126 | 2017-06-09 21:11 | 波乗り | Comments(0)

伊豆に、サーフトリップ。その2

e0171821_17593908.jpg
昨日より、サイズアップ。
うねりの方向も、南に変わりました。
ということで、潮回りを見ながら午後2時過ぎにゲッティング!
e0171821_17594595.jpg
サーフガイドも、喜んでおります。
その後、潮が上げすぎてピークが岸寄りに…。
今日も貸し切りでスタートしたのですが、途中から3人ほど入って来ました。
こちらもガンガン乗りまくる訳でもないので、シェアしながら楽しみました。

まだ、うねりが整ってない状態なので明日の朝に期待ですね。
もしかしたら、伊豆のレジェンドも参加するかも?

今日も、温泉に直行して疲れを溶け出させて来ました。

by dairoku126 | 2017-06-08 18:10 | 波乗り | Comments(0)

伊豆に、サーフトリップ!その1

e0171821_16054714.jpg
昨日から伊豆に波乗りに来ています。
初日は、白浜から多々戸までチェックしたものの、スモールコンディション。
e0171821_16090929.jpg
白浜のサーフショップでいろいろと情報収集。
e0171821_16091447.jpg
伊豆のレジェンドのファクトリーにお邪魔して、30年ぶりの再会。
お互いにジジイになったことを確認しました。
納品を急ぐオーダーが入っているようなので、金曜日に一緒に海に入ろうね…と約束して分かれました。
e0171821_16064718.jpg
夕食は、いず松蔭でお約束の金目の煮付けと…
e0171821_16065173.jpg
刺身の数々と…
e0171821_16065502.jpg
蟹の味噌汁。美味かった!
もちろん、その前に温泉でホッコリしました。
e0171821_16063249.jpg
2日目は、朝早くから小鳥が騒ぐので7時前に起きました。
あちこちチェックして、白浜のプリンスホテル前に入ることに…。
スモールサイズでしたが、2人で貸し切り。2時間ほど楽しめました。
e0171821_16063633.jpg
時々、驟雨が襲ってくる中でしたが久しぶりの波乗りを堪能しました。
明日は、どうかな?


by dairoku126 | 2017-06-07 16:26 | 波乗り | Comments(0)

Fifty years ago!

e0171821_09141173.jpg
昨日で68歳になったのですが、つらつらと想い出すと50年前の今頃は大学受験を目前に控え、風邪を引かないようにだけ気を遣っていたことを想い出しました。
無事に受験も終わり、3月には晴れて波乗りも解禁。
鵠沼サーフクラブの面々と意気揚々と千葉に波乗りに行きました。
当時は、まだ道路が整備されて無くて金谷から鴨川までは山の中の砂利道。
これは、鴨川から勝浦へと向かう道ですね。
e0171821_09141554.jpg
幸いにも波に当たり、さぁ波乗りだ!とボードを下ろしたら、キャリアに食い込んでクラックが入って居たときのしけた顔(笑)
ワックスで蓋をするように塗り込んで、平気で海に入りはしましたが…。
ボードを調べてくれているのは、West Coastブランドを立ち上げた鈴木三平さん。
e0171821_09142031.jpg
鴨川も、今のようにサーフタウンとして隆盛を誇る以前のひなびた漁師町。
この頃は、まだテトラが入る前ですから岸壁沿いに良い波が入って居ました。
昨年、久しぶりに行った時に様子があまりにも変わっていたので驚いたほど。
海から上がって行った銭湯がやけに熱かったので、水を出して音頭を下げようとしたら「うめるんじゃねぇ!」と背中に入れ墨をビッシリと入れたコワイお兄さんに怒られてビビったのも良い想い出です。

こうしてみると、50年なんてアッという間に過ぎてしまうんですね。




by dairoku126 | 2017-01-27 09:33 | 波乗り | Comments(0)