<   2017年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

気持ち良く、晴れた!

e0171821_17055600.jpg
曇りがちの朝でしたが、漕いでいるうちに気持ち良く晴れてきました。
今日は、27日に予定されているHAYAMA HOE Va'aというレースの会場を下見がてら、葉山の大浜まで往復14Kmのチャレンジ。
メンバーが揃わなかったので、女子中学生2人を乗せてのパドルでしたが、さすがに距離的にキツかったようです。風も無く、暑いパドリングとなりました。
途中で、中学生だけ休ませたり、給水を取らせたりしましたが、かなりバテバテになったようです。お昼ごはんを食べるときには、回復してましたけど…(笑)
若いんだなぁ。

今度のレースは、6月のパドリングチャレンジ以来のレース。
ステアの練習がこのところ出来ていなかったので、かなり気合いを入れて練習しました。
試合当日まで、フルメンバーでの練習が出来ないのは残念だけど、それぞれ事情があるから仕方がない。明日も、練習です。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-19 17:29 | アウトリガー | Comments(0)

『ざんねんないきもの事典』

e0171821_09343192.jpg妻が書評で気になった本があるというので、本屋さんで探しましたが見つからない。店内の検索PCで探したら、子供の本のところにありました。大人の本のところで探しても見つからないわけだ。

『「ざんねんないきもの」とは一生けんめいなのに、どこかざんねんないきものたちのことである。』と規定されているように、進化の過程で「?」な能力を身につけてしまった動物たちのことが平易な言葉で書いてある。
これが、結構読んで行くと面白いのです。

ざっと、上げてみても…
・メガネザルは、目玉が大きすぎて動かせない。
・ニホンザルはお尻が赤ければ赤いほどモテる。
・ウナギの体が黒いのは、ただの日焼け。
・カツオは興奮するとシマシマの向きが変わる。
・ワニが口を開く力はおじいちゃんの握力に負ける。(噛みつく力は口全体で小型トラックくらいの重さをかけられるのに…)
などなど「いきもの」に関してのトリヴィア満載です。

続編も出ていて、現在続編の方を楽しんでいます。

こちらには…
・ラッコはお気に入りの石をなくすと、ごはんが食べられなくなる。
・トナカイのオスの角はクリスマスまでもたない。
・トラは笑っちゃうほど狩りがヘタ。
などなど面白そうなタイトルが並んでいます。
e0171821_09343637.jpg
そういえば、日曜日に川崎ミューザに行った時に丸善で見かけたら店頭に山積みになっていました。こんな本が子供時代にあったら、もう少し動物に興味を持っていたかもしれない?
ざんねんなことです。

[PR]
by dairoku126 | 2017-08-18 09:58 | | Comments(0)

またまた、雨の代官山。

e0171821_10511282.jpg
8月も半ばを過ぎようとしているのに、梅雨に戻ったかのような天気。
お盆休みのせいか、渋谷駅周辺も人が少ない。

ということで、2バンド(ピアノは一緒!)で貸し切りのような代官山Lezardでしたが、その分和気藹々のリラックスムード。バンドメンバーが集まっても、ワインを飲みながら話し込んでしまいました。この30分のスタート遅れが後で響くんですけどね。

たっぷりと1st.ステージを演った後は、ピアニストを休ませることもあり遊びに来ていたピエール君が2曲ほど。良い感じのトリオ・ジャズが続きました。
さらに、ピアノのヨシモリさんも…。

てな訳で、2nd.セットを始めたのが10時過ぎ。
ここでも、たっぷり演ったのですが終電で帰ろうとした時に、アルトのコビー君が1曲も演ってないことに気付き、彼ともチャーリー・パーカーの”Anthropology”を。良い感じのまとまりになってきましたが、すでに新宿ラインの終電には時遅し!
品川回りに切り替えて、山手線に乗ったら…
e0171821_10512028.jpg
こんな表示が…。
滅多に見ることが出来ないですよね。熊との衝突!
秋田新幹線は、田沢湖線などでは江ノ電並のスピードになっちゃうから大事に至らなかったでしょうけど…。

なんか、得した気分になりました。
結局、持って行った折りたたみの傘は使わず仕舞いだったのも良かった。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-15 11:06 | 音楽 | Comments(0)

今日は、娘のオーケストラを聴きに…

e0171821_21292471.jpg
今日は、娘の所属するオーケストラの37回目の定期演奏会。
ということで、ミューザ川崎まで出かけてきました。

今回は、すべてストラビンスキーの曲ばかり。
前半は、「交響的幻想曲<花火>」と「3楽章の交響曲」という軽めの選曲。
そして、後半が「バレエ音楽<火の鳥>」というラインナップ。
そのせいか、いつものオーケストラの配置とは違う。
ピアノ、チェレスタ、そしてハープ3台が入るからでしょうか。

このオーケストラは聴くたびに進化していると感じるのですが、今回は管楽器の聴かせどころ満載の曲ばかり。
難しいピアニシモでも音程がフラつくことなく、素晴らしい仕上がりでした。
回を重ねるごとに上手くなっている。

親バカではなく、実に聴き応えのある演奏会でした。
さぁ、こっちも明日に備えて練習しようっと。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-13 21:40 | 音楽 | Comments(0)

『合戦の日本史』、『「司馬遼太郎」に学ぶ日本史』

e0171821_15593443.pngどちらの本も、有隣堂の新刊書の棚で見つけ、立て続けに読んだのですが、どちらも面白かった。

合戦の日本史』は、当代きっての歴史小説作家が語り合う形式。
桶狭間の織田信長から豊臣秀吉、徳川家康の三英傑、幕末の西郷隆盛までをそれぞれが読み込んだ資料を基に人物像を浮き上がらせて行くさまが興味深く、それぞれの人物解釈が面白い。
残念なことに、最初の対談後に山本兼一が鬼籍に入ってしまった。

信長、秀吉、家康の3人については、かなりイメージが出来上がった人物なのですが、その常識に囚われずに時代背景や経済的な政策まで含めて語り合ううちに「なるほど!」という像を浮かび上がらせてしまうのは、流石です。まぁ、作家というのはそれだけオリジナリティが求められるからなのでしょうけど…。

e0171821_16194167.png磯田道史『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』は、歴史学者が語ろうとしなかった歴史作家・司馬遼太郎へのオマージュともいう著作。
序章の中で、司馬遼太郎はただの歴史小説家ではなく、「歴史をつくる歴史家」と規定しています。
引用すると『歴史というのは、強い浸透力を持つ文章と内容で書かれると、読んだ人間を動かし、次の時代の歴史に影響を及ぼします。それを出来る人が「歴史をつくる歴史家」です』という意味。
日本史上では、「太平記」の小島法師、頼山陽、徳富蘇峰、そして司馬遼太郎しか居ないと…。

そして、「司馬史観」というものに対しては、司馬遼太郎は「大局的な視点、世の中に与えた影響という点から、可能な限り単純化して人物評価していることを理解しなくてはなりません。司馬作品を読むときには、一定の約束事、言わば「司馬リテラシー」が必要…」と解き明かす。
まぁ、「龍馬史」でも同じようなこと書いていましたが…。

単なる作家論というよりは「日本の歴史の流れを見つめてきた」歴史学者が、司馬遼太郎へのオマージュに仮託して綴った現在の日本の状況への「警告の書」とも言えるのかも。

どちらも、読んで損はありませんよ。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-12 16:52 | | Comments(0)

女子だけの、大会。

e0171821_09441319.jpg
毎年、茅ヶ崎で開催される女子だけの大会、Hoaikaneが8回目を迎えました。
Wailea Japanからは、ビギナーズ&オープンに参加。
人数の関係上、ダブルエントリーの人が3人も居て、続けて2試合はキツかったでしょう。
e0171821_09444517.jpg
ということで、男性は応援と使用するカヌーを運搬することに…。
5時半集合で打ち合わせや準備の後、6時半に材木座を出発。
江ノ島がちょうど中間点のあたり、この景色も久しぶりに見ることになりました。
e0171821_09473673.jpg
ちょうど、14km強の距離となります。
帰りは、江ノ島沖までボートに引っ張って貰ったので往復20km以上を漕いだことに…。
e0171821_09455703.jpg
小雨の降るコンディションで、真夏の大会としては非常にラクな気温。
ただ、視界はあまり良好とは行きません。
e0171821_09473047.jpg
ビギナーズへ、試合前のアドバイスをする監督。
e0171821_09463281.jpg
ビギナーズ・クラスは各クラブからステアを出すのですが、今回はユータ君が…。
必ず、お化粧をして女装というルールです(笑)

結果は、ビギナーズ2位、オープン4位という上々のもの。
e0171821_09480402.jpg
終了後、クラブルームで打ち上げ&反省会。
レースの模様を撮影した画像を見ながら、監督から注意点などパドルの基本が良く分かる説明でした。ケータリングで取り寄せた御馳走で大いに盛り上がりました。

いやはや、疲れたけど長い距離を漕ぐのも良いもんだ。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-12 10:04 | アウトリガー | Comments(0)

"TSUKUYOMI"の航海が始まりました。

e0171821_09294179.jpg
台風5号の影響で、1週間遅れとなった”TSUKUYOMI"の航海が始まりました。
朝からFacebook経由で送られてくる画像や連絡に胸躍る感じでしたが、この最初のレグは自分自身のステアで行きたかった。大好きなサーフポイントの沖を通るルートでもあったし…。
e0171821_09294843.jpg
細島港入港の様子。
到着後の電話では、最大6ノットまでは速度が出たらしい。
補修したアマも、良い感じで働いて居たようだし。
とにかく暑さの中、風が安定せず、真逆になったりで苦労したようです。
カヌーに導かれるままに、大御神社の前に行ってしまったようで、かなり距離的にはロスしているようですが、神様に呼ばれてしまったのだから仕方が無い。
アマテラスとツクヨミは姉弟ですからね。

次のレグも無事に終えることを祈っています。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-09 09:39 | | Comments(0)

昨夜は、台風対策をしていったのに…

e0171821_08545128.jpg
迷走する台風5号が近付いて来そうだったので、雨対策をしっかりとして代官山へ。
久しぶりに雨の代官山かと思ったら、着くや否や雨が上がってしまいました。
レインコートに、雨に強い靴、大きな傘でバッチリだったのに…。

ということで、後顧の憂い無しに演奏スタート。
宮崎に長いこと行っていたので、ギターに触ったのが帰って来てから。
ちょっと心配だったのですが、無理に速いパッセージを弾くことなく、音を選んで演ったら意外と良かった。2つのセットを無事に乗り切れました。
e0171821_08545782.jpg
宮崎のお土産に持って行った地鶏の炭火焼きが好評で、話も盛り上がる。
それにしても、両方の写真に登場しているカズコ女史は、ホントに上手い!
セッション・ピアニストとしては、実に他の演奏者の”良さ”を引き出してくれる得がたい存在です。

結局、帰りも雨対策は不要なまま。
ボンヤリと満月まで見えていました。

[PR]
by dairoku126 | 2017-08-08 09:08 | 音楽 | Comments(0)

今日は、ボクゾーさんの命日。

e0171821_13131761.jpg
今年も、8月6日がやって来ました。
まぁ、全国的には「広島」に対して日本国民が黙祷を捧げる日。
そんな日に、命日を迎えるなんてボクゾーさんらしいといえば「らしい」のですが…。
e0171821_13131291.jpg
ということで、午前中にお線香を上げてきました。
夜は、他の友人宅のお呼ばれがあるので、今年は行けないな。

すでに、彼の享年をとっくに過ぎてしまったけど、いまでも兄のような感じは抜けない。
当たり前のことなんだけど、不思議に感じるのは何故なんだろう?

合掌!

[PR]
by dairoku126 | 2017-08-06 13:22 | 友人 | Comments(0)

再び、九州へ。 ー8日目&最終日ー

e0171821_21425553.jpg
台風の進路を気にしながら、懸案のアマの改修作業。
まずは、深く削り込んでスペースを作り、そこに発泡スチロールを組み込み、その下にウレタンの発泡剤で埋めようという作戦。オリジナルのアマは三重県で保管中に腐ってしまったので、楠の固まりから削り出したものですから、削っていると樟脳の匂いが…。
e0171821_21431196.jpg
その後、ノミで出来るだけ平らにする作業。
地道なコツコツとした作業が続きます。
後ろでは、司君がセールを船体に取り付ける部品のスペアを作っている。
e0171821_21433674.jpg
お腹が減ったので、へべすラーメンを食べに行きました。
サッパリとした美味しいラーメンでした。
e0171821_21440020.jpg
食事の後は、再びのコツコツ作業。
事務方でしっかり働いてくれているノリちゃんが、ここでもコツコツと…。
e0171821_21440672.jpg
削り終わったので、発泡スチロールの下にウレタンの発泡剤を注入。
固まるにつれて、どんどん膨らんで来ます。
e0171821_21442114.jpg
作業も無事に終了したので、”日向ひょっとこ祭り”の前夜祭を見物に…。
手作りのお面が、結構高価なものなのにビックリ!
e0171821_21442898.jpg
前夜祭は個人戦のひょっとこ踊り。
キッズ部門だけ見たのですが、単調なリズムで気合いを入れて踊ってました。
e0171821_21453475.jpg
そして、夜は送別会を兼ねての食事会。
日向で30年以上フラの先生をしているムッちゃんのお宅にお邪魔しました。
ここでも、新たな出会いが…。
e0171821_21473283.jpg
最終日、台風による混乱が予想されたので、予定よりも1本早い各駅停車に…。
それでも、JR九州の車両とあってワンマンなのに快適でオシャレな車両。
e0171821_21473987.jpg
空港に着くと、予想通り荷物の預け入れの段階から大混雑。
ふーっ、早くしておいて良かった。
e0171821_21474402.jpg
帰りの便は、前回同様Jクラスで…。
わずか1,000円の差とは思えぬほどの快適さです。
思っていたほど、揺れもせず気持ち良くフライトを楽しむことが出来ました。

航海の方はスタートが1週間遅れでスタートすることになりそうです。
まぁ、台風の余波が静まるのを待たなければね。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-05 22:23 | | Comments(0)