スイスから、暖かい気持ちが…。

スイスのミュージシャン、パスカル・ケーザーさんが作曲した「未来の友達 / Mirai no tomodachi」。昨年の11月29日にYouTube上で公開されたら、大きな反響があったそうです。
詳しいことは、こちらに…。
要約すると…
『3月11日、ニュースやネット上で観た映像にショックを受けた。津波のイメージ、何もなくなった自宅跡を見つめる被災者の姿。それに原発事故が重なった。
「ただその被害の規模の大きさに圧倒された。何かしなくてはと思った」
個人的な感情も加わっている。「妻が日本人で地震の被災地神戸に1年住んだ経験もその衝撃を増幅させている」とケーザーさん。
ミュージシャンであると同時に中学の音楽の先生でもあるケーザーさんがそのとき思いついたのは、被災地の子どもの「心の支援」だった。
「みんなのことは決して忘れない。いつか会おう」という気持ちを歌にし、自分の生徒たちに歌ってもらうこと、しかも日本語でと決めた。
ビデオは幼友達で映像ディレクターのアルフォンソ・ゴルディオさんが引き受けてくれた。
ベルン州オスタームンディゲン(Ostermundigen)市のデニコフェン(Dennikofen)中学の生徒たちは、ケーザーさんの企画を聞くと多数が協力を申し出てくれた。彼らもニュースなどで深く衝撃を受けていたからだ。ただ歌詞を覚えるのは大変な作業だった。
結局、ソロは歌詞の覚えが早くかつ音楽性のある生徒だけを選ぶことになるが「コーラスの部分は25人も参加してくれた。みんな本当によくやってくれた」
ロケは、経費をかけ遠方まで生徒を連れ出すわけにいかない。ところがたまたま学校のすぐ裏が砂岩の発掘場だった。積み重なる岩や転がる岩に東日本の被災地のイメージを重ねた。実は、校長先生までこのプロジェクトを応援し、他校にも宣伝したという。』

"震災復興のためのメッセージソング"
全く日本語を知らないスイスに住む中学生たちが、日本語で歌います。
2011年3月11日に発生した東日本大震災についての報道は、テレビでも新聞でもほとんどなくなってしまいました。スイス・ベルン州オースタムンディゲン(Osterm­undigen)市のデニコフェン(Dennikofen)中学校の生徒たちが、「東日本大震災の被災者たちのことを、私たちは決して忘れないよ、いつかあなたに会いたい­。」というメッセージをこの歌で被災地の皆さんにお届けします。
Facebook, Twitter, Mixiやブログなどで是非シェアしてください。
よろしくお願いいたします。

   
[PR]
by dairoku126 | 2012-01-10 11:39 | 音楽 | Comments(0)


<< 昨夜は、壮行会。 ストリートビューを駆使して… >>