人気ブログランキング |

鵠沼カボチャ

e0171821_1329185.jpg
今年も鵠沼カボチャの季節がやって来ました。この鵠沼カボチャは、品種的には日本カボチャで、全体に身が小ぶりで、一般的にカボチャとして出回っている西洋カボチャ(栗カボチャ)と比べて甘みも少なく、またホクホクした感じも押さえられています。
鵠沼の農家で昔から作っているカボチャで、子供の頃からカボチャといえば、僕にとってはこちらの味が舌に馴染んでいます。出汁を効かせて煮る日本料理的な煮物には、小ぶりで甘味は少ないが煮崩れしにくいので向いています。
外食で、西洋カボチャを煮たものを出されると、甘みが強すぎて、しかもベチョベチョとした舌触りになるのでちょっと苦手。
しかし、出荷される時期が短いのと、値段が西洋カボチャに比べて高いのが…。
まぁ、仕方がないか。
鵠沼海岸の商店街に農家が店を出しているところがあって、うちの奥さんは鵠沼カボチャの季節になると、そこを小まめにチェックしているようです。彼女の親戚で戦前に鵠沼海岸に住んでいた伯母が居て、季節になると送っていたようです。そのたびに、感謝されたとか。
この週末は、子供達が珍しく二人とも帰って来たので、食卓にカボチャの煮物が並びました。残っていた分も、今日のお昼でなくなりました。

さて、昨日と今日は来週のレース(湘南オーシャンパドリングチャレンジ)に備えて、実際のコースをノンーストップで試走しました。
Mastersクラス(すべて40歳以上)は東浜をスタートして、稲村ヶ崎を越えてビーナスカフェの沖あたりのブイを回って来るという約10Kmのコースです。国内で、Mastersクラスでのレースを行うのは、初めてのこと。WomenのMastersクラスも同じコースになります。
e0171821_13572518.jpg
さすがに2日連続となる今日は、帰りの鎌高前あたりで少しバテた感じです。
でも、昨日よりは、少しタイムを縮めることが出来ました。
今週は、ゆったりと疲れを取ることに専念すること、という監督からのお達しがありました。
Team350(6人合計で350歳ちょうど)としては、練習よりも休養が大切とのこと。
ついでに、お酒もホドホドに控えるようにとのお達しもでました。
by dairoku126 | 2010-06-06 14:10 | 食べ物 | Comments(0)


<< 睡蓮 フラ月間 >>