<   2016年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

昨夜は、久しぶりのギターDuo!

e0171821_1163514.jpg
またしても、小雨模様の代官山Lezard。どうしてなんでしょうね?
ピアノのチャン・リー・ホも同感のようで、不思議がってました。

さて、昨夜はテナーサックスがお休み。
ギター・カルテットの予定だったのですが、思いついてハナちゃんに連絡したらOK!ということなので久しぶりのギターDuoを…。
昔、L.A.のギターセンターで買ってきたというGibsonのES335を持って来てくれました。
e0171821_1164338.jpg
ということで1st.セットは、ギターDuoを中心に…。いやぁ、楽しかった!
仕事を中抜けして来てくれたので、彼は1st.セットで仕事に戻りました。
ホントにありがとね。また、一緒にやろうね。

2nd.セットは、これまた久しぶりにアルトサックスを吹き始めたK林君を入れて…。
彼は、いつもヴォーカルで参加してきたのですが、スキャットのフレーズがアルトを吹いているかのようなのはアタマの中でちゃんと音楽が鳴っている証拠。
”Blues in the Closet"とか”Old Folks"などを一緒にやりました。
音程こそ?な部分もありましたが、ちゃんとジャズしてる!
みんなに”唄より良いよ、音程意外はね”(笑)と言われてました。
音程は、楽器を治さないとダメなところもあるらしい。

ということで、みんな早上がりだったのですが、対バンドが以前に一緒にやっていたバンドだったので、これまた久しぶりに一緒に遊ばせて貰いました。
帰りには雨も上がっていたし、気持ちよく音楽させて貰った一夜でした。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-31 11:24 | 音楽 | Comments(0)

日本代表vs.香港代表 第2戦

e0171821_13474067.png
アジアチャンピオンシップの日本代表最終戦。これまでトライを与えて居ません。
昨年のW杯組が一人も居ない「ヤングジャパン」とか「一軍半」とか言われながらも、このディフェンス力は立派な成績。昨年の同じ大会でエディ・ジャパンが勝つには勝ったけど、苦労したことを思えば彼らの成果は賞賛すべきものです。
…ということで、結果はこちら。59ー17で全勝優勝を飾りました。

試合開始早々、いきなりトライか?という勢いで攻め込んだものの、逸りすぎて冷静なプレーが出来ず、逆に相手にPGを決められるという立ち上がり。その後も意識が空回りしているうちに今大会初のトライを献上してしまい10点のビハインドで20分が経過してしまう。
それでも最初のトライを奪うと、徐々に落ち着きを取り戻して普段通りのプレーが出来るようになって前半は24-10で終了。

後半に入ると、まったく日本のペース。
次々にトライを重ねて、危なげない勝利へと邁進していきました。

僕が見ていて目立ったのは、12番の石橋。攻守に冴え渡っていた。
自身の2トライを始め、13番の前田のトライを生んだラストパスは相手を2人引きつけてタックルを受けながら相手の背中越しに渡したもの。
パスを受けた前田の前には相手の選手は一人も居ませんでした。

それと、8番と14番の東海大勢。高校時代から日本でプレーをしているので、コミュニケーションに問題はないし、日本代表の目指すラグビーがちゃんと理解できている。
恵まれた体躯を活かしたプレーは、2019年の日本代表入りに向けて大きくアピール出来たことでしょう。今回のカナダ戦、スコットランド戦のスコッドには選ばれなかったけど…。

サンウルブスの試合は録画をしてあるものの、まだ見ていないので。いずれまた。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-30 14:10 | スポーツ | Comments(0)

キッズ達、頑張ってる。

e0171821_1333268.jpg
西浦に行ったら、キッズのクラスはすでに始まってました。
2班に分かれて、海に出てパドルをするグループを見送った後は浜辺でカラダを鍛えます。
タイヤを押したり、転がしたりとキツそうですが、子供達は楽しそうにやっていました。
e0171821_133442.jpg
まずは、ウォーミングアップで川に…。
この時は6番のステアシート。一番後ろから眺めると、こんな景色になります。
e0171821_1335211.jpg
ウォーミングアップが終わって、海に出る時には1番シートに…。
前には誰も居ません。
風が強かったり、海面が荒れている時は、飛沫をまともに受ける場所。

西浜橋をスタートして、江の島をグルッと回り、ハーバー前から弁天橋をくぐって再び川に入り、134号線の橋までのコース。結構、気持ちよく走りました。
隣の壮年組と良い勝負が出来たし、あちらはハーバー前の海面を大回りしたから、ゴールはこちらが先に…。最後は、気合いでピッチを上げてやったし。
まぁ、大人げないというか(笑)
e0171821_134297.jpg
片付けを終わってから海を見たら、ちょうどキッズのリトルクラスの練習が始まったところ。
小さくても、しっかりとカヌーを漕いで行きました。
ダブルパドルの方も、あっと言う間に習得しちゃったし。
子供の吸収力には、毎回驚かされます。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-28 13:19 | アウトリガー | Comments(0)

昨夜は、人形町へ。

e0171821_104464.jpg

昨夜は、TV東京コミュニケーションズのK氏の結婚を祝う会。
K氏とは会社時代のみならず代官山のライブに結婚相手のスペイン人女性(素晴らしいアーティスト)と何回か一緒に来てくださったし…。
人形町の割烹居酒屋に列席したのは、日本のキャラクタービジネス界の重鎮ばかり。
まぁ、僕がそこに居るのは役不足という感じもあるのですが、みなさまは僕の父親のビジネスパートナーでもあったので、後を継いだ兄も一緒に出席しました。
僕が会社時代にキャラクター関係の部署を作った時に、不慣れなキャラクタービジネスの手ほどきをしていただいた方達です。父親のレガシーを実感した次第。

とはいえ、お酒が入ってしまえば、後は和気藹々と話が弾んで楽しい会になりました。
お二人の出会いの話など、そうだったのかぁ!という話もありましたし…。

日本酒のリストから僕が選んだのは、写真の通り”新政”のNo.6というお酒。
やはり、この「6」というラベルを見たら呑まずには居られないでしょう(笑)
しっかりとした、辛口の良いお酒でした。
e0171821_9463966.jpg
「魚や きてれつ」という店名どおり魚が中心のメニューでしたが、この山椒の効いた野菜のスープは、口の中がサッパリして美味しかった!
その後に出た「蟹味噌のコロッケ」というのも、濃厚で印象に残りました。
まぁ、お二人の「幸せ」のお裾分けとしては、過分に「口福」をいただいたようで…。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-27 09:54 | 友人 | Comments(0)

”文豪”たちの美術展めぐり。

e0171821_144538.jpg
日本橋のOIKAWAという割烹で結婚記念日のご飯を食べようと思っていたのですが、今年は連休だったので肝心のお店が休み。仕方がないので予約が取れる日にしようと延ばしていたのですが、ちょうど面白そうな展覧会が開催中だったので、ついでに行ってきました。
どちらも、予想を上回る内容で”眼福”という言葉を実感した次第。

まずは、東京駅のステーション・ギャラリーで開催中の「川端康成コレクション」を見に…。
実に素晴らしいコレクションです。
蒐集したものもあるのでしょうけど、交友関係で贈られたとか、ノーベル賞のお祝いで貰ったものも含めて、そんじょそこらの美術館よりも充実した美術品や絵画があったんですね、川端家には…。こちらのリストを見るだけでお分かりでしょう。
本の挿絵や装丁用に描かれたものもあるのでしょうが、東山魁夷の絵にしても家に飾るサイズのものは他の美術館ではあまり見ないものなので、かえって新鮮でした。
ポスターで川端康成が眺めているのが、ロダンの彫刻。
これも小さいものですが、存在感が違います。
愛用の灰皿は富本憲吉、器は北大路魯山人と贅沢なラインナップでした。
”若冲展”と違ってガラ空きなので、心ゆくまで楽しめました。
e0171821_14471578.jpg
ミュージアムショップまで行くのは、駅の真上の回廊。
気持ちが弾みますね、この景色を上から見るのは…。
e0171821_14473057.jpg
東京駅から日本橋までは、歩きます。予約確認の電話では、品数が多そうなので少しでもお腹を減らしておこうという魂胆もあったし。約15分程度で着きました。
e0171821_14484247.jpg
入っていくと、カウンターで亭主の目の前の席。
ちょど、先付けの仕込みの真っ最中でした。加賀胡瓜というぶっとい胡瓜をくりぬいたものを器代わりに、先付けの品々を並べている。さすがに写真を撮るのは控えてしまいましたが、涼しげできれいに盛り付けていく様を見ているのは楽しい。
コースが始まり、次々に美味しいものが美しい器で出てきます。

この”ハモのおとし”が出てきた時には、たまらず「写真撮って良い?」…と。
後から話を聞くとFacebookでお店情報を発信しているほどの気さくさだったので最初から写真を撮っておけば良かった。
メインは”フカヒレとスッポンのスープ”、こんな上品なスッポンのスープは初めてでした。
e0171821_14474423.jpg
すっかり満ち足りた思いで、腹ごなしに日本橋界隈を散策。
e0171821_14475333.jpg
「にんべん」で鰹節を買ったり、「木屋」で豆腐すくいを買ったりしながら歩いていると、三越でウィンドウディスプレイを修正してた。こんな真っ昼間にやっているのは珍しい。
e0171821_1448533.jpg
「うさぎや」でどら焼きを買ってから、地下鉄で根津を目指します。
e0171821_1448151.jpg
根津で降りてから、本郷の弥生美術館を目指します。
こちらは「谷崎潤一郎文学の着物を見る」という展覧会。

確かに、谷崎のみならず小説を読んでいて「着物」のことが分からないと深いところが良く分からないということがあります。たとえば、映画「舞子は〜ん」でクドカンが植木等に「植木さん、足袋は白にしてください」と軽い気持ちで言ったら、植木さんが「なに?白足袋?それじゃ、俺の役は踊りのお師匠さんかなんかなの?」と聞き返され、クドカンが何のことやら分からず詰まってしまったということがあったようですが、それほど着物のことは実は難しいというか、普段の生活からかけ離れたものになってしまっている。

中に入ると、実に大正から昭和にかけての着物がずらりと並んでいる。
作品ごとに「あらすじ」と着物の関係が解説してあるのも、分かりやすい。
それにしても、着物の色とか柄というのは洋装のコーディネイトなんて概念が通用しないものですね。これは、やはり日本独自の「文化」です。

てな訳で中身の濃い一日でした。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-25 15:51 | | Comments(0)

ジーキマのN.Y.時代の友達が…

e0171821_14342384.jpg
昨日は、朝から出かけたので今から書くのは一昨日のこと。
我らがバンドのリーダーであるジーキマが、N.Y.に語学留学して居た時のスイス人の同級生が代官山に来てくれました。日本に友達と遊びに来たとのこと。
友達とはポルトガル語で話していたので、理由を聞くとスイス人といってもポルトガル系のスイス人で、現在はポルトガルで暮らしているとか…。
まさに陸続きの国々の人達の感覚ですね。我々、島国育ちとは意識が違う。
e0171821_1434348.jpg
この日は、中野さんのバンドが対バンド。ピアノがチャン・リー・ホで、ダブっている。
しかも、この日に限って普段は溢れているピアニストが誰一人来ないという事態に…。
ということで、チャン・リー・ホは、大忙しの夜でした。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-25 14:44 | 音楽 | Comments(0)

Paddling Challenge Solo 2016

e0171821_1739462.jpg
今日はOC-1を中心とした大会、パドチャレ・ソロを開催。
北東の風が強いものの、お天気は最高に晴れています。富士山も顔を見せてくれました。
私は競技の方は出ませんが、大会運営の手伝いに…。
e0171821_17395934.jpg
ロングコース(東浜から裕次郎灯台を回るコース)とショートコース(鎌高前のブイと東浜のブイを3周)の2種目がありますが、スタートは同時。昨年よりも参加艇数が減ったのが淋しいけど、約30艇が一斉に出て行きました。
e0171821_17401147.jpg
出艇してしまえば、後はゴールまでストップウォッチを止めないように気をつけているだけ。
ゴールに向かう艇が見え出すと、突然忙しくなります。
特に、最後まで競り合ってくると艇のナンバーを読み取る係は大変。
e0171821_1740265.jpg
こんな感じでタイムを取る係と、それを書き留めて行く係が2人1セットで2組。
そこから順位を決定していきます。
意外と疲れる仕事なんです。まぁ、お日様にずっと当たっていることもあるのでしょうけど…。

ということで、無事に終了。お疲れ様でした。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-22 18:01 | アウトリガー | Comments(0)

サンウルブスvs.レッズ

e0171821_17291295.png
五郎丸が先発して、日本代表の仲間相手にどんなプレイを見せるかが注目を集めた一戦。
レッズもオーストラリア・カンファレンスでは苦しい戦いが続いています。

試合開始からスクラムで劣勢に立たされたサンウルブスは、受けてしまっている感じ。
ペナルティを取られては、キックで攻め込まれ、ラインアウトからモールで崩すという徹底した戦い方で一気に差を開こうとするも、サンウルブスもディフェンスの穴を見つけてカーペンターがトライ。リードこそ奪えないものの、点差を離されることなくついて行けてました。ピシのPGも決まりだして、前半は、13-17。
スクラムも組み方を変えたようで、徐々に押されないように…。
後半に期待が広がりました。

後半は、またも開始直後にラインアウトからのトライを奪われるものの、山田のロングゲインから13番カーペンターの2つ目のトライ。その後、五郎丸にPGを決められたけど、堀江がうまいパスを出して、FLモリスがトライ。これで同点に並びました。
このトライを防ごうとして五郎丸が右肩を負傷して退場。今季は絶望とか…。

この時間帯はサンウルブスが果敢に攻めて、相手を圧倒しそうな感じになったものの、矢富のノッコンから相手にボールを奪われ、切り替えされてトライを奪われて7点差。
このプレーが明暗を分けましたね。その後、残り8分でPGを決められ、10点差になった時点で勝負あった。

かなり互角に戦えるようになってきたけど、最後の詰めでのミスが勝敗を分けるというのはレベルの高いリーグだから仕方が無い。そこでの精度を求められるというのをカラダで感じるのは良い経験でしょう。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-22 15:03 | スポーツ | Comments(0)

日本代表vs.韓国代表 第2戦

アジアラグビーチャンピオンシップの第3戦、アウェーでの韓国戦。
前回は85-0と完封していたので、今回はどうなるか楽しみに見ていたのですが、キックオフを直接タッチラインに出してしまいセンタースクラム。
このスクラムでコラプシングをとられて、いきなりど真ん中からのPGを決められ、3点を献上してしまいました。さぁ、どうなるかと思っていたのですが、日本代表は慌てること無く自分たちのプレイを着実に続け、すぐにトライを返してからは危なげの無い試合。
詳しい結果は、こちら

前回SOで出場した山中は、今回はFB。
SOには中村亮土が入りましたが、CBの時よりもイキイキと動いてましたね。

前半を29-3、後半は31-0とノートライに押さえての勝利!
実質的には、日本代表の予備軍ですが点差が開いても浮ついたプレーを見せること無く、しっかり勝ちきりました。来週の香港戦を終えると、カナダ遠征、そしてスコットランド戦です。
その後の、サンウルブス戦でレッズの五郎丸が負傷したので、誰がFBに入るのでしょうね?
まぁ、山中という手もありますが…。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-22 14:31 | スポーツ | Comments(0)

遠方より、友来る。

e0171821_11305385.jpg
奄美から友人が遊びに来てくれました。
今回は、羽田に夕方着のフライトだったので我が家に着くのは早くても19時半過ぎ。
ということで、仲間を集めての宴がいつもより遅くスタートしました。
泊まりがけでの滞在ということだったので、お酒の方も腰を据えてのじっくり呑み。
話が弾むにつれ、ビールからワインや日本酒が空いて行きました。
ほぼ、毎年この時期に実家に里帰りするので、我が家での集まりも恒例化してきました。
メンバーの方も高齢化してますが…(笑)
e0171821_1131397.jpg
ちょうど、タイミング良く福岡から糸島のスイカが届いたので、デザートはスイカ。
一日遅れていたら、我が家だけでは持てあましてしまうところでした。

気がついたら、すでに11時過ぎ。まぁ、みんな家が近所だから大丈夫ですけど。
それにしても、よく話したなぁ。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-21 11:43 | 友人 | Comments(0)