プラスティック!

e0171821_13111922.jpg
曇り空の下を散歩していたら、海の階段のところがカラフルに彩られていました。
なんだろう?と近くに寄ってみると、これがプラスティックの破片。
ボトルキャップやさまざまなプラスティック製品が、細かく砕かれて砂浜に打ち上げられ、風で階段のところに吹き寄せられたようです。
以前に「プラスティック・スープ?」というタイトルで書いたことがありましたが、世界中の海がこのようなプラスティックの破片で覆われているのでしょう。恐ろしいことです。
ここまで細かく砕かれていると、この砕片を回収するのに大変な手間がかかるのは容易に想像が尽きます。多分、このまま放っておかれるのでしょう。
これを防ぐには…。ちゃんと、捨てるべきところに捨てる、という以外にはないでしょう。
いまさら、プラスティックのものを使わないなんて言ってられないのですから。
[PR]
# by dairoku126 | 2009-11-02 13:24 | 環境 | Comments(0)

旅の雑感ーその3ー

e0171821_1043299.jpg
*瀬戸内は、海がすぐそこ!
瀬戸内海沿岸を走っていると、道路と海面が近いのにビックリしました。
距離ではなく、高さの方なんですけど…。
厳島神社だって、満潮時の高さと建物の関係を見ると「?」と思うほどギリギリです。
それほど、高い波が来ないのでしょうか?
尾道の町を歩いていても、港の岸壁が海面に対して低く感じられたし、満潮時の高さに対して余裕があまりないように思えました。台風のときなど、あれで平気なのでしょうか?
波が出るのが当たり前の場所に住んでいる人間としては、怖くてならないのですが…。
*景色が、優しい。
中国地方を走っていて、気づきました。景色が、優しい、と。
これは、山の形が丸っこいことからだと思います。尖った山が、ほとんどないのです。
山が深くなっても、切り立った部分が少なく、なだらかな曲線で構成された空間がほとんどなのです。だから、色の取り合わせも紅葉が始まりつつあったにせよ、同系色のグラデーションに統一されているので、目に対して優しいのですね。
出雲から松江にかけては、山というより丘の連なりで、神様にとって居心地が良さそうな場所ばかり。だから、あれだけの数の神社があるのでしょうか?
*福岡は、スタバだらけ。
福岡の町を歩いていて、気づきました。スターバックス・コーヒーの数が、異常と思えるほど多いのです。通りごとにあるような気がするほど、スタバの店を見かけました。
それに比べてタリーズは、僕が見かけたのは1軒だけでした。(それも小さかった)
東京でも、あれほどスタバが集中しているところはありません。
京都でも四条がスタバなら、三条はタリーズという具合に棲み分けしているのですが…。
どちらかというとタリーズ派の僕としては「なんで?」という思いです。
*美術館が、素晴らしい。
今回の旅で何よりも感じたのは、小さな良い美術館が各地で充実していることです。
近江の佐川美術館、直島の地中美術館やベネッセ・ハウス、津和野の安野光雅美術館等々。
足立美術館は、ガッカリでしたが…。
何よりもテーマがハッキリしていて、建物そのものもテーマに沿って造られている。また展示物との距離が近いのも、素晴らしいことです。
後で調べたら、見落としたところも幾つかありましたが…。後の祭りです。
[PR]
# by dairoku126 | 2009-11-01 11:24 | | Comments(0)

腰越散歩

e0171821_943414.jpg
昨日、呉服屋さんに用事があったので腰越に行ってきました。鵠沼の商店街からは、すでに呉服屋さんが姿を消しています。腰越なら残っているのでは?と思いつつ探すと、ちゃんと残っていました。
腰越は日蓮宗の総本山・龍口寺の門前町というべきなんでしょうが、最近では江ノ電が町中を走るカメラ・スポットとしてカメラを抱えた人が目立つようになりました。
ここには、昔ながらの商店街が未だに健在です。
e0171821_1019457.jpg

この写真館は、屋号が右から始まる横書きで、歴史を感じさせてくれます。
プロ野球界のご意見番、大沢親分も子供時代にはここで写真を撮って貰ったのでしょうか?
腰越は、漁港があることから有名な「干物」屋さんがあったり、最近では生シラスで脚光を浴びていますが、魚屋さんの店先には腰越漁港で揚がった様々な魚が並べてあります。
e0171821_10235283.jpg
たまたま、ワタリガニがサービス品で出ていたので、買って帰ってきました。
他にもイワシが美味しそうだったので、こちらも…。
昨夜は日本シリーズを見ながら、茹でたワタリガニと刺身にしたイワシで美味しくビールを飲みました。妻と自転車で行ったのですが、天気も良く、収穫の多い腰越散歩でした。
[PR]
# by dairoku126 | 2009-11-01 10:34 | 鵠沼 | Comments(0)

旅の雑感ーその2ー

e0171821_9305142.jpg*日本海側では、風力発電?
津和野から益田に抜け、日本海側の国道を走り出すと海岸線に沿って、かなりの数の風力発電機が回っていました。
やはり、日本海側では太陽光ではなく風力発電なのでしょうか?
特に、冬場は北西の季節風が吹き荒れますもんね。
これほど大きなプロペラが沢山回っているのを初めて見ました。どれくらいの発電量なのでしょうか?
中国電力のホームページで調べてみたのですが、良く分かりません。それとも原子力発電のカモフラージュ?
*しまった!
駆け足だったことと、夫婦揃って行く先の下調べもせずに行き当たりばったりの旅が好きな性格なので、せっかく行っていたのに見落としたものが数々あります。
伊賀上野では「鍵屋の辻」のことをすっかり忘れてました。
そうです、荒木又右衛門が渡辺和馬の助勢をして、数馬の弟の仇である河合又五郎を伊賀国上野の鍵屋の辻で討った事件の現場です。曾我兄弟の仇討ちと赤穂浪士の討ち入りに並ぶ日本三大仇討ちの一つ。これは、帰ってから池波正太郎の「食卓の情景」で「金谷」のことを改めて読んでみたら出ていました。
*作りかけの高速道路が…。
特に、日本海側の自民党有力代議士の地元では作りかけの高速道路が目立ちました。一部、開通していて有料になっているところや、まだ片側1車線づつしか完成してないため無料区間になっていたりといろいろですが、かなりの数の高速道路が着工されていました。民主党政権になって、この先どうなるのでしょうか?
*一般国道でも日中から黄色の点滅が…。
一般国道でも走っている車の台数が少ないためか、日中でも黄色の点滅信号があり、危うく止まりそうになりました。後続車が居なくて良かったのですが…。
一般国道でも、だいたい70~80km程度で流れています。しかも、市街地以外は点滅が殆どですから湘南近辺を走っているよりも倍近いスピードでの移動が出来ます。無理に高速を作るより、一般国道の整備に力を入れた方が良いのではないかしら?
*珈琲のレベルが上がっている?
今回、驚いたのは珈琲のレベルの高さです。厳島、尾道、津和野、香住…。各地で美味しい珈琲に巡り会うことが出来ました。それも、情報もなしにフラッと入った店でです。嬉しい驚きでした。
*地元の食べ物を食べるに限る。
まぁ、言うまでもないことですが高い値段を出さなくても食材が良いのですよね。
野菜にしても、魚にしても、お米にしても…。福岡のうどんは、相変わらず美味しかったし!
姫路では骨董市をやっていたので、そこに出ていた屋台店で大判焼き風の皮の中に卵とタコが入った一見ジャンクなものを食べてみたのですが、これが美味しかったのですよ。タコだって新鮮でプリプリしていて…。秩父宮ラグビー場の前辺りの屋台とは段違い!
尾道でも、商店街で買った「菜飯のおむすび」と「水軍むすび」という3種類の具が入った大きなおむすびを、これまた近所の食肉店で売っていた焼き鳥をおかずに食べてみたのですが、馬鹿にできないものでした。道の駅で売っていた「鮎めし」のことは前にも書きましたが、但馬の道の駅で食べたカツ・カレーも、但馬というだけあって普通のカレーが「ビーフカレー」でした。トンカツにビーフカレーがかかったカツ・カレーというのは初めて食べました。
東名阪自動車道の御在所SAでは、テレビチャンピオンで2連覇したフランス人パン職人の店「ドミニクドゥーセ」のパンが売ってましたし、ここで売っていたベーコンのブロックを買って帰りましたがアタリ!でした。
[PR]
# by dairoku126 | 2009-10-30 10:53 | | Comments(2)

J's Garden

e0171821_1054681.jpg
J's Gardenの鵠沼店が閉鎖になるとのこと。すでに撤去作業が始まっている。
不況のあおりかと思ったら、借地問題とのこと。駐車場と店舗の土地のオーナーが違い、駐車場側のオーナーが土地を売りたいとのことらしい。
J'sの店の中でも高収益店だったらしいから、J's側としても断腸の思いでしょう。
休日の朝なども、カヌーに行くために店の前を通りかかると、犬の散歩ついでに朝食を食べる人で外のテラスが7時半頃から満杯になっていることが多かったから…。
それはそれで、良い風景でした。
僕自身としては、突然のプレゼンで企画をまとめなければならなくなり、それを聞いたプロデューサーに夜中に我が家を襲撃され、しかもメシを食べてないとのことで、ここに連れてきて外のテラスで彼がメシを食べている間に企画をまとめた想い出もある。
11月の始めの寒い夜だったが、守秘義務のある新製品の企画だったので、周りに客が居る中でやる訳にも行かず、ウェイトレスが不思議そうな顔をしながらも外まで食事やコーヒーを運んできてくれた。
また、茅ヶ崎在住のコーディネーターに海外の権利関係の交渉を依頼するのに、彼の都合から地元でやりましょうということになり、彼がJ'sなら知っているとのことで、やはり夜中にここで打ち合わせをしたことがある。
メニューも良く研究していたし、湘南に多いカッコだけのカフェもどきに比べて値段と味が釣り合うというか、それなりに味もしっかりとしていたので便利に使っていたのですが、残念!
なんかカッコばかりの、いい加減な店ばかりが残っていくのは不思議ですね。
[PR]
# by dairoku126 | 2009-10-29 10:34 | お店 | Comments(0)