<   2016年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

映画『ブルーに生まれついて』


e0171821_10490979.jpg
チェット・ベイカーを描いた映画ですが、ジャズマンを描いた映画ってドラッグとの闘いになってしまうんですよね。どうしても…。
チャーリー・パーカーを描いたクリント・イーストウッド監督の「バード」とか、ベルトラン・テベルニェ監督の「ラウンド・ミッドナイト」とか。
そして、カルバン・クラインの広告で有名になった写真家・ブルース・ウェーバーが撮影したチェット・ベイカー本人が出演した自伝的ドキュメント映画「Let's Get Lost」も良かった。

ジャズ界のジェームス・ディーンと呼ばれたチェット・ベイカーは、僕も大好きで良く聴いていたので、この映画が上映されると知ったときから必ず見ようと思っていました。
チラシで見た限り主演男優のイーサン・ホークは、確かにチェット・ベイカーの雰囲気を漂わせていたし…。
Bunkamuraのル・シネマに着くと、待合室にはジャズ大好きという風情の爺さんが多い。
まぁ、人のことは言えませんけど(笑)
前の上映が終わって劇場から出てきた中に代官山レザールで知り合った後輩シライシ君も…。
声をかけたら「会社サボってきたので内緒にお願いします」と言われてしまった。
e0171821_10492316.jpg
まぁ、観ての感想ですが、上記に上げた映画よりは、ちょっとね…という感じです。
深く感動するという映画では無かった。

確かに当時の時代感は良く描いてあるし、チェットのレコード・ジャケットにあった写真を再現したような構図とか映像そのものは美しい。
パシフィック・ジャズ・レコードの社長でチェットを支えて来たディック・ボックの家やスタジオなどは、いかにも西海岸という雰囲気です。
イーサン・ホーク自身がトランペットとヴォーカルの特訓を受けて、チェットのように歌ったり、トランペットを吹いたりするのですが、そこにチェット本人の「味」が欠けてしまっているからなのかもしれない。だから、演奏シーンもワンコーラスで終わってしまい、チェットの音楽に浸りきるところまで行かないからかもしれない。なんか、尻切れトンボのような感じ。
もっとも、チェットをそれほど聴いてない人だったら良い感じに受け止めると思いますよ。
それくらいイーサン・ホークの歌唱もラッパも良い感じに仕上げているから…。

共演した女優カルメン・イジョゴは素晴らしかったけどね。とても、良い女優さんです。
ただ、このチェットを支えてカムバックさせるジェーンという女性そのものが、フィクションだしなぁ。

マイルス・ディヴィスとかディジー・ガレスピー役の俳優さんがよく似ている。
でも、チェットはどれだけ人気があっても、レコードが売れても、この二人を超えられないというという葛藤があったのでしょうね。白人というだけで、N.Y.のジャズ・シーンでは常に劣等感に苛まれるほどのジャズ界の逆人種差別があったようだし。
全編を通して、鳴り物入りで出演した最初のバードランドでマイルスにコケにされたトラウマがクスリに走らせ、せっかく更生したと思ったら、カムバック後にディジーが奔走して実現したバードランドで、再び二人を前に演奏する時に耐えきれずにクスリをやってしまうというところで終わります。彼の演奏を聴きながらクスリをやったことを直感したジェーンが消え去るラストシーンが印象的でしたね。






[PR]
by dairoku126 | 2016-11-29 11:46 | 文化 | Comments(0)

寒くなったけど…

e0171821_10260716.jpg
代官山へと向かう道も、落ち葉がカサコソと音を立てるようになりました。
昨夜は、3つのバンドが交代で演奏しました。
とはいえ、2つのバンドからベースの中野さんとピアノのチャン・リー・ホにドラムの三宅君が加わるトリオ(実は、このトリオが一番上手いし、聴き応えがあるんですけど…)というパターン。だから、2ndセットに移る時も誰かが居残りということになります。

我々のバンドは、アルトサックスのヤシコバ君が復活の兆しを見せてきているので、ギターカルテットでスタートして、彼の出来る曲をチョイスして…という感じで演奏をした次第。
僕自身は、この直前にチェット・ベイカーを描いた「ブルーに生まれついて」という映画を見たばかりなので、ジャジーなムードになっていましたが…。

このところ、練習だけは欠かさなかったので、それなりに良い感じで出来た曲もあったし。
やはり、練習は大事ですね。

[PR]
by dairoku126 | 2016-11-29 10:48 | 音楽 | Comments(0)

Japan vs. Fiji

e0171821_14004484.png
秋のテストマッチ月間の最終戦となるフィジー戦、フランスで行われました。
試合は残念ながら、フィジーの望むような試合展開で進み、後半フィジーがバテてきてから日本のトライで追い上げたものの、前半の30分過ぎにフィジーが退場者を出して14人となったにもかかわらず負けてしまいました。
今回のテストマッチ月間は、4試合で1勝3敗。なんといってもウェールズ戦が惜しまれる。

フィジーはフランス・リーグに所属する選手が多いせいか、画面から伝わる寒さにも慣れているようで、最初から動きが良かった。日本代表は試合の入りから受けてしまうカタチになり、自分たちの得意とするカタチに持ち込めない。この前半の流れが最後まで響きました。
特にディフェンスで相手の動きが読めずに、簡単に抜かれてしまったり、タックルしても繋がれたりとフィジー独特のラグビーに初代表組が戸惑うシーンも見受けられました。
こんな相手と闘うには、経験を積むしかないのでしょうね。
相手の動きを分析はしているのでしょうが、実際に体感してみないと分からないんでしょう。

ウェールズ戦の熱闘で疲れが溜まっていたのでしょうか?
相手の動きにワンテンポ遅れてしまい、前半に3トライを与えてしまった。
それにしても、ノックオンなどでボールがこぼれたりすると、それを拾って一気にカウンターからトライに結びつけてしまうスピードとつなぎはフィジーのお家芸のようなもの。
特に11番のナドロは素晴らしい出来でした。

日本代表は今回もキックを多用する作戦で臨みましたが、そのキックをキャッチしてからのカウンターが凄かった。バックスと言っても体型を見るとFWのような選手がスピードに乗って走り込んでくるからディフェンスも受けに回るしかない。

その意味からも、もっと相手を疲れさせるような作戦を選択した方が良かったのかも…。
実際に、後半にバテて来てからは、日本代表のペースで試合を進められましたからね。
それでも、リーチや五郎丸など昨年のW杯での主力となった選手が抜けても、これだけの試合が出来るようになったのは素晴らしいこと。
勝っておけばランキングも上がり、2019年W杯での組み合わせ抽選でも有利になったはずなのですけど残念ですね。



[PR]
by dairoku126 | 2016-11-27 14:27 | スポーツ | Comments(0)

快晴なれど、風寒し。

e0171821_13565606.jpg
一昨日の寒波が居座っているようで、晴れているのに風が冷たい。
それでも、ちゃんと集まりました。気温がヒトケタにもかかわらず。
残念ながら富士山は雲隠れしてしまっているけど、視界はきわめて良好なコンディション。
e0171821_13565960.jpg
陸上は寒いけど、漕いでいて海水に手がつかると温かい!
まだまだ、11月ですものね。
今日は、どちらかというとヨットやウィンドなど風を動力とするスポーツにとっては最高のコンディションだったのでしょう。みんな気持ちよさそうに走っていました。
e0171821_13570571.jpg
今日はユータがステアに入っての3番。
指示するのに慣れてないというか、先輩に対しての遠慮があるのでしょうね。
とても、丁寧な言葉遣いで可愛かった。

そろそろ、週1回くらいでも良いかな?
寒いのに無理することはないものね。




[PR]
by dairoku126 | 2016-11-26 14:06 | アウトリガー | Comments(0)

11月なのに、雪なんて…

e0171821_10271193.jpg
まぁ、天気予報で言われていたことですから、雪が降るのは分かっていたんですけど、現実に目の当たりにすると「う〜ん」という感じになりますね。
やはり申年は「異変」の年なんでしょうか?

タイヤもスタッドレスに付け替えてあるから、冬支度は済んでいるのですが11月にスタッドレスにしたのなんて初めて。雪国のようですね。
例年だと年末に付け替えるんですけどね…。
ということで、家で温々と本でも読んでいよう。

[PR]
by dairoku126 | 2016-11-24 10:34 | 季節 | Comments(0)

早慶戦2016。

e0171821_10103382.png
ラクに勝てる試合を、落としてしまいましたね。いまだに悔しい。
終了2分前にPKを獲った時には、昨年のロスタイム逆転の仕返しが出来ると心躍ったのですが、まさか古田君があの距離を外すとは…。

まぁ敗因はハッキリしていますので、大学選手権に向けてキッチリと修正して欲しい。
それにしてもラインアウトがひどすぎた。
後半に選手を入れ替えてからは修正出来ましたが、前半にキッチリ出来ていれば展開は大きく違ったものになったでしょう。自分たちの強みを活かすことが出来ないまま前半を終了して、それでも1点差だったのですから…。

これで対抗戦4位が、ほぼ確定。
4位の方が大学選手権の組み合わせがマシ!という見方もあるようですが、その前に最後の青学戦でしっかりと勝つことが大事。
それにしても、悔しいな。


[PR]
by dairoku126 | 2016-11-24 10:26 | スポーツ | Comments(0)

明治vs帝京。

e0171821_13581285.png
ラグビー2連発、次は昨日行われた明治対帝京の試合。
明治がどこまで帝京の牙城に迫れるかが楽しみな試合でしたが、帝京が自分たちの闘いをしてキチッと勝ちきりました。

明治もカラダの強さを活かしてFW・BKともに縦突破を試みたのですが、帝京のディフェンスはふんわりと包み込むように受け止めて威力を削いでました。帝京のSO松田君の状況判断が素晴らしかった。相手ディフェンを見ながらパスしたり、キックで裏に転がしてウィング竹山君のスピードを活かしたりと無理せずにトライを取る算段をしていたのが印象に残りました。彼も含めて帝京の選手のラグビーIQは実に高いと言わざるを得ません。
早い話が、勝つ術を心得ている。

このブログを書き出した頃に、帝京のことを留学生頼みの”相撲ラグビー”と酷評したことを思えば、レベルの高いラグビーを完成させた岩出監督の指導力は素晴らしいものですね。

さぁ、次は23日の早慶戦。早稲田が相変わらずスクラムに拘った闘いをするか注目です。



[PR]
by dairoku126 | 2016-11-21 14:24 | スポーツ | Comments(0)

ジャパンvsウェールズ

e0171821_13305479.png
ラグビーの話、2連発で行きます。
まずは、カーディフで行われたウェールズとのテストマッチ。実に惜しい試合でした。
どちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、最後の7秒で負けてしまった。
この7秒にウェールズの意地とプライドが凝縮していたのかも…。

ジャパンがPGで先行するものの、後はウェールズが終始リードする展開。
前半終了間際に山田の60m独走トライで1点差に追いついていたのが、後半への勇気に繋がりましたね。独走になってから、場内のスクリーンに写る自分の姿を見上げながら走っているのも山田らしかった(笑)それとも、追いかけてくる選手の有無を確認していたのかな?
e0171821_13310013.png
課題だったFWのセットピース(スクラム、ラインアウト)も、前週のジョージア戦からきっちりと修正されていました。
テストマッチ月間の最初の試合、アルゼンチン戦はジャパンのスコッドを結成してから時間が無かったからディフェンスも含めて課題山積と思われましたが、毎週の試合を重ねるごとに「One Team」というジョセフ・ジャパンの言葉通りにまとまりが出来ている。
MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に負けたジャパンのNo.8マフィーが選ばれるほど。

カーディフというウェールズの本拠地でのテストマッチは、過去にも日比野監督・松尾主将での伝説の試合も含めジャパンは良い試合をしてきたから、7万人を超えるお客さんが入ったのでしょう。J-Sportsで録画しておいたものを見ていると、後半の残り時間10分くらいにジャパンが30-30に追いつくと、場内はシーンと静まりかえってしまいました。
この試合展開ならウェールズが負けるかもしれない…と思うほど、ジャパンの闘いぶりは時間が進むにつれて相手を圧倒していたから。

日本のトライは、すべてグランド中央で攻め立てて相手を引きつけておいてから手薄になった外への展開でウィングがトライを決めたもの。
その局面を作り出すためにFWとBKが相手ディフェンスに圧力をかけ続ける努力を怠らなかったから生まれたトライでした。それにしても、W杯組とサンウルブスを含むスーパーラグビーに出ていた選手たちは、溌剌としたプレーぶり。
かつてのように外人相手の試合だからといって気後れするような素振りも見えません。
やはり、経験値と成功体験がジャパンの選手たちの意識を変えたのでしょう。

わずか、3戦目でここまでチームを進化させたジョセフ監督の手腕は凄いものです。
次は、フィジー戦。ある意味では、日本が苦手とする相手かもしれませんね。
あのスピードと変幻自在なラグビーに、どう対応するか楽しみです。

P.S.
日本のディフェンスを褒めるのを忘れてた。
アルゼンチン戦に比べれば、かなり修正されてきていました。
低いタックルが決まるのを見ているのは、気持ち良い。

特に山田は攻守共に大活躍でしたね。
松島がライン参加するときには、ちゃんと戻ってフルバックのポジション取りをしていたり、随所でタックルを決めていました。



[PR]
by dairoku126 | 2016-11-21 13:57 | スポーツ | Comments(0)

うららかな日曜日。

e0171821_16033296.jpg
予想よりも雨が上がるのが遅れたせいか、一面のもやに包まれた朝でした。
Waileaのページを見ると、「駐車場がすでに一杯です」との書き込みが…。
予定よりも早くに家を出て鎌倉に向かうと、もやが立ちこめた海にはクッキリとうねりのラインが美しい。サイズこそないものの、この雨を降らせた低気圧からのうねりなんでしょう。
稲村のあたりから、日が差してもやが飛び始めました。風も弱く、最高のコンディション。
e0171821_16034309.jpg
ということで、2艇をすばやくセッティングして沖に向かいました。
うららかな日差しの中、沖に出る途中からうねりの背中を超えるのが楽しい。
風が東に回り始めていたので、葉山方面に向かって走りました。
帰りには風とうねりの方向が一致するので、楽しいダウンウィンドが出来るはず。
e0171821_16041278.jpg
若者組は、つねに先行していて、追いつくのは休みの時。
御用邸の前で、僕がカヌーを始めた頃にクラブに居たケイちゃんがSUPのスクールをやっていた。彼に会うのは何年ぶりだろう?
e0171821_16045320.jpg
帰りは予想通りに風が南東に振れ始め、うねりの方向も揃っていたのでよく走る。
カブネポイントのところで、波乗りをしようと待っているとGood Swellが入って来ました。潮が上げ気味だったのでなかなか乗りにくかったけど、1本だけ気持ち良く乗れて気分は最高!
e0171821_16051926.jpg
片付けを終わってクラブハウスに帰ったら、オーナーが蒸籠で中華まんを蒸している。
この時期には欠かせない行事だとのこと。年末には餅つきもあるらしい。
e0171821_16051028.jpg
早速、蒸し上がった中華まんをありがたくご馳走になりました。
腹ペコで帰って来た身には、ホカホカの中華まんは実にありがたい。
気持ちまで温かくなりました。

帰路は、ナビに海沿いの道は渋滞の真っ赤なマークが出ていたので鎌倉山経由で…。
うららかな日差しにTシャツで運転していてもエアコンを入れるほどの陽気でした。
明日から、また寒くなるようですね。








[PR]
by dairoku126 | 2016-11-20 16:28 | アウトリガー | Comments(0)

クラブハウスが…

e0171821_14295776.jpg
生憎の雨で漕ぐことは出来なかったけど、有志が集まってクラブハウスの引っ越し。
現在、お世話になっているCRBのすぐ横の2階のアパートがクラブハウスになります。
ということで、ソファや食器棚などを運び込みました。
これからは、ミーティングや外のデッキでBBQも出来る。

居心地の良いクラブハウスになるでしょう。
鎌倉の花火も見物できるね!と話していたら、代表から「花火の時はカヌーを出して海から見よう」との提案。
いっそダブルハルにして、お客さんを募集しますか?


[PR]
by dairoku126 | 2016-11-19 14:38 | アウトリガー | Comments(0)