カテゴリ:音楽( 429 )

TONY BENNETT & DIANA KRALL"LOVE IS HERE TO STAY"

e0171821_13414187.jpg
トニー・ベネットとダイアナ・クラールのDuoアルバムが出るというので予約しておきました。すべてジョージ・ガーシュインの名曲ばかりで構成されているというのも、良いですよね。

届いたのを聴くと、トニー・ベネットが91歳とはとても思えない。
もちろん、往年の声の艶とか張りはさすがに望むべくもないのですが、歌の上手さは全然衰えていない。
しっかりと歌詞を慈しむように丁寧に歌っています。
言葉を噛みしめるような歌い方に年輪が顕れている。

それに合わせるように、ダイアナ・クラールもストレートな表現を心がけているのがアルバムを通して”温かさ”を醸し出す要因なのかも。ビル・チャーラップのピアノ・トリオだけというバックのシンプルさも歌を際立たせています。
すでに92歳を迎えたトニー・ベネット、いったい何歳まで歌い続けてくれるのでしょう。

You Tubeに何曲かありましたが、タイトル・チューンを…
この動画で分かるように、91歳という年齢が嘘のような健在ぶり。
  



[PR]
by dairoku126 | 2018-09-19 14:07 | 音楽 | Comments(0)

昨夜は、人が少ないはずだったのに…。

e0171821_09084913.jpg
昨夜は、18時半からの予定がママが遅刻して7時過ぎから…。
我々のバンドだけのはずが、いつの間にか吉森さんのセッションと重なっていた。
まぁ、仕方がないか!

とはいえ、1st.&2nd.セットとも結構タップリと演ってしまいました(笑)。
e0171821_09085317.jpg
人が少ないといけないと思い、オサム君を呼んだらOceanカヌークラブの美女・アユちゃんと共に登場。彼女も、日本航海協会のメンバーだったとは知らなかった。
なんだかんだとカヌー話に花が咲きました。
e0171821_09085697.jpg
ということで、オサム君が撮ってくれたバンドの写真。

鵠沼海岸の駅を降りたら、雨が降った跡が…。
すっかり秋の気配が漂う夜の道でした。


[PR]
by dairoku126 | 2018-09-16 09:20 | 音楽 | Comments(0)

昨日は、タップリと…。

e0171821_08332420.jpg
昨夜の代官山は、我々のバンドのみ。
おかげで1st.セットは8曲も演ってしまった。

ドラムスには、早稲田ダンモ研出身の宇都宮君が来てくれました。
宇都宮君と一緒に演るのは、何年ぶりだろう?
赤坂の放送局の現役ながら、年に60回くらいはライブをやっているとのこと。

相変わらず、刺激的なドラムスで煽ってくれました。
e0171821_08332899.jpg
なぜか、常連組も登場しない。
タップリと最初のセットを1時間半くらい演った後は、飲み&喋りタイムです。
こんなガランとしたレザールも久しぶりです。
e0171821_08333108.jpg
と、思ったらトモン先輩がフラッと現れました。
軽井沢に行っていたので、ぶり返した暑さがこたえる!とボヤくことしばし。
我々の2nd.セットの後に演奏してくれたのですが、僕はここでタイムアップ!
一緒にやりたかったなぁ。

なぜか、湿度が高いのに星が良く見える帰り道でした。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-23 08:43 | 音楽 | Comments(0)

昨夜は、アコーディオンが登場!

e0171821_08481584.jpg
最近は、レザールの入っているビルの入り口に、こんなサインが出るようになりました。
いつもは2バンドですが、昨夜は我々だけ。
まぁ、常連組が集まってくることは予想されますが…。

ということで、1st.セットは長目にやりました。
e0171821_08481925.jpg
誰かの友達でしょうか、ここで初めてアコーディオンが登場。
後ろ向きのヴォーカルの女性と一緒に、テっちゃんのピアノ、エディのベースで…。
ジャズでアコーディオンといえば、アート・ヴァン・ダムくらいかな?
僕が知っているのは…。
The Singers Unlimitedというグループと共演した”Invitation"というレコードは名盤です。
e0171821_08482234.jpg
なぜか、ピアニストが沢山居たのでセッションが続きました。
てな訳で、2nd.セットは3曲くらい。

傘を持っていったのに、雨が降り出したのは渋谷駅に着いた時。
東海道線の信号機故障で戸塚から先は、一駅ごとに電車が溜まっている状態。
ホームの両側に居る電車のどちらが先に出るかで乗客達は戦々恐々でした。
藤沢駅では小田急も遅れていた。

涼しい雨の中を帰りました。

[PR]
by dairoku126 | 2018-08-07 09:13 | 音楽 | Comments(0)

昨夜は、Non Standardsを聴きに…。

e0171821_09134527.jpg
昨夜は我々のバンドのピアニスト、チャン・リー・ホが学生時代の仲間とやっている”Non Standards”というバンドを聴きに、表参道Jazz Birdへ。
リーダーのテナーサックスと慶應ジャズ研で一緒だったとか。
完成度の高い素晴らしいバンドでした。

フロントがテナー、トランペット、ギターの3人ですが、フルバンドのようにしっかりとアレンジされた譜面で構成している。
e0171821_09134933.jpg
”Non Standards”というバンド名は、通常セッションでやるようなスタンダード曲はやらない…という決意の表れだとか。
あまり演奏されないジャズの名曲を取り上げて、きっちりと作り込んで居ました。
チャン・リー・ホに訊いたら、リハーサルだけで3回も演ったとか。
いつもより、はるかに真剣な顔でピアノを弾いていたのがおかしかった。
e0171821_09135202.jpg
それぞれがセミ・プロ並みの技量を持っていますが、このギターの人は上手かった!
チャン・リー・ホとは会社が一緒だとか。ということは、D通さん?
ギターとサックスとの組み合わせなど、とても勉強になりました。

2ndセットまで聴いてから帰りましたが、表参道の方が鵠沼よりも涼しかった。

[PR]
by dairoku126 | 2018-07-31 09:28 | 音楽 | Comments(0)

昨日は、早番!

e0171821_08565650.jpg
昨日は、かつてSONYレコードに居た渡辺康蔵くんたちが久しぶりにバンドを組んで演るということなので、その前座のように早番でやらせて貰いました。
彼らが演った後にはセッションになったので、この写真はその時のもの。
e0171821_08573344.jpg
セッションがあるなんて思っても居なかったので、聴きに徹するというか楽しんじゃおうという感じで飲み始めてしまった(笑)
昨日のピアノは早稲田ダンモ研でジーキマと一緒だった良子ちゃん。
聖路加教会のオルガニストでもあります。
e0171821_08574229.jpg
渡辺康蔵くんたちのバンドは、しっかりと譜面を作っている。
ベースは、笹やん。以前にはレザールのハウス・ベーシストのように会っていたけど、最近はあまり顔出ししなくなったので久しぶり。
e0171821_08575771.jpg
相変わらず豪華なフルーツ。今年初めて梨と柿を食べました。
まさか、この後にセッションがあるとは…。
e0171821_08581067.jpg
セッションが始まりました。ベースは河上修さん。
ナベサダさんや名だたるバンドに居ただけ会って、とても刺激を受けました。
e0171821_08582225.jpg
このピアノの方も、名前を聞き忘れましたがバリバリのプロ!
河上さんとのトリオは、素晴らしく聴き応えのあるものでした。
なんか、もの凄く得した気分になる夜になりました。
e0171821_08581917.jpg
いつもより、早めに帰途につきましたが、セッションはまだまだ続いて居た。

久しぶりに長ズボンを履いたのですが、涼しい日で良かった!



[PR]
by dairoku126 | 2018-07-27 09:14 | 音楽 | Comments(0)

やっぱり、東京は暑い!

e0171821_10110610.jpg
7月最初の代官山レザール。
さすがに短パンというわけには行かず、長ズボンを久しぶりにはきました。
やはり、暑かった(笑)

さて、昨夜は突然にハナちゃんが来店して、セッションの合間に2曲ほど”成城の歌姫”ヨーコちゃんの歌を聴くことが出来ました。
ハナちゃんは相変わらず、良く歌うギターを弾いていた!
e0171821_10101660.jpg
我々のバンドは、ピアノのトラを頼んでいたのですが、予定が押したとかでスタート時に居なかったので急遽遊びに来ていたヨシモリさんにお願いすることに…。
普段はセッション・リーダーをやっている方なので、急なお願いにも快諾していただき事なきを得ました。とても刺激的なバッキングで、勉強になりました。
e0171821_10120532.jpg
セッションの合間に外にタバコを吸いに出たら、スライディング・シスターズのボントロ・ケースが階段に…。オシャレなケースですよね。
最近は、スライディング・シスターズとの組み合わせが多いなぁ。
e0171821_10102473.jpg
良い感じにキッチリとアレンジされたジャズを聴くのも、楽しいものです。
我々も2ステージを楽しく演奏して、終了!

帰り道は、錦織の試合の進捗状況をチェックしながら…。
このところ、遅延やダイヤの乱れが気になる湘南新宿ラインですが、昨夜はダイヤ通りに動いてました。
鵠沼海岸の駅を降りると、涼しい風が…。
それにしても、暑い一日でした。




[PR]
by dairoku126 | 2018-07-10 10:33 | 音楽 | Comments(0)

梅雨の晴れ間に、代官山へ。

e0171821_09544905.jpg
昨日は、朝からお日様が顔を出して、しかも北風。
日射しがあって、空気が乾いて気持ちの良い日でした。

ひと頃、代官山といえば”雨”ということもありましたが、”晴れ男”の面目躍如という感じで嬉しい。
e0171821_09545647.jpg
まだまだ、日没が遅くなっているので、いつもの道もまだ明るい。
7時半に最初のセットを始めることが出来ました。
対バンドは、カズコ女史の仲間達。
集まりが遅かったので、最初のセットは6曲も演ってしまった。
e0171821_09550346.jpg
7月のスケジュールを決めていたときに、カズコ女史の仲間が到着。
なんと、トランペットのケースには予備のトランペットの代わりに一升瓶。
綺麗にスッポリと収まって居ました。
e0171821_09550692.jpg
このトランペットの人は、実にハイノートが美しい。
カズコ女史のバンドは、キチンと譜面でアレンジがしてあるので曲としてまとまっているのが凄い!ホントは、我々もそうしなければいけないのでしょうが…。

そんな気持ちの良い音楽を聴きながら、演奏してない側はサッカー日本代表の試合が気になってiPhoneで試合経過を追ってました。
ロスタイムに入った頃には、みんなでハラハラドキドキ。
こんなのも楽しいよね。

なおかつ、iPhoneには東海道線及び湘南新宿ラインの遅延情報が…。
横須賀線で人身事故があったとか。
おかげで帰りは新宿ラインが来ず、品川回りになったのですが、こちらもダイヤが大幅に狂っている。家にたどり着いたのは、いつもより40分近く遅くなりました。

[PR]
by dairoku126 | 2018-06-20 10:14 | 音楽 | Comments(0)

昨夜も、対バンドは”スライディング・シスターズ!”

e0171821_09181463.jpg
我が家を出るときは、ピーカンだったのにバス乗り場で藤沢方面を見ると黒っぽい雲が…。
当初は、昨夜は我々のバンドだけの予定でしたがカズコ女史率いる”スライディング・シスターズ”が対バンドに入っていた。とはいえ、人数が揃うまで時間があったので我々の最初のセットは1時間近くタップリとやらせてもらいました。

さすがに疲れて休憩に入ったのですが、ベースのエディが遅れているとかでジーキマは休み無くプレイを継続。お疲れ様でした。
まったくタイプが違うバンドなのですが、楽しそうに演っていた。
ヨーコちゃんのヴォーカルも素敵でした。
e0171821_09181795.jpg
いつも、食べ物がふんだんにあるのですが、昨夜からフルーツの中に無花果が…。
季節ですね。

セカンド・セットも3曲ほどコビー君と…。
常連ばかりの楽しい夜、楽しく過ごさせてもらいました。


[PR]
by dairoku126 | 2018-06-13 09:36 | 音楽 | Comments(0)

今週2度目の、代官山。

e0171821_10222109.jpg
昨夜は、19時半からヨシモリさんが主催のセッションDay!
その前に演って!ということで、6時からのスタートに…。
課題曲も含めて8曲以上、1時間半たっぷりと演奏させてもらいました。
一気に演ると充実感もある代わりに”疲れた!”という感じになる。
しばらくはワインを飲みながら聴く方を楽しもうということでしたが、なぜかベースが居なかったのでジーキマはそのまま”Stay!”の状態に…。
e0171821_10222621.jpg
雨が降っていたせいか、いつもより集まるメンバーが少なくフロント陣はトランペット2本のみ。ピアニストは2曲で代わるほど居ましたが、ドラムスも我々のバンドを含めて2人。
ベースはジーキマ込みで3人。ヴォーカルも4人くらいだったのかな?
e0171821_10223024.jpg
ということで、しこたま呑んだあたりで私にも声が掛かりましたのでアルトのコビー君と一緒に”All The Things You Are"を…。
その前にたっぷりと演っていたので、結構調子良く出来ました。
e0171821_10223533.jpg
このピアニストは、最近あまり見かけない自己陶酔型の演奏。
リズムセクションがしっかりしないと破綻しそうでしたが、ベース、ドラム共にしっかりとリズムをキープして聴き応えのある演奏になっていた。

後半は、ワインを飲みながらの雑談の方が多かったけど、それはそれで楽しいもの。
強くなった雨の中を気分上々で帰りました。

[PR]
by dairoku126 | 2018-05-24 10:40 | 音楽 | Comments(0)