波乗りー今年2回目ですー

月曜日のカヌー練習での筋肉の張りも治まり、昨日の波も落ち着いてきたようなので、朝の9時頃から今年2回目の波乗りに…。舟前からチェックをスタート、引地川を越えてサーフビレッジ前でTESTRIDERSの青木盛安君が望遠レンズで海を狙っていたので「仕事?」と聞いたら、「ええ、まぁ」との答え。僕の新しいボードの話をしたりしてから、少し江の島寄りに行ったあたりでゲッティングした。小潮の満潮から少し引き始めた時間帯で波は厚く、たまに入ってくるセットはダンパー気味。平日なのに人も多く、セットの後のカタチの良さそうな波を狙った方が楽しめそうなので、じっくりと波を待ちながら太陽の暖かさを味わってました。そうこうするうちに潮も引き始め、テイクオフは楽になった代わりに、すべての波がダンパー気味に…。それでも、何本か楽しめる波がありました。特に鵠沼はバックサイドの方が逃げられる確率がホンの少しばかり高く、最後はそちらばかり狙ってました。
海から上がって自転車にボードをつけていたら、元NALUの編集長だった梅澤君とバッタリ。彼はimsurfer.comを立ち上げて、葉山から新しいサーフジャーナリズムのあり方みたいなモノに挑戦している。彼からのメールには「インターネットを使った写真、文章、映像、さらにオンディマンド・マガジン、フリーペーパーやイベントなど、さまざまな形で発信することができるメディアを目指してます」と書いてあった。ということで青木君が居た理由も判明。このサイトのPhoto Sessionというところを覗いてみてください。様々な場所で波の良さそうなときに、プロのカメラマンが波に乗っているサーファー達を撮影し、サイトに上げておく。
そこに見に行って、自分の写真があれば「買い物カゴ」に入れると、プロが撮影した自分のライディングがA4版の写真とデータで購入できる、という仕組みなんです。雑誌に元気がなく、カメラマンの仕事が減っているので彼らの収入源が少しでも増えれば…ということもあるらしい。下にサンプル写真を載せておきますね。さすが、プロの写真でしょ。
私のもありましたが、とてもお見せできる代物ではないので…。
e0171821_14591114.jpg

[PR]
# by dairoku126 | 2009-04-16 21:52 | 波乗り | Comments(0)

奄美から…

今日、奄美にいるサーフィン仲間からメールが届いた。彼は広告会社のAE(アカウントエクゼクティブ、早い話が営業さんです)というチョー都会的・先端的職業から、農業へという人生の転換を図った男で、奄美に移住してから早くも7年目に突入したとのこと。そもそも、会社のサーフィン仲間で奄美に行こうと言う話になったとき、出発2日前にドタキャンした奴がいて、当時名古屋支社に居た彼に急遽「行く?」と声をかけたら二つ返事で車にボードを積んで駆けつけ、奄美に行ったのが切っ掛けなのです。それから1年後に会社を早期退職し、奄美で農業を教えてもらいながら自分の畑を買い、7年間かけてタンカンの木の成長を待っている。その間は菊の栽培やらジャンボインゲンやらで食いつなぐという生活の基礎固めを図りつつ、空いた時間にサーフィンをしたり、サーフスキーを始めたりという自分のやりたかったことに素直に向き合うという日々を送っている。
植物を相手にすると、休めるのは正月3ヶ日とお盆くらいとのこと。ただ、一日の中で空き時間はあるので、波乗りをしたりとかは気が向けばできるらしい。ロングボード向きのポイントがあって、そこはマッタリし過ぎてローカルの若いショートの子達は来ないとのこと。鵠沼の混雑した海から考えると天国ですな。一昨年、ホクレア号が急遽奄美に避難というか、緊急寄港したときにも、ちゃんと港に行ってクルーと話をしたりしてたら(彼は営業時代にハワイ観光局の仕事もしていたことがある)ハワイィ島の彼の知り合いの友達だったとか。
It's a small world!
昨年、11月に帰ってきた時に握手をしたら、びっくりするほど厚い手に変わっていた。モノを生産する逞しさを感じさせる手に…。今年こそ奄美に行って、畑の手伝いをしたり、一緒に波に乗ったりしたいモンです。なんせ、定年組には時間だけはタップリあるのだから。
*写真は、奄美でのホクレア号
e0171821_1731090.jpg

[PR]
# by dairoku126 | 2009-04-15 17:42 | 友人 | Comments(0)

I'm OFF!

リタイヤしてから今日でちょうど2週間が過ぎた。「会社に行かない」という生活に戸惑うこともなく、何となく毎日を楽しく過ごせている。まぁ、会社にいるときも「仕事!!!」というほどリキみもせず、名刺がなくなり、肩書きがなくなっても落ち込まないのは(結構、落ち込む人がいるらしい)性格というか、他にやることがいっぱいあるからだろう。それに代官山でのライブがあるおかげで、週に1度は上京するのでテキトーに都会の空気感から切り離されることもないからだろう。
ギターの練習をしているだけで、アッという間に1時間くらい経っちゃうし。ただ、通勤時間は往復ともに読書に専念できる時間だったので、読書量が少し落ちているかな?家で本を読んでると、不思議に眠くなってしまう。
…ということで「I'm OFF!」という標題のことですが、広告のコピーに著作権はないということになっているけど、今年の2月頃にTVを見ていてビックリしたことがある。そう、山口智子サンが出ているA社のビールです。まぁ、25年くらい前の話だから時効といえば時効なんだけど、僕がK社のライトビールのCM制作を担当していたときにウィリアム・カット(「Big Wednesday」のジャック・バーロウ役や「キャリー」という映画でトミー役を好演)をタレントに制作したCMのキャッチが「I'm OFF」だったんですよね。僕の会社での最後の仕事が、類似広告や類似のコピーをいかにチェックしてクライアントに迷惑をかけないようにするかという部署の立ち上げ及び運営をしていたので、かなり気にはなりました。You Tubeにも出ていたし。あちらの担当者は調べなかったのかしら?
http://www.youtube.com/watch?v=SdjVniRarIM
e0171821_16402799.jpg

[PR]
# by dairoku126 | 2009-04-15 16:48 | 生活雑感 | Comments(0)

石川直樹君

石川直樹君と初めて会ったのは、まだ彼が早稲田大学の文化人類学の学生の頃だった。ちょうど、Pole to Poleという北極から南極までの地球を南北方向に半周する踏破を終え、南極大陸の最高峰を昇った直後だったと思う。また、サタワル島でスターナビゲーション(星による航海術)を習得中でもあった。エベレストに登頂直後に、衛星電話を通してメールを貰ったのもその頃のことだ。その後、東京芸術大学の大学院に進み、現在は多摩美術大学芸術人類学研究所研究員で研究員を務めるかたわら写真家として幾つかの写真集を出している。
昨日、国立新美術館で「アーティスト・ファイル2009-現代の作家たち-」に出展している彼のアーティスト・トークがあったので、出かけてきました。展示を見ると、彼の写真というのはフォトグラファーやカメラマンといわれる人たちの作品とは違うテイストの作品が並んでいた。彼のトークによると「言葉で表現できるものは文章にすれば良いし、言葉にならないものは写真にする」という。彼の写真が他の写真家と違うのは、「静かさ」というか「引きつけるけど、押しつけない」とでもいえる不思議な感覚に包まれることなのだろう。写真が芸術として認知されるようになってから、名作といわれる作品が認められてきたのは、その写真に込められた「主張」性が評価されてきたことだろう。ところが彼の作品は、彼の存在が「空気」のようになっていて、被写体と写真を見ている僕たちが直に接していると錯覚させるような距離感なのだ。その被写体たるや極北の町であったり、ニュージーランドの原生林であったり、あるいは炎暑の砂漠の中、あるときは都会であったりと、およそ人間が住んでいるところで彼が興味を感じたものばかり。彼はそこに住む人たちと同じものを食べ、同じように生活し、同じような空気を感じながら自然にシャッターを押しているのだろう。その地の文化に対する尊敬や、素直に受け入れる態度は文化人類学を学んできたことと無縁ではないだろう。探検家というイメージから連想される屈強な体格というより、むしろ草食系というか華奢にさえ見える体のどこに「静かな」エネルギーが秘められているのだろうか。
1977年生まれだから、僕の子供たちとも変わらないのだが、尊敬の念が会うたびに膨らんで行く。彼のような若者がいるだけで日本はまだまだ大丈夫だという気がしてくる。
※「アーティスト・ファイル2009-現代の作家たち-」5月6日まで。国立新美術館
e0171821_16142894.jpg

[PR]
# by dairoku126 | 2009-04-11 16:19 | 文化 | Comments(1)

Happy Birthday!

今日は我が家の老犬ウェンディの誕生日です。14歳になりました。
ウェンディは、40日目くらいで家に来て、14年間家族として過ごしてきました。ラブラドールとゴールデンのMIXですが、見た目はラブラドールといっても通用します。とにかく、本に書いてあるラブラドールの性格そのものを具現化したら、ウェンディになるんじゃないかと思うほど、やんちゃで、陽気で、元気で、人間が大好きで、しかも食いしん坊だったのですが、ここ2~3年で少し老け込んできた。まぁ、14歳だからしょうがないか。(食いしん坊は、変わらないが…)
…ということで大好きな焼き芋でお祝いをしたわけですが、その後がちょうど獣医さんでの定期検診と重なり、また狂犬病の予防注射まで打たれてしまい、家に帰ってから、ちょっとフテ腐れた表情の一日でした。いつまでも元気で!
この犬のことは、これからもちょいちょい登場することと思います。まずは紹介がてら…。
e0171821_12425376.jpg

[PR]
# by dairoku126 | 2009-04-10 12:24 | 家族 | Comments(0)