映画『夜は短し歩けよ乙女』

e0171821_14332829.jpg
森見登美彦の小説『夜は短し歩けよ乙女』がアニメになったとのことなので、観に行って来ました。まぁ、実写版では予算的にも手法的にも大変なことになりそうだからアニメにしたのが正解なのでしょうね。
原作の雰囲気を壊さずに、良く出来ていました。面白かった。
星野源をはじめ、声優陣も良かったし…。
森見登美彦の原作を読んでいない人には、話の展開が分かるのかなぁ?

デビュー作『太陽の塔』から森見登美彦の本を読み始めた訳ですが、この話が一番好きなのでどうなるか心配でしたが、この監督は凄い!
森見ワールドというか、京都大学らしさというか、アタマの良さを素直に出さないどころか、論理の渦に巻き込まれて行く生態を良く描いています。
まぁ、京大生すべてがそうではないんでしょうが…。
下鴨神社・糺の森の古書市の場面で、そこら辺の無駄な教養が大安売りのように出て来て、大いに笑えました。

音楽が良いと思ったら、大島ミチルさんでした。
最後のクレジットを見ていたら、京都大学とかアニメ化に際して許可取りをしたんでしょうね、面白いほどにあちこちの名前が並んでいた。
感動するとか、何かを教えてくれるとかいう類いの映画ではありませんが、とても楽しい映画でした。


[PR]
# by dairoku126 | 2017-04-13 14:57 | 文化 | Comments(0)

お花見 その2.

e0171821_13003178.jpg
昨日の寒さで縮こまったカラダをほぐそうと、今日は藤沢まで遠回りの散歩。
片瀬川沿いに藤沢までランチを食べに行きました。
家の前から松が岡の迷路のような道を、桜を見つけては曲がり、片瀬川に出ます。
e0171821_13001308.jpg
引地川はカモメが大きな顔をしてますが、片瀬川では海鵜がズラリ。
図鑑によると、胸が白いのはカワウの幼鳥のようですね。
この辺りから満開の桜が川沿いや山にも見えてきました。
e0171821_13001724.jpg
藤沢に近付くにつれ、桜が大きくなってくる。
e0171821_13002341.jpg
古い木が増えて来るからでしょうね。根が逞しく育っているから…。
e0171821_13002743.jpg
藤沢に入ると公園の桜も、満開。
ランチの目的地、清香園も直ぐです。
ここまで我が家から5km弱、7,000歩を超えていました。
e0171821_13003520.jpg
ということで、ランチを2品。
芝エビのXOソース炒めと…
e0171821_13003912.jpg
肉団子甘酢がけ。

今日の肉団子は、パサつき気味で清香園にしては…?という感じでした。
それでも、2人で2品食べてお腹いっぱい。

本屋に寄ったり、クィーンズ伊勢丹で買い物をして、帰りは小田急で帰って来ました。
合計10,000歩以上の散歩でした。桜も、もう終わりですね。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-04-12 13:13 | 季節 | Comments(0)

今年の花見は…。

e0171821_14381674.jpg
やっと雨が上がったので、桜を見に行こう…と光明寺を目指しました。
まぁ、昨日も直ぐ近くのクラブハウスでミーティングをしていたのですが。
e0171821_14401507.jpg
どうせ、花見に鎌倉に行くんだからと、鎌倉山経由。
今年は、花の色が例年よりも濃いような気がする。
e0171821_14402873.jpg
隣の席で、奥さんがドライブレコーダーのカメラで、撮影してくれました。
e0171821_14403916.jpg
一気に咲いたという印象の鎌倉山ですが、やはり40年以上見続けて来た桜ですから…。
e0171821_14435894.jpg
この門の前を通ってカヌーを海に運んでいるのですが、中に入ったのは初めて。
鎌倉時代に創建された浄土宗総本山とあって、実に立派なお寺です。
回廊を回って行くと…
e0171821_14440444.jpg
瓦がお日様で暖められて気持ち良いのか、猫がお腹をペタッとつけて微睡んでいた。
もう一匹の猫はイタズラ盛りのようでしたが…。
e0171821_14441640.jpg
ラッキーなことに山門の特別公開とあって、上に上がらせてもらいました。
お寺側を見ると、こんな感じです。
e0171821_14442088.jpg
海側を向くと、相模湾が目の前に広がります。
鎌倉時代には、ここの前に宋からの貿易船が浮かんでいたのでしょうね。
和賀江島が直ぐですから。
まぁ、材木座という地名も建築資材をここで船から降ろしたことから名付けられたらしいし。
e0171821_14444723.jpg
花見を済ませてから、逗子マリーナまで歩いてランチをしてきたのですが、トンネルを抜けずに海沿いの抜け道を…。
潮が引いていたので、和賀江島が良く見えました。

今年の花見も、終わりです。
明日は、また天気が崩れるとか。トホホですね。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-04-10 15:04 | 季節 | Comments(0)

サンウルブス、今季初勝利!

e0171821_14161314.png
やっと、勝てた!
開幕戦以来の秩父宮で、南アでは敗れたブルズに雪辱しました。
わずか1点差でも、勝ちは勝ちですから…。

コンディショニング調整のため、ずっと休んでいた第一列の稲垣、木津、SH田中、SO田村、FB松島が入るとチームがグッと締まる。
先発したSOクリップスはキックの精度がイマイチ(入れなければならないPGを2本も外した)だし、パスの判断も中途半端なのは、ここ数試合見ていて感じていたことだけど…。
それでも、前半は我慢に我慢のディフェンスで1点差で折り返し。

解説していた山田が言っていたけど、攻めの方がエネルギーを使うんだって。
前半の後半に、相手に攻めさせて点を与えなかったのが、結果的に後半の後半に相手の力を奪っていたとか。9点差を後半の後半にひっくり返せたのは後半から田村をSOに起用したことと、第一列に稲垣や木津など2015W杯組が入ったことでゲーム展開に精神的な落ち着きが出て来たからね。

スーパーラグビーに参入してから、サンウルブスが南アのチームに勝ったのは初めて。
来季からチーム数を減らされる南ア・カンファレンスにあって、この1勝は来季の存続を決めました。
もっとも、来季からオーストラリア・カンファレンスに入るようだけど…。

今シーズンは、これまで若手を育てながら闘って来たのですが、その成果にプラスしてベテラン組が復帰してくるとチームの総合力がグッと上がります。
後は、立川キャプテンが復帰すれば、さらに良くなっていくでしょう。
6月の日本代表の試合が楽しみです。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-04-10 14:36 | スポーツ | Comments(0)

Funky Night @YOKOHAMA!

e0171821_10094575.jpg
我々のバンドのベーシスト&リーダー、ジーキマがN.Y.留学中に知り合った敦賀明子さん。
彼女の凱旋ライブが横浜であるというので、行ってきました。
会場は、関内のKAMOMEというジャズ・クラブ。
ここへは、初めてでしたがソファに座って、ゆったりと聴ける良いライブハウスでした。
e0171821_10095012.jpg
ジャズ・ハモンド・オルガン奏者としてN.Y.を中心に活動している敦賀さんの音楽はひと言でいえばファンキー。ノリノリのステージを楽しむことが出来ました。
編成は、敦賀明子(オルガン) ジョー・マグナレリ(トランペット) 井上智(ギター) アキラ・タナ(ドラムス)というカルテット。パツラのジョーは旦那さんです。
1曲目の「L・O・V・E」(ナット・キング・コールでお馴染みの曲)が始まった途端に、ハモンドのグルーブする音色にやられっぱなし。思わずカラダが動いてしまう。

ギターの井上さんは、ジム・ホールの弟子。
昔、買ったジム・ホールの教則ビデオの著者として覚えていたのですが、実際に演奏を聴くのは初めて。いやぁ、実に楽しませてくれました。
オルガンとギターというのは、ジミー・スミスとウェス・モンゴメリーを始め、とても相性の良い組み合わせだから…。
テクニックも抜群の上、とにかく乗せる。

旦那さんのトランペットとフリューゲルホーンは、音が歯切れ良く、しかもリリカル。
素晴らしい演奏を堪能できました。
e0171821_10095525.jpg
最後は、記念撮影までしていただきました。
N.Y.のミュージシャンは、どんなに素晴らしい演奏をしても、サービス精神が旺盛で無いと食べていけないとか…。
関西弁のトークも楽しく、素晴らしい夜となりました。

YouTubeにあったので、その片鱗を…
  

[PR]
# by dairoku126 | 2017-04-09 10:41 | 音楽 | Comments(0)