人気ブログランキング |

素晴らしいね。日本の「ものづくり」

e0171821_10474882.jpg今日は、2日続けて漕いだ疲れを取るために、カヌーはお休み。朝から、ネットであちこち見て回っていたら、こんな記事を見つけました。

『新幹線もジャンボジェットも大丈夫!
町工場で生まれた「ゆるまないネジ」』

世界に冠たる「ものづくり」の街、東大阪市にある「ハードロック工業」という中小企業のストーリーです。
スカイツリーから、新幹線、航空機など絶対にネジが緩んだりしてはいけない場所に使うネジを作っている会社です。最初は、「ハードロック」という名前の会社があることに興味を持ったのですが、まぁ当たり前の話でロックというのは音楽だけじゃない。
しかも、こちらのロックは、Lockの方。音は同じでも、Rockではありませんでした。

詳しい話は、記事を読んでいただくこととして、このネジがどれだけ凄いかというと…
「米国航空規格に規定されている「NAS3350・3354振動試験」という試験がある。ネジが振動に対してどれだけゆるまないでいられるかを調べる、「最も過酷」と言われる振動試験だ。標準ナットをこの試験にかけると、ものの20秒もたたないうちにゆるんでしまう。
ゆるみ止めナットとして広く知られている「Uナット」も数分でゆるんでしまう。
だが、ハードロックナットはその後1時間以上振動をかけ続けても、ゆるまないという。」

絶対的な信頼性を誇るナットですが、この会社を起業した若林社長が住吉大社の鳥居を見て思いついた、というのが面白いですね。さらに中国・韓国がコピー商品を作っても品質のバラツキがあって、結局は誰も買わなくなった、というのですから…。
いまや、「ワン&オンリー」の会社として、世界中の信頼を集める企業です。

「日本は、強い国」ってACのCMで言ってますけど、それを支えているのは、こういう「ものづくり」に真摯に向き合う企業があるからなんですね。ちょっと、嬉しくなりました。
by dairoku126 | 2011-05-09 11:18 | その他 | Comments(0)


<< 女性ベーシスト登場! 初夏? >>