『桑港特急』山本一力

e0171821_08573112.jpg山本一力が書いた「西部劇小説」です。
書店で見かけて、ジャケ買いならぬ、題名買いで手にとってしまいました。暑さを忘れるには、良い本かもしれません。

AMAZONの紹介では…「江戸末期の文政年間、小笠原の父島に漂着した娘とアメリカ人の元捕鯨船乗りの間に生まれた兄弟、丈二と子音。彼らはアメリカの捕鯨船フンラクリン号の副長だった若き日本人ジョン・マンと出会ったことで、大航海への夢を募らせていく。

当時、海の向こうのアメリカ西部はゴールドラッシュに沸き、一攫千金を夢見る人々が殺到。シャンハイの大富豪チャンタオも事業拡大を狙ってサンフランシスコへ向かう。途中立ち寄った父島で、丈二と子音の兄弟を船に乗せ、たどり着いた新天地で作業着店を開業。そこにやって来たのが、妻を殺したサントス一味への復讐を誓うリバティー・ジョーだった。日米中を股に掛けた、男たちの死闘必至の大作戦が始まった――。」

まぁ、エンタテインメントとして読めばハラハラドキドキの連続で、「止められない止まらない♪」という感じで620ページもの大部を感じさせずに1日半で読み切ってしまいました。

娯楽小説の典型のように、ストーリーが都合良く進んで行くので、読んでいてストレスは感じません。山本一力は『ジョン・マン』を書くに当たってカリフォルニア時代のことを調べていて、思いついたんでしょうね。きっと!

読み続けてきた『ジョン・マン』の方が西部に旅立つところで執筆中止になっているのが、恨めしいけど。

テーマとしては、見込んだ相手を受け入れ、全面的に信頼するというバディ(相棒)の大切さなのでしょう。船乗りとして、カウボーイとして、過酷な状況を生き抜いていく中で育まれる「バディ(相棒)」というコンセプトが前面に出た小説となっています。

ただ、読み終えた後に、誰が主人公なのかが良く分からない。続編があるのか?



[PR]
# by dairoku126 | 2018-07-20 09:34 | | Comments(0)

暑さに、たまらず…。

e0171821_10290839.jpg
海に入ってきました。
もう少し波があるかと、思ったけど潮回りが悪かった。
サーフボードに付いたホコリを海水で洗いに行ったようなもの(笑)
e0171821_10291595.jpg
それでも、朝の8時過ぎにはこんな感じ。
もう少し早い時間だと、もっと混んでいるのだろうけど。
まとまったセットが入ってくるのは、ほぼ20分おき。
それ以外は、風波を捕まえる感じでした。
e0171821_10291967.jpg
1時間半くらいで上がりましたけど、その時間になると人が増えてくる。
女性が多いのは、家事を済ませてからなんでしょうね、おそらく。
日焼けしないように、完全武装の女性も多い。

カラダは動かせたので、それだけは良かったかな。
どんな波でも、乗れば楽しいしね。

[PR]
# by dairoku126 | 2018-07-19 10:37 | 波乗り | Comments(0)

海水温異常!

e0171821_11312592.jpg
連日、暑いですね。
海に入っても、今年は高いような気がするので世界風速というサイトで海水温を見てみたら日本近海は真っ赤っか!
というか、赤道から南北にかけて海の温度が高いことが分かります。

この季節になると、夜には北に風が回るはずなのに夜中でも南風が吹き続けている。
陸と海の温度差で、昼夜で風向きが変わる…という原則がおかしくなっているのでしょうか?
猛暑が地上のコンクリートに蓄熱され、夜中でも地上の温度が下がらないから?

体温より高い温度が、日本で連日記録されているなんて信じられない。
温帯というより、いまや亜熱帯です。
”夕涼み”なんて言葉は、死語になりつつある。

我が家は海沿いにあって風が吹き抜けるので、エアコンを点ける必要は今のところないのですが、来年はどうなることやら…。

[PR]
# by dairoku126 | 2018-07-18 11:44 | 生活雑感 | Comments(0)

長い一日でした。

e0171821_11035021.jpg
今日もラリー・ファミリーとの練習。
ラリーの長女・シャノアが、海にハワイ流のお祈りを捧げてから練習開始です。
e0171821_11035416.jpg
人数が多いため、昨日コーチングを受けたメンバーは最初はビーチで待機。
それにしても、好天というか暑い!というか。
e0171821_11035716.jpg
ラリーのコーチングがスタート。
今日は藤本さんがボートを借りてきてくれたので、途中からそちらに乗って3艇の横を走りながらのアドバイス。
ここまでが、第一ラウンド。

続いてメンバーのJ.Jの会社の新人達9人が体験に来たので、そちらの手伝い。
各艇にメンバー3人と体験3人を乗せての1時間ほどのクルーズ。
これが、第2ラウンド。
e0171821_11041381.jpg
お昼を食べてから、僕は30分ほどお昼寝。
降りていくとBBQの準備が始まってました。
会場設営に僕たちも参加。
食材が並んだところに開いたビール缶があるのは、どうして?
e0171821_11042113.jpg
誰が”金麦”を飲んだのでしょうか?
e0171821_11042639.jpg
そうこうするうちに、有志メンバーによるサンセット・パドル。
まだ、日はそれほど傾いてませんでしたが楽しかった。
ここで、第3ラウンド!
e0171821_11043169.jpg
浜辺でカヌーを片付けていたら、2時間以上、ラリー達にコーチを受けていたTeam Japanが戻ってきました。
かなり、追い込む練習をしたようですが、なぜか笑顔が…。
それにしても、ラリーは朝から海に出ずっぱり。あの暑さの中で、大変なことです。
e0171821_11225114.jpg
カヌーの片付けをすべて終えて、シャワーを浴びてからBBQのスタートです、
e0171821_11225796.jpg
こんな感じでスタート。
それにしても、もの凄い量の食材。こんなに食べきれるのかな?
e0171821_11043977.jpg
野沢温泉の酒蔵が女性用に開発した純米酒。
少しだけ、味見をしましたが飲みやすいので”飲み過ぎ注意!”なお酒ですね。
e0171821_11044598.jpg
宴も盛り上がって来たところで、シャノアのフラレッスン。
フラを習っている女性も多いので、大いに盛り上がりました。
e0171821_11085738.jpg
ラリーも昔からの知り合いが多いので、滅茶苦茶にリラックスして楽しんでくれました。
好きな歌が大津美子の”ここに幸あり”だったとは、初めて訊きました。
この歌は、ハワイでは結構スタンダートナンバーになっていたことを想い出しました。
e0171821_11230199.jpg
子供たちのお楽しみは、西瓜割りと花火。
ユータ兄ちゃんが、子供たちの面倒を実に良く見てくれる。
e0171821_11045018.jpg
無事に終わり、会場の片付けをして解散!
あれ、ラリーが居ない…と思ったらさすがのハードワークにお酒が入ってクラブルームのソファで熟睡中。
KONAレースでの再会を約して、別れました。
朝7時過ぎに家を出て、帰ったのが夜10時半過ぎ。長い一日でした。

[PR]
# by dairoku126 | 2018-07-16 11:37 | アウトリガー | Comments(0)

ラリー・ファミリーが来日!

e0171821_15023327.jpg
ハワイからラリー・ファミリーが来日!
今日から3日間、ワイレアカヌークラブ・ジャパンでコーチングしてくれます。
e0171821_15023723.jpg
いまや恒例となった勧進帳のような巻紙に書いた挨拶を読み上げます。
e0171821_15024231.jpg
あまりの暑さに休みには海に飛び込みます。
僕も、この前に飛び込みました。
e0171821_15024690.jpg
いよいよ、ラリーのパドル・レッスン開始。
ひとりずつ個人レッスンをしてくれます。
e0171821_15025005.jpg
教え方が実にシンプルで”目から鱗”の人も多数。
この後、浜に戻るのに実に良く走った。
e0171821_15025591.jpg
カヌーを乗り換えて、次々にレッスンしていきます。
e0171821_15025821.jpg
それにしても、暑かった!
タイドプールでカラダを冷やしていたら、いつの間にか両手に花!

明日は、さらにメンバーが増えて交代でカヌーに乗ることになりそうです。

[PR]
# by dairoku126 | 2018-07-14 15:14 | アウトリガー | Comments(0)