人気ブログランキング |

昨夜は、大野雄二さんのトリオを聴きに鎌倉へ。

e0171821_09322627.jpg
会社の昔の仲間から電話がかかってきて、大野さんが鎌倉ダフネで演るので予約しておいた…とのこと。大野さんには、仕事で随分お世話になったので行かずばなるまい。
昔の仲間にも会いたいし…ということで、鎌倉のダフネに…。

代官山レザールとほぼ同じ規模の小さなライブハウスですが、良い席を取っておいてくれた。
昔の仲間は、ミキサーの岩ちゃんとおソメと旦那様(徳光和夫さんの弟です)。
みんな、それぞれが仕事で大野さんとは顔なじみ。おソメは、家も大野さんとご近所さん!
e0171821_09323875.jpg
演奏が始まると、喜寿を迎えたはずの大野さんですが演奏は若い!
ドラムの市原さんとは、ずーっと一緒に組んでいるので実に息が合う。

客層は、「ルパン三世」でファンになった人が多いせいか、結構若いのです。
長野から追っかけで来ている若い女性まで居ました。

アレンジが得意なだけあって、トリオなのに仕掛けが散りばめてあって、飽きさせません。
ベースは、その場で譜面を渡されていたけど、きちんと対応。さすがプロですね。
選曲も、結構凝っていて”Left Alone”なんてバラードは、数十年ぶりに聴いたかな。
それと、各ステージで「ルパン三世」の中で書いた曲が必ず入っている。
e0171821_09323262.jpg
そして、2ndステージの最後は「ルパン三世」のテーマをトリオ演奏で…。
自分のお客さんのことを、実に良く分かっている。

終了後、鎌倉駅まで一緒に仲間達と大野さんと話しながら帰りました。
僕だけ、江ノ電だったので駅前でお別れ。
親密な感じが満ちあふれた、良いステージでした。

by dairoku126 | 2019-03-18 09:51 | 音楽 | Comments(0)


<< ついに、花粉症デビューしてしまった。 映画『翔んで埼玉』 >>