<   2014年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

司馬遼太郎「対談集;日本人を考える」

e0171821_13242017.jpgこの対談は雑誌「文藝春秋」に1970年1月から連続で掲載されたもの。すでに40年以上が経過しています。
文庫本での発売は1978年6月とのこと。
対談相手は梅棹忠夫犬養道子梅原猛向坊隆高坂正尭、辻悟、陳舜臣富士正晴桑原武夫貝塚茂樹山口瞳今西錦司という碩学、賢人、文人といった面々。司馬遼太郎はもとより対談相手の殆どの方が物故されています。

1970年というと、大阪万博の年。
僕自身は、大学4年で就職試験を受けていた年ですね。
日米安保条約の延長と引き替えに沖縄返還が話し合われ、大学では全共闘が暴れ回り、公害とか環境問題が表面化しつつありました。1ドル=360円の固定レートの時代です。
この年の11月25日に市ヶ谷の自衛隊駐屯地で三島事件が起きた年でもあります。

僕としては、司馬遼太郎と山口瞳の対談「東京・大阪"我らは異人種"」というのが面白そうなので、読んで見たくて買ったのですが、それ以外の人々(司馬遼太郎と関わりの深い京大系の人が多いのですが…)との対談も叡智溢れるもので、現在の「混沌」とした社会状況というのは斯様に智恵のある論客が居なくなってしまったせいか?などと慨嘆するばかり。
全体の論調としては、戦後の混乱から「奇跡の高度成長」へと移りつつあった時代背景を反映してかオプティミスティックなものが多いのですが…。
内容はこちらの目次を見ていただければお分かり頂けると思いますが、当時の世相を反映したものが多い。
なかでも、日米原子力協力協定のまとめ役となり、原子力委員会委員長代理、日本原子力産業会議会長など日本の原子力導入の基礎を固めた向坊氏との対談「日本の繁栄を脅かすもの」が興味深かった。向坊氏はエネルギー問題が日本の繁栄には欠かせないものとして、原子力発電を積極的に推進しているのですが、ちゃんと原発ゴミの問題というのを取り上げ「その始末をどうするかを解決できないことには、原子力利用がやれない」と言い切っています。
さらに続けて「れには莫大な費用をかけて十分な研究をしなくちゃいけない。それも、いつまでもかかっていてもいいという研究じゃなく、すくなくとも今世紀末までに、いや、いまから15年かそこらの間に、答を出さなきゃいかん研究なんです。なにしろこれを解決しないことには、原子力利用が糞詰まりならぬ灰詰まりになっちゃうんですから」と断言している。
原子力利用の最高責任者の言葉ですよ。
結局、その後の原子力利用というのは利益優先というか、原発を作る方にばかり熱心で、向坊氏が言っていた「十分な研究」という方は疎かにしてきたというのが40年後の現在の惨状をみると理解出来ますね。
「温故知新」というか、40年後に読んでも示唆に富んだ内容が鏤めらた対談集です。
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-29 14:55 | | Comments(0)

天気は、イマイチでしたが…

e0171821_13185491.jpg
火曜日の練習でなんとなくカラダの状態もつかめたので、今日も練習に…。
練習が始まる頃から小雨がパラつきだしたけど、まぁ仕方がないよね。梅雨なんだから。
9時からのシニア組は、男女のKONAチーム+その他という3艇での練習。
僕は、その他組のステアで乗りました。
練習内容は相変わらずのパドルの基本練習ですが、その基本通りにやれば長い時間を漕いでも疲れ方が違うので、最低30分は漕ぐという練習。
負担が少ないということでステアで入りましたが(他に出来る人もいなかったし)、基本が出来てきているせいか何人か初心者クラスが居るにも関わらず、カヌーの走りもなかなかに良い感じでした。やはり基本練習を続けるというのは、大切なことなんですね。

良い感じで漕げましたが、明日はカラダを休めることにしよう。
まずは体力を戻すことに専念する方が大切ですからね。
差し迫ったレースがあるわけじゃ無いし…。
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-28 13:34 | アウトリガー | Comments(0)

徒然なるままに…

e0171821_1781790.jpg
手仕事をしながら、つらつらと考えたことを幾つか…。

1.やはり気働きがある店は、素晴らしい。
あちこちに店が増えているKダ珈琲店でのこと。
混み合っていた客が一挙に帰り、席があちこち空いたと思ってください。
その途端に、ちょうど注文取りに入っていた女性店員がカウンター席で資料を広げていた客に言いました。「あちらの4人席が空きましたから、どうぞ!」
言われた客「一人だけど、良いの?」
女性店員「資料が多いようですから、どうぞ広い席で…」
客の方も、店の方に気を遣っている。
店員の方も、客が仕事をラクに出来るように気遣っている。
聴くとも無しに耳に入ってきた会話が心地よかった。
次々に新規店舗を開設しても、客が入っている秘密が分かったような…。

2.やはり手打ちなの?
これは、逆に不快な話。例の都議会でのヤジの話です。
騒ぎが大きくなって、マスメディアに取り上げられて「俺じゃ無いよ」と言っていた議員が、所属する自民党幹部から言われたのか名乗り出て謝ったのですが、翌日から言われた女性議員の過去の言動があちこちのSNSで持ち出される羽目に…。「産めないのか?」をはじめ、その他のヤジを叫んだ議員の特定を要求しても、圧倒的多数で否決。
挙げ句の果ては、「汚いヤジは止めましょう」的な動議を出してシャンシャンとお終い。
今日の新聞の週刊誌の見出しを見ても、やはりヤジった側とヤジられた側のスキャンダラスな記事の見出し。一面で論議される事件を三面記事にすり替えてしまい、問われるべき「本質」をボカしていくのは沖縄密約事件をすっぱ抜いた西山記者の時から政府の常套的な手段(メディアもちゃんと強力している)ですが、今回も伝統的な手段でシャンシャンと終わってしまったようです。

まぁ、日本の議会に限らず、野球やラグビーの試合観戦中でも、下品なヤジを飛ばす輩が多いのは周囲に不快感を感じさせるものですが、なぜか集団には「ヤジ将軍」などと言われて張り切るお調子者が居るのも確かなこと。
「ヤジは論戦の華」などと居直る神経には、「税金泥棒!」とヤジを飛ばしたくなります。

3.サッカーW杯
まぁ、期待された日本代表の一次リーグ敗退という結果について戦犯捜しもスポーツ新聞紙上で始まっているようですが、すでに終わったこと。
W杯になると親善試合とは違い、相手チームも目の色を変えて闘う大舞台だということです。
イギリス、イタリア、スペインといった錚々たるチームですら、一次リーグで敗退してしまったのですから…。それだけ、サッカーの世界が変わりつつあるのかもしれませんね。
それにしても、噛みつき野郎にはビックリしました!
もしかしたら本人には噛みついてやる!という自覚が無いのかも?
ウチの奥さんが「きっと子供の時から、自分の身を守るために噛みついてたんじゃないの?」ということを言ってたのですが、なぁるほど!と思いましたもんね。

4.クルム伊達さん
今回も、ウィンブルドンに最高齢プレイヤーとして登場したんですね。
残念ながら、シングルスの方は一回戦で敗退してしまいましたが、ダブルスの方は勝ち上がっています。どこまで勝ち上がるか、楽しみですね。イギリスには彼女のファンが多いので、ホームで闘っているような大声援が飛んでいるのでは…。ウィンブルドン、また行きたいな。
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-26 18:12 | 生活雑感 | Comments(0)

久々のパドル!

e0171821_14232784.jpg
曇り→雨の予報に反して、陽射しが差し出した今朝の鵠沼。
気持ち良く漕げそうな気がして、「体調次第で行きます」と申し込んでおいた手術後初のカヌーの練習に行ってきました。ヤバそうだったら、漕ぐのを止めてしまうつもりだったので申告して後ろのシートに座らせてもらい、コワゴワと漕ぎ出したのですが…。
それでもメニュー通りに30分連続でなんとか漕げました。
もっとも、僕は40%くらいのチカラでしか漕いでませんが…。
筋肉が落ちてしまったのと、腹筋をかばいながらのパドルだったので40%といえども、あちこち悲鳴を上げている感じ。それとお尻の肉が落ちてしまったので、漕いでいてお尻が痛い!
次に行く時には、シートカバーを持っていかねば。
e0171821_14233569.jpg
休憩の時にも、壮年は海に飛び込んでましたが、水が冷たくて入る気にもならず。
それ以前に、飛び込む元気が失せている。
帰りは、2回ほど漕ぐのをサボらせてもらいました。

でも、やはり海の上に出るとスッキリとしますね。
徐々に、筋肉を戻して行くことにしよう。無理せずに…。
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-24 14:38 | アウトリガー | Comments(0)

素晴らしい自宅スタジオ。

新しいバンドのボントロ奏者・ボン太クンの自宅にスタジオがあるということで、バンドの練習をすることに…。ピアノ&サックスが直前になって所用が出来て、不参加になったのですがポン太クンがアレンジしてくれて、穴を埋めてくれました。
それぞれに実力者揃いなので、こちらはついて行くのがやっと!という感じですが、こういう体験をしていかないと自分の実力も上がらない。
ちゃんと課題曲をやったり、誰もが知ってるような曲でセッションのようになったりとユル〜い感じの練習でしたが、とても楽しかった。
それにしても、自宅に地下室を作ってスタジオにしてしまうというのは凄いですね。
ドラムスのフルセット、アップライトのピアノがあるし、スタジオとしての機能は充分。
オーディオで大音量でレコードをかけても、これなら音が漏れることも無いですし…。
さらに途中の「呑みタイム」でのジャズ話も盛り上がりました。
僕はクルマで楽器を持って行ったので飲めませんでしたが…。

いやぁ、楽しかったな!
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-22 11:24 | 音楽 | Comments(0)

イタリアに、初勝利!

e0171821_10322847.jpg
期待されたザック・ジャパンに日本中がイライラとしているのでしょうが、エディ・ジャパンは着々と強化の成果を見せてくれています。
来年のラグビー・W杯に向けて、2014春シーズン最後のテスト・マッチとなるイタリア戦。
ここまでPNC(パシフィック・ネーションズ・カップ)も含めてテスト・マッチ9連勝という日本のラグビー界としては初の記録を10に伸ばせるか?
また、6ネーションズ(イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、イタリア)で揉まれてきたイタリアとどんな闘い方をするのかが注目の的でしたが、26-23の僅差ながら逃げ切って勝利したことは素晴らしいことです。

昨日は、新しいバンドのトロンボーン奏者・ポン太君の自宅のスタジオで練習があったので、試合そのものは見ていないのですが、合間の「飲みタイム」にiPhoneでチェックしたら、勝ったというニュース。その後、ネットでチェックしたらスクラムで圧倒出来たとのこと。
体重差で劣る相手にスクラムで勝ったということは、やはり元フランス代表のFW 担当コーチの力量なんでしょうね。
PNCでもカナダ、アメリカ相手にスクラムでは圧倒出来ていましたから…。
特にウィングの山田が先制トライを挙げて、チームを奮い立たせたというのが嬉しい。
慶応時代から注目された選手ですけど「天性」のムラッ気で伸び悩んでいたように思えたのですが、パナソニックに入って変わりましたね。着実にディフェンスに汗を流せるようになった途端に、トライゲッターとしての才能も加速してきた感じです。
明日の午後からJ-Sports で再放送があるようなので、楽しみです。
勝ったことが分かった試合を見るのは、気分的にもラクですし…(笑)
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-22 10:53 | スポーツ | Comments(0)

追悼、ジェリー・ゴフィン氏

e0171821_8425920.jpgなんか、毎日のように追悼文を書いているようですが、今度の訃報は作詞家のジェリー・ゴフィン氏。
最初の妻、キャロル・キングとのコンビで数々のヒット曲を世に送り出してくれました。
1959年に結婚したというからゴフィン20歳、キング18歳の時の結婚だったんですね。キングは、ABCパラマウント・レコードから歌手デビューしたものの、ヒットが出ずに歌手としてのキャリアは頓挫、作曲に専念していたようです。
最初のヒット曲「Will You Love Me Tomorrow」は、シュレルズ (The Shirelles) が吹き込み、1961年1月にBillboard Hot 100の首位に…。

映画「BIG WEDNESDAY」の中でウィリアム・カット演じるジャックの家でのパーティ・シーンで流れていたのは、このシュレルズのヴァージョン。
e0171821_8431474.jpg
それ以外にも、このリストを見れば分かるように、リトル・エヴァの「ロコモーション」を始め、ジーン・ピットニー、ダスティ・スプリングフィールド、ザ・モンキーズ、スティーブ・ローレンス、ボビー・ヴィー、アレサ・フランクリンなど60年代を風靡した歌手達に曲を提供し続けて行きました。68年にキングと離婚。
他の作曲家とのコンビでも、ロッド・スチュワートやダイアナ・ロス、ナタリー・コールなどに曲を書いていましたから、まさに"ヒット・メーカー"の作詞家でした。

今日は、このCDを聴いて追悼することにします。
合掌!
     
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-21 09:14 | 音楽 | Comments(0)

RIP!ホレス・シルヴァー氏

e0171821_115706.jpg新聞を見たら、ハードバップの発展に尽くしたジャズ・ピアニストホレス・シルヴァー訃報が…。
85歳だったんですね。
プロでの活動を始めたのが僕が生まれた年、1949年というのですから実に長いキャリア。
N.Y.でアート・ブレーキーと出会い、一緒に活動を始めたのが1952年。54年には、名トランペッター、クリフォード・ブラウンを含めたカルテットで名盤"A Night at Birdland"をバードランドにて録音。この2枚組は僕も持っています。
アート・ブレイキー(ds)クリフォード・ブラウン(tp)、ルー・ドナルドソン(as)、ホレス・シルヴァー(pf)、カーリー・ラッセル(b)という面々が文字通り、ホットな演奏でジャズファンを湧かせていたのが、伝わってくるアルバムです。初代のジャズ・メッセンジャーズの歴史的な録音といえるものです。
1956年にグループを離れ、ブルーノート・レコードで数々の名盤を発表。
一番有名なのは"Song for My Father"になるのかな?
それ以外にも、"The Preacher"、"Nica's Dream"、"Opus de Funk"、"Sister Sadie"、"Strollin'"など数々のジャズ・スタンダードを遺しています。
ただし、この人の曲はKeyがD♭だったりして、アマチュアのピアニスト泣かせだったりするんですけど…。
ジャズ史を語る上で、欠かせないピアニストのひとりといえます。
同時に、ラテン音楽、アフリカ音楽、ゴスペルなど幅広い音楽の要素をジャズに持ち込んだ人でもあります。

合掌!

来日した時の印象を綴った"The Tokyo blues"です。
    
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-20 12:40 | 音楽 | Comments(0)

夏が忍び寄るように…

e0171821_10361082.jpg
深夜の豪雨も、すっかり晴れ上がり、湿度はあるものの気持ちの良い朝。
ふと、気がつくとコウホネが咲いていました。
この開き具合からするとベストショットは、昨日だったようですね。
e0171821_10361955.jpg
純白だった紫陽花も、少し紫がかって来ました。
この先、季節が進むとブルーになるんだっけ?カメレオンのような紫陽花です。
e0171821_10363056.jpg
海に散歩に出ると、昨夜の豪雨をもたらした低気圧の置き土産が…。
けっこう波がある!
次から次へと、サーファーが増えて行きます。
新手のサーファーに女性が多いのは、家事を済ませた頃だから?
e0171821_1037237.jpg
白杭が立つと、もう夏がすぐそこまで来ている気分になりますね。

もうすぐ、夏至。
今年は、21日の土曜日から始まります。
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-19 10:53 | 季節 | Comments(0)

雨ニモ負ケズ。

e0171821_10235926.jpg
昨日は、年に一度の湘南学園3年生の体験パドル。
毎年、お手伝いをさせてもらっているのですが、今年は病み上がりのため先輩からの話だけということで江の島に向かっていると、ポツリ、ポツリと…。
えーっ、午後からじゃなかったの?という具合に雨が落ちて来始めました。
それでも、海のコンディションが良いので決行することに。

カヌーに乗り込む前に、まずはパドルの持ち方から始めて、漕ぎ方の練習。
さすがにゴン太先生は、子供に教えるのが上手い!
e0171821_1024779.jpg
小雨が降る中を5艇に分かれて江の島の島影へと漕ぎ出しました。
帰りの頃には、慣れて来たのかスイスイと進むように…。
楽しんでくれたかな?

来年も、また来てください。その時は、一緒に漕ごうね。
[PR]
by dairoku126 | 2014-06-19 10:33 | アウトリガー | Comments(0)