<   2017年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

『昭和史の10大事件』半藤一利、宮部みゆき

e0171821_10553023.jpg”歴史探偵”半藤一利と作家・宮部みゆきが選んだ「昭和史の10大事件」。この二人は、高校の先輩・後輩にあたるとか!
この二人が、対談形式で昭和の歴史を紐解いて行く。

それぞれが選んで持ち寄った”10大事件”のセレクションを見ていると「いかにも!」という感じで面白い。
東大ボート部に所属していた半藤一利が、オリンピック代表選考レースで慶應に30cmの差で敗れた敗戦後初のヘルシンキ・オリンピックを語るなど”昭和史”の生き証人として自分史を織り交ぜながらの対談ですから、現実味が膨らむ。
僕が、この二人のちょうど中間の世代ですから、子供の頃のこととして朧気に覚えていることもあります。

二人が選んだ10大事件とは…
1.昭和金融恐慌、2.二・二六事件、3.大政翼賛会と三国同盟、4.東京裁判と戦後改革、5.憲法第9条、6.日本初のヌードショー、7.金閣寺消失とヘルシンキ・オリンピック挑戦、8.第五福竜丸と『ゴジラ』、9.高度成長と事件ー公害問題・安保騒動・新幹線開業、10.東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(宮崎勤事件)というラインナップ。

憲法第9条の文言が第一次大戦後にパリで結ばれた戦争放棄に関する「不戦条約=ケロッグ・ブリアン協定」第一条の文言を取り入れたものであり、改憲論者の言うような「アメリカによる押しつけ」などでは無いことを論証していきます。
宮部みゆきが提示した「金閣寺消失」事件は、三島由紀夫・水上勉が小説として書いていますが、やはり作家として捨てて置けない題材なのでしょうね。
「アプレゲール」という言葉も、この事件の後から使われ出したようです。

まぁ、とにかく「昭和」という長く、また価値観の大転換を含む時代を「10大事件」に象徴される事柄により理解するには格好の良書です。




[PR]
by dairoku126 | 2017-06-30 11:30 | | Comments(0)

今日は、”先生”として…。

e0171821_18111954.jpg
今日は、マリンスポーツの専門学校の生徒にアウトリガーカヌーを教えることに…。
ユータ君と二人で”先生”をしてきました。
15人の生徒を3組に分けて、今日一日でウィンドサーフィン、SUP、アウトリガーカヌーの3種目を体験するという授業。
この15人の専攻は、ダイビングとのことで泳げる子たちばかりだったので、まぁ気持ちとしてはラクでした。それでも、一応ライフベストは全員に着けさせましたけど…。
e0171821_18112509.jpg
まだ若い子たちばかりなので、とても元気。
水が綺麗なところに行けば、直ぐに飛び込みます(笑)
e0171821_18113037.jpg
ということで、ポーズを…。
e0171821_18113518.jpg
SUP組は、さらに水と戯れる。
こっそりと泳いで行って、SUPをひっくり返したたりばかりしていました。
そのうち、三点倒立をする子まで居たのにはビックリ。
e0171821_18113952.jpg
7月の海開きに向けて海の家の工事も急ピッチ。
ライフセーバーも看板を立てたり、準備に大わらわ。

1・5時間の授業を3回やったら、さすがに疲れました。
こんなに長いこと海に出ていたのは、久しぶりだもんね。
それでも若い子にエネルギーを貰った感じ。
まぁ、驚くほど屈託の無い子たちばかりでした。

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-29 18:23 | アウトリガー | Comments(0)

日本代表vsアイルランド 第2戦

e0171821_20574928.png
世界ランキングを3位に上げたアイルランドとの、第2戦。
ジャパンのファイティング・スピリットを、存分に見せてくれた試合でした。

先週の試合では、ジョセフ監督が激怒するほど闘う姿勢を見せることが出来ず、先発メンバーを8名入れ替えたジャパン。怪我人の多かったロックにルーク・トンプソンを緊急招集。
ハーフ団を流・小倉の若手に切り替えてテンポの速い試合にできるかに注目してました。
FWは第一列をすべて入れ替え、キャプテンの堀江でさえリザーブ。
山田・福岡の両ウィング、田村を12番、松島を13番にしてスピードと経験値の高いバックス陣。さらに、6月のテストマッチで着実に進化した大学生・野口を15番とバックスはすべて日本人。ゲームキャプテンは、マイケル・リーチに指名しての背水の陣です。
小倉・松島のコンビは花園決勝の時以来ですね。

ゲーム開始早々に、素早いディフェンスからターン・オーバーして相手陣での素早い攻め。
今日は、良いぞ!と思った途端にパスミスを相手13番に拾われて、そのまま独走されてトライを奪われました。とはいえ、日本のディフェンスは粘り強かったし、前回はボロボロにされたスクラムも押し負けてはいない。
それでも、基本に忠実にボールをキープし続け、フェーズを重ねてもミスをしないアイルランドは前半だけで4トライ。日本も24分に小倉・松島の絶妙なパスが決まって松島がトライ!
これは、見事なコンビネーションだった。

後半は、両軍ともディフェンを頑張り、20分過ぎまで得点が入らないという互角の勝負。
後半開始早々に、日本が攻め込んでトライ!と思ったらTMOで流が相手反則によりノッコンをしていたのでノートライ。それでもペナルティからの相手ゴール前のラインアウトで変わったばかりの堀江がスローインを合わせることが出来ずに相手ボールに…。
攻めてはいても、なかなか主導権を取れない。
22分に攻め込んだときに、山田が飛び込んで13-28。
その後も、相手ゴール前で果敢に攻めたのですが…。
ここで1本取って点差を詰めることが出来れば、さらに面白い展開になったのに。

結果としては、まだまだ相手との埋めなければならない差は大きい。
それでも、課題は実にハッキリしたし、このテストマッチで若手が競合相手の経験値を高めることが出来たのは収穫でした。15年W杯組との意識のギャップも、経験することによって埋めることが出来るだろうし。
突破力に優れた5番のウベ・ヘル、8番のマフィが通用することも分かった。
なによりも、ルークがカラダをもって模範を示してくれたからね。

敗れたとはいえ、感動的な試合でした。


[PR]
by dairoku126 | 2017-06-25 21:41 | スポーツ | Comments(0)

今日は、ウェンディの命日。

e0171821_09413273.jpg
もう、8年も経つんですね。
あの日も、今日のように快晴でした。
前日は、凄い雨だったけど…。
友達が犬を連れてくると、仲良く遊んでました。
e0171821_09413613.jpg
まだ、いたずら盛りだった頃。
最初の予防注射前だったので、家の前に柵を設けて遊ばしていた頃の写真です。
ストーブの薪を囓ってました。ホントに悪かった(笑)

朝一番で、お線香をあげました。
今頃は、天国で次々にやって来た友達と駆けずり回っていることでしょう。

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-24 09:53 | 家族 | Comments(0)

ソロモンからの、手紙。

e0171821_11201114.jpg
京都から戻ったら、ソロモン諸島に赴任している0・5娘から手紙が着いていました。
普段はFacebook、LINEやiPhoneの写真共有などで近況は分かっているのですが、やはり手書きの手紙を貰うのはぜんぜん違います。

見開きのカードの両面にびっしりと近況が記されていて、元気にやっていることが良く分かる。今までカヌー以外は人に教えたことが無い子が、慣れない先生稼業に誠心誠意取り組んでいるのが良く伝わってきて嬉しくなりました。
それなりに苦労があることも分かるけど…。英語で授業をする準備も大変だろうし。
親でも無い僕が、嬉しくなるのもヘンですけど、嬉しいものは嬉しい(笑)
「Get well soon」というカードを選んだのも、自分に言い聞かせているように思えるし…。

いわば「国を背負って」赴任している訳ですから、意識するかしないかは別として心の片隅にはプレッシャーもあるだろうしね。
自分の与えられた任務以外にも、カヌーを教えたり、水泳を教えたりという2020年東京オリンピックに向けてソロモン諸島の子供たちを教える手伝いもしているようだし、休む暇もなく慣れない風土の中で暮らしていくのは大変なことでしょう。
若くなきゃ出来ないよね。

前向きに自分の人生を切り開いている姿を見るのは、気持ち良いもんだ。
無理をせずに、頑張って欲しい。応援してます。

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-23 11:46 | 友人 | Comments(0)

久しぶりの、京都ー3日目ー

e0171821_20075439.jpg
昨日は、雨の中を2万歩近く歩いたのでクタクタに…。
早寝をしたせいか、6時過ぎに目が覚めてしまいました。
なので、散歩がてら昨日買い忘れた”東寺餅”を買いに出かけました。
電話をすると7時からお店が開いているとのこと。テクテクと歩いてきました。
e0171821_20032010.jpg
ホテルをチェックアウトしてから、これまた京都に来たら欠かせない”イノダ本店”へ。
いつも楽しみにしていた長老方の顔は無く、そのせいか全館禁煙に…。
常連の長老たちに文句を言われることがなくなったからなんでしょうね。
それにしても、関西のスポーツ紙といえば阪神情報満載。
広島が優勝しようが、阪神の2軍選手の情報が1面を飾っていたりしてたから…。
e0171821_20032699.jpg
イノダでゆったりと朝食時間を過ごしてから、国立近代美術館へ。
ヴァン・クリーフ&アーペルの精緻を極めた作品が、同時代の日本の工芸技術と対比されて展示してあるという企画展。
まさに”精緻の極み”という作品ばかり。
惜しげも無く宝石を散りばめた装飾品は、身につけていて重くなかったのかしら…と思わせるもの。見ていて、最後の方はお腹がいっぱいという感じになりました。
e0171821_20033589.jpg
途中で、iPadを使ったデザインから宝石のカット、研磨を経て完成していくさまを動画で見せてくれるコーナーもあり、その職人魂みたいなもの触れることが出来ました。
完成品を見ても、その過程を知るとさらに輝きが増して行くような。
e0171821_20034046.jpg
初めて来ましたが、良い美術館ですね。常設展示の内容も、濃いし。
見終わった後の疲れも、こんな空間でボケーッと座っているとリフレッシュ出来ます。
e0171821_20034516.jpg
再び、中心街に戻り珈琲を飲みながら帰りの新幹線の予約を…。
京都の喫茶店というのは、年齢に関係なくオシャレな人が多かったりするので楽しい。
JR東海のEXプラスカードというのを作ったので、iPhoneから簡単に座席指定が出来る。
しかも、何度でも変更可能なのですが、申し込みの時に支払いの方をViewカードで設定しようとしたら”そのカードは使えません”と出て来てしまった。
おいおい、了見狭いぞ!JR東海さん。でも、便利です。
カードの年会費は、往復で元が取れる割引もあり、チャラどころかお釣りが来てしまうほど。
夫婦2人分も1枚のカードで予約出来ます。

鯖寿司など夕食になりそうなものやお土産を駅の伊勢丹で買い、帰路につきました。
やはり、京都は楽しいね。

P.S.
昨日の雨、鵠沼方面のFacebookの記事を見ていたら凄かったらしい。
家に帰り着いたら、心配していたとおりプルメリアの鉢がひっくり返っていた。
まぁ、転がった方向が生け垣だったので、花芽を損傷してもいなかった。
ラッキー!

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-22 20:30 | | Comments(0)

久しぶりの、京都。ー2日目ー

e0171821_21012028.jpg
九条の喫茶店で、朝ご飯を食べた後は東寺。
生憎の雨です。
e0171821_21012604.jpg
五重塔も、クルマを運転しながら見たことはあるけれど、実際に下から見上げたのは初めて。
この後、曼荼羅を具現化した講堂と金堂を見てから…
e0171821_21104509.jpg
観智院へ。
ここのお庭は素晴らしかった。
e0171821_21013295.jpg
そして、お目当ての弘法市。
まぁ、いろいろなものが出ていましたが探していたものは見つからなかった。
e0171821_21013756.jpg
その後、小学校の修学旅行以来の三十三間堂。
まぁ、50年以上の歳月が流れていたので、初めてと言っても良いかも…。
ガキの頃とは違い、感銘を受ける場所でした。
e0171821_21015490.jpg
中心街に出て錦市場へ。
奥さんがお目当てのものは探せたけど、しばらく来ないうちにすっかり観光スポット化してしまって昔の面影はまったくない。
鎌倉の小町通りのようです。
e0171821_21020224.jpg
四条の河原町通りに向かって歩いているとユナイテッドアローズでは、ゆかたFair!
これって京都以外でやってるのかな?
e0171821_21020626.jpg
鴨川も雨の影響なのか、もの凄い水量です。
e0171821_21021163.jpg
歩き疲れたので、カフェアンデパンダンへ。
時間帯が良かったのか、ガランとしてゆっくりとさせてもらいました。
e0171821_21021506.jpg
夕食は、Mへ。
ここに来たら、必ず食べるラムの山椒焼き。
まぁ、それ以外にもいろいろ食べましたが、ここの味は20年近く変わらないクオリティを保ってくれているので安心できます。
e0171821_21021904.jpg
珈琲を求めて、寺町通りを…。
このバーも健在です。
e0171821_21022270.jpg
珈琲を飲みながらふと見ると、京都でしかお目にかかれないような爺さんが…。
まぁ、私も爺さんに変わりはないのですが、この感じの爺さんがウロウロしているのが京都!
e0171821_21022630.jpg
チョコレートバーアイスクリームを頬張る外人さん。
京都は歩き回るので、知らないうちに2万歩くらい歩いている。
疲れを甘いもので癒やしているのでしょうか?
これも、風景の一部と溶け込んでいるのが不思議ですが、京都なんですね。

さぁ、明日はどうしようかな?

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-21 21:30 | | Comments(0)

久しぶりの、京都。ー初日ー

e0171821_17263793.jpg
久しぶりの、京都です。今回は、新幹線で…。
実は、20年近く京都に毎年のように来ていたけど東寺の「弘法市」というのは一度も行ってません。毎月21日に開かれるので、今回の目的の一番はそれ!
また、どちらかというと京都駅より上の地区ばかり観てきたので、今回は見落としてきたスポットを中心に観ていこうと…。

ということで、京都駅に着いてからまず向かったのは岩倉の実相院。
門跡寺院です。
e0171821_17264046.jpg
ここは、お庭と季節によって背景の植物が床板に映る「床みどり」を観に来ました。
肝心な方は、撮影禁止なのでリンクを張ったところを観てください。
実に綺麗に緑が床に映えていました。
紅葉の季節は、さぞや美しいことでしょうね。
e0171821_17270237.jpg
次に向かったのが、南禅寺。
香住の寺の住職をしていた僕の大叔父が、こちら移って勤めていたという縁があります。
ここも、側を通りながら何故か立ち寄らなかったところ。
e0171821_17264698.jpg
琵琶湖疎水からの水を引いたローマ時代の水道のような水道橋は、前から観てみたかった。
e0171821_17271068.jpg
正面から見ると、こんな感じです。
e0171821_17271772.jpg
ということで、記念に一枚(笑)
e0171821_17272655.jpg
お庭の方は睡蓮が咲き始めていましたが、午後も遅くなっていたので閉じかけていました。睡蓮は、やはり朝でないと…。
でも、可憐な白の睡蓮も良いものです。
e0171821_17273029.jpg
睡蓮の庭の反対側から見ると、こんな感じ。
ここでも緑が床写りしてますね。
e0171821_17273499.jpg
さすがに疲れたので、中心街に出て珈琲を…。
六曜社は、昔のままで何故かホッとします。
ホテルにチェックインして、今夜は以前に行った「祇園ろはん」の姉妹店に…。
楽しみです。



[PR]
by dairoku126 | 2017-06-20 17:50 | | Comments(0)

昨日は、ゲストが二人。

e0171821_17143650.jpg
夏至も近くなって、代官山への道を歩いていても夕景が美しい。
雲の色が、黄昏感を盛り上げてくれます。
e0171821_17143974.jpg
昨日も中野さんのバンドと一緒。
我々は、ゲストが二人。どちらも、女性ヴォーカリストです。
ヴォーカルに行く前に、思い切りインストをやりましたけど…。
e0171821_17144408.jpg
こちらは、N.Y.で唄の勉強をしてきたというノンちゃん。
なかなかに伴奏に厳しい方です。
そして、もう一人がマキちゃん。レザールの忘年会で知り合った女性です。
前にも、遊びに来てくれたことがあるので彼女とは経験済み。

ヴォーカルの伴奏は、いきなり譜面を渡されて楽器で演るのと違うキーになることが多いので、やはり緊張します。必死に譜面を見ている感じが分かるでしょう。
またコード付けした人の癖があるので、「ここにこのコードかぁ!」ということもしばしば。
そういう意味からも上手く出来たときには、嬉しいし、楽しい。

また、遊びに来てください。

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-20 17:26 | 音楽 | Comments(0)

日本代表vsアイルランド 第1戦

e0171821_10022631.png
残念ながら、完敗でしたね。
アイルランドは英国選抜チーム、ブリティッシュ&アイルランド・ライオンズの南半球遠征に11人が参加ということで、実質は1・5軍みたいなもの。
また、過去にも日本代表がスコットランドなどから金星を挙げたのは6月の高温多湿な天候に味方されてということが多かったので、大いに期待が持てたのですが…。
やはり、ニュージーランドやイギリスの連勝記録を止めた世界4位の底力は侮れなかった。

ラインアウトは、マイケル・リーチが加わってから安定してきたものの、スクラムがこの試合でも通用しなかった。日本がスクラムからクリーンにボールを出せたのは、前半は一回も無かったんじゃないかな?
逆にマイボールを奪われて、トライに持って行かれたことも。

それとSH、SOから上げるキックの精度が低かった。
味方が追いつけないようなキックを蹴っても、攻撃権を相手に渡しているだけ。11番のアールズの走りを止められなかったことも大きかったですね。
何よりもSH田中の出来が悪すぎた。
早い展開に持ち込もうにも、頑張ってボールを確保したラックにSHが遅れている。
その間にディフェンス網が整備されては、ゲームプランが成立しないのでは…。
そんなシーンがしばしば見受けられました。

SHが流に変わった後半途中からラックの球出しが早くなり、見事に3トライを獲ったじゃないですか!当然、アイルランドも日本の分析をしてきて速い展開に対処するように対策を取って来たのでしょうが、それでもトライを獲れたのですから…。
逆にアイルランドが、前半は日本のお株を奪うように速い展開を仕掛けてきていた。

ジョセフ監督が、かなり激怒していたようだから第2戦は先発メンバーがかなり変わるかもしれませんね。

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-18 10:25 | スポーツ | Comments(0)