<   2017年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2月に読んで、面白かったのは…。

e0171821_09245244.jpg今月は、それほど大量に読書が出来た訳ではありませんが、その中で面白かったのは、まずはこの本。
脳科学者の中野信子の書いた「サイコパス」。
平気で嘘をつき、罪悪感ゼロ!外見は、魅力的で社交的。
他人の痛みや倫理観に「共感性」が希薄で、冷酷そのもの。
そのくせプレゼンテーション能力に長けているし、相手の感情を読み取りコントロールするのは得意。
恐怖や不安、緊張を感じにくく、大舞台でも堂々として見える…等々、サイコパスの特長を挙げていくとトーマス・ハリスの小説「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクター教授のような凶悪な犯罪者を思い浮かべるかもしれませんが、むしろ社会の成功者として認識されている人も居る。

サイコパスといわれる人たちのことが脳科学の進歩により、脳のどこが未発達なのか解明していく本です。アメリカでは100人に4人、人類全体では100人に1人の割合で存在するとか。
激烈な競争社会を勝ち抜いて行くには、このような傾向を持った人の方が生き残れる可能性は高いですよね。
だから、大企業の幹部や弁護士など「勝ち組サイコパス」も、かなりの割合で存在するとか。
この本を読んでいて、織田信長とかチェーザレ・ボルジアなどの顔が浮かんできましたが、「勝ち組」の最たるものはスティーブ・ジョブスというのには驚きました。
確かに、プレゼンテーションの巧さは抜群です。

そう思いながら、読んで行くと「あの人は…?」と思い当たるのが何人も居るし…。
マスコミ業界にも多いらしいし。

いや、あっという間に読み終えてしまいました。

e0171821_09531734.jpg
こちらは、谷川俊太郎+和田誠が35年前に上梓した本が文庫化されたもの。「耳かき」「犬」とか「ゼロ」など身近にあるものにまつわる想いを詩人らしい感性で綴った本。
その文章に対して、和田誠がイラストをつけている。
この両人に共通した身の回りのものに対する「やさしさ」を感じさせてくれる仕上がりになっています。

身の回りにある何気ないものから意味を見つけたり、愛着を感じたりと読みながら気持ちがホンワカと温かくなる文章&イラストの共同作業です。中には「和田誠さんが、どんな絵をつけるのか?」というような部分もあり、二人で楽しみながら作った本だということが分かります。

この本だけでなく、このところ読む本に「ちくま文庫」の割合が増えているような気がする。
編集者の趣味(?)というか、セレクションが僕の趣向に合っているのかな?

[PR]
by dairoku126 | 2017-02-28 10:15 | | Comments(0)

2月は、「逃げる!」。

e0171821_09065842.jpg
早いもので、今日で2月も終わり。
28日しかないから、いつもの月より早く感じるのでしょうが、まさに2月は、「逃げる!」。
言い得て妙!ですよね。

ということで、昨夜は2月最後のレザールでした。
対バンドが中野さんのトリオということで、ピアニストがチャン・リー・ホの掛け持ちになってしまうので先に集まったトリオから演奏が始まりました。
相変わらず、中野さんのベースは素晴らしい!のひとこと。
思わず聴き惚れました。

我々は、テナーサックスのT君が翌日の予定があるというので1stステージだけ。
気合いが入りすぎて、1曲が長くなってしまい、ママにお小言を…。
2ndステージは、アルトのK君の持ち曲をやりましたが、意識的に短めにやりました(笑)

スタートが遅かったので終わった時に時計を見ると、すでに新宿ラインの最終には間に合わない時間。
品川周りで帰って来ましたが、いや寒かった。
一昨日が温かかったので、余計に寒く感じたのでしょうが、それにしても寒かった。

明日から、3月。
いよいよ、春の足音が聞こえてきそうですが、油断してはいけませんね。

[PR]
by dairoku126 | 2017-02-28 09:23 | アウトリガー | Comments(0)

天使の誘惑。

e0171821_14462311.jpg
バレンタインにもらったチョコレートですが、なんとワインの樽で寝かした芋焼酎入り。
いや、美味しかった!
どうやら、この焼酎のネーミングが「天使の誘惑」だったのですね。
確かにネットで見ると、焼酎とは思えぬ値段。
つらつら考えるに(大した考えでは無いけど…)、日本人というのは差別化することが大好きなようで、すでに完成されたプロセスにさらに手を加えて新たな価値観を付け加えることに長けているようです。

焼酎でいえば「百年の孤独」あたりがハシリでしょうか?
僕が九州に住んでいた頃に、すでにシェリーの樽で寝かした焼酎ということで評判でしたが、段ボール系のパッケージは当時流行だったニッカの「ピュアモルツ」をパクった印象がありました。いまや、本家のピュアモルツは姿もないですが…。
値段も当時の3倍くらいに跳ね上がっている。ビックリです。
気軽に買える値段じゃ無いよね。

このチョコレートを食べながら、僕が思い浮かべたのは黛ジュンの「天使の誘惑」の方です。実は…。

あの唄に似たホロ苦さと甘さが、この生チョコから感じたからなのかな。




[PR]
by dairoku126 | 2017-02-27 15:04 | 食べ物 | Comments(0)

2年目のサンウルブスは、厳しいスタート。

e0171821_21344625.png
サンウルブスの2年目のシーズンが開幕しました。
初戦の相手は、昨年度のスーパーラグビー・チャンピオン”ハリケーンズ”。
勝負はどうあれ、どんなラグビーを見せてくれるのか、それが楽しみの試合でした。
試合開始のホィッスルが鳴った途端に、レベルの違いを存分に見せつけられる幕開け。
結果として、苦いスタートとなりました。

いやはや、どれだけタックルされてもオフロードでどんどん繋がれてしまう。
サンウルブスは、先発メンバーのうちSRデビューをした選手が9人。
田中や立川、田村兄など一昨年のW杯で活躍した選手はケガで出場できず、若手にSRを経験させる試合になってしまいました。
やはり準備不足は否めない。コミュニケーションが取れていない感じ。
特に前半の立ち上がりからディフェンスでそれが目立ちました。
田村弟が、先発のスタンドオフだもんなぁ。まぁ、2軍感は否めないよね。

トライを獲られた後のキックオフでも、深く蹴って相手のFW陣を下がらせることをすれば良いのに、懲りずに浅く蹴って相手FWの突進から繋がれてトライを奪われるということを繰り返していた。さすがに途中からフィルヨーンが出てきて、深く蹴り込んでいましたが…。

昨年の課題だったスクラムやラインアウトなどは、改善されていたのは良かった。
これから試合を重ねるごとに、ケガをしている主力組が復帰してきたり、チームとしての熟成度が高まった時にどうなるか?楽しみなことですが…。
それにしても、ハリケーンズの選手たちのレベルの高さ、凄みは格段に違う。
純粋に良いラグビーのお手本を見せてもらったような気がします。

[PR]
by dairoku126 | 2017-02-26 21:57 | スポーツ | Comments(0)

今日は、取材で…

e0171821_15164356.jpg
今日は、取材があるということで急遽集まったメンバーで…。
寒さ知らずのSさんは、ハワイ帰りということもあり、ますます日焼けが目立つ。
この人が写真に入ると季節感がおかしくなります(笑)
e0171821_15164723.jpg
我々がカヌーの準備をしている間に、こちらは取材の準備。
機材を選んだり、大荷物です。
e0171821_15165323.jpg
ということで、「今度は富士山バックで…」とか「2艇併走して…」などと注文が入る。
久しぶりのステアでしたが、カメラアングルなどを計算して走らせるのは面白い。
普段の練習の漕ぎとは違い、小休止が多かったのですが…。
温かいし、風もほとんど無いので苦になりません。

それでも、なんだかんだと8km近くは漕ぎました。




[PR]
by dairoku126 | 2017-02-26 15:28 | アウトリガー | Comments(0)

残念ながら…

e0171821_10483013.jpg
今日の練習は、ひとり体調不良が出たので人数が足らず、やむなく中止。
残念ですが、無理をすることはないので…。
その代わり、緩み始めていたリグを締め直して来ました。
e0171821_10502845.jpg
今日の材木座海岸は、風もないのでウィンドの若者たちも居ない。
のんびりとした風景が広がっていました。
稲村越しに富士山が見えているのですが、分かるかな?
先日の南風で雪がだいぶ溶けてきたようです。

[PR]
by dairoku126 | 2017-02-25 10:52 | アウトリガー | Comments(0)

明日も、荒れそうなので…。

e0171821_12575395.jpg
明日も強い南風が入る予報なので、艇庫に行ってきました。
このアングルは、最近見つけた場所からのもので、材木座海岸を横から見ルことが出来る。
ウィンドの学生さんたちが、微風ながら次々に出艇していました。
e0171821_12575864.jpg
クルマを止めたところから、歩いて艇庫へ。
薄雲が拡がり始めたせいか、空気はヒンヤリとしたままです。
この艇庫の前の道は、ほぼ真西に向いているので、先日の”春一番”が吹き荒れた時にも艇庫は風をかわす方角なので心配はしていませんでした。
e0171821_12580299.jpg
着いてみると、この前の強風でホコリまみれになってはいるものの、置いてあるカヌーは影響を受けた形跡はなし。念のため、ロープを締め直して来ましたが…。
道が空いてさえいれば、これだけの作業をしても往復1時間もかからない。
鎌倉が近いようで遠く、遠いようで近く感じるのは、134号線の混み具合のせいだということが良く分かります。

まぁ、有意義な午前中のお仕事でした。

[PR]
by dairoku126 | 2017-02-22 13:13 | アウトリガー | Comments(0)

奄美から、到着!

e0171821_13485189.jpg
奄美の友人が作っているタンカン、去年はコバエが発生して奄美から出荷停止になっていましたが、無事にコバエの駆除が出来たようで出荷できるようになったとか。
案内をもらったメールに即返信で申し込んだら、届きました。
クロネコからのお知らせでは、昨日に配達予定だったんだけど、あの強風で滞ってしまったんでしょうね。今日の配達になりました。
開いてみると、オレンジ色のタンカンが目にも鮮やか。
e0171821_13485793.jpg
早速に食べてみましたが、まさに完熟タンカンの名前どおりの美味しさ。
ちょうど、聴いていたラジオ”ジェーン・スー 生活は躍る”で、フルーツしか食べないで8年間を過ごしてきた中野瑞樹氏がフルーツのことを話していたのもタイミングが良すぎるほど。
空腹時にフルーツを食べると血糖値が上がらないということなので、起き抜けに食べるのが良いのかもしれませんね。もっとも、血糖値のことが気になるわけでは無いのですが…。

さぁ、これから毎日目覚めるのがが楽しみだなぁ。


[PR]
by dairoku126 | 2017-02-21 14:02 | 食べ物 | Comments(0)

今度は、ラリー・コリエルが…

e0171821_13131613.jpg
昨年の暮れから、アーティストの訃報が続いてますが、またまた大好きなギタリストが…。
Facebookを見ていたら、ラリー・コリエル訃報が出ていました。
まだ、73歳だったんですね。若いのに…。

1967年にゲーリー・バートンが結成したクァルテットに、ギタリストとして起用されジャズの世界にロックのイディオムを持ち込んだ時から大好きなギタリストでした。このクァルテットが来日したときにはギタリストが変わっていて、ちょっとガッカリした想い出も…。
e0171821_13132287.jpg
若い時の風貌は、こんな感じ。
ジャズというよりはロッカーというスタイルでした。
ギブソンから送られたSuper400を弾きこなす姿はカッコ良かった。
とにかく衝撃的なプレー・スタイルで、なおかつ魅力的なフレージングの持ち主。
テクニックも素晴らしく、オーレックス・ジャズフェスティバルで来日したときにはNHKで演っていたリハーサルをコッソリと見に行きましたが、どこのフレットでもピックと指でミュートするようにハーモニックスを奏でてしまうのは驚きでした。

クラシック・ギターの山下和仁さんとヴィヴァルディの”四季”をギターによる二重奏で演じてみたり、誰よりも早くフュージョンの世界観を創り上げたギタリストでもあったし。

年齢を重ねるごとに味のある演奏をする良いギタリストになっていくのも楽しみでした。
このブログでも、Ron Carter”In Memory of Jim"というコラムでラリー・コリエルのことはたっぷりと書いてましたね。まだ、73歳なのに残念です。

彼の音楽は常に新しいアプローチがあって、ホントに楽しみでした。

合掌!


[PR]
by dairoku126 | 2017-02-21 13:42 | 音楽 | Comments(0)

ふー、大変だった。

e0171821_09155842.jpg
”春2番”? 南西からの強風で、東海道線のダイアが乱れているというJRのアプリ情報。
弦の張り替えをやろうと家をいつもより早くに出たのですが、藤沢駅に着いたら全面的にストップしてました。
小田急を使うか迷いましたが、バスで戸塚駅まで出て横須賀線に乗った方が良さそうだと判断して、バス乗り場に…。大船行きはメチャ混みでしたが、戸塚行きは座れました。

戸塚に着いたら、すぐに横須賀線が来たので横浜まで行き、東横線に乗り換えて代官山へ。
心配した雨も傘が要らないほど。それでも3時間近くかかりました。ふーっ。

前のグループが演っていたので、その間に弦の張り替え。
e0171821_09160382.jpg
やはり、新しい弦は気持ち良く弾けます。
2セットを楽しく演奏できたし、途中から来店した女性の唄伴も…。

気持ち良く弾いてたら、終わってからベースのジーキマに褒められました。
褒められて育つ性格ですから、嬉しいよね。

さて、帰りは未だに電車の混乱は続いて居る。
新宿ラインの最終は5分遅れで来たものの、恵比寿を出てから横須賀線と交わるところで横須賀線を優先するために長時間停車。それからも駅の手前でホームに溜まった横須賀線が出るのを待つために駅の手前で停車したりと、いつもに比べて30分以上時間がかかりました。
e0171821_09160880.jpg
家に帰ったら、洗ったばかりの車が再び塩&ホコリまみれになってました。

ということで、今日は朝から家とクルマに水浴びさせることに…。
まぁ、なんとか気持ち良くなったかな。



[PR]
by dairoku126 | 2017-02-21 09:31 | 音楽 | Comments(0)