<   2013年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

『母の遺産 新聞小説』

e0171821_1535473.jpg前に読んだ『本格小説』の余韻が圧倒的なものだったので、そのまま手に取ってしまった『母の遺産 新聞小説』。
作者の最新作でしたが、これまた圧倒されてしまいました。
この人の文章というのは、実に良く練られているのでしょうね。どんどんと読み進んでしまいます。
何かの用があって、途中で本を置くことになると心穏やかではなくなるような…。

内容としては、母親の老いと死を看取る娘のエピソードが語られて行くのですが、そこにダンナの浮気が発覚。ただでさえ難事業といえる介護問題に家庭問題まで絡んでくる。
加えてこの小説では、母と娘の間の葛藤も痛快なまでにリアルだ。娘を振り回す母親の、老いとわがままがすさまじい。

本の帯に「ママ、いったいいつになったら死んでくれるの?」とありますが、そんな気にさせるほど母親のわがままが「立派!」と思えるほど凄いのです。
そして、そのわがままを恨みながらも、どこかで母親らしいと認めている主人公の気持ちがあるから陰惨な小説にならないのでしょうね。最後には、ちゃんと救ってくれていますし…。
中年女性の「シンデレラ・ストーリー」として良い結末になっています。

そして副題に「新聞小説」とうたうことで、知的な仕掛けも施しています。
この小説は実際に読売新聞で連載されたものですが、同じ新聞に100年以上前に連載された新聞小説の草分けの一つ「金色夜叉」を舞台装置に取り込んでいるのです。

作中の母の母、つまり美津紀の祖母は、芸者から資産家の後妻になり、何不自由ない暮らしをしていたのに、新聞小説に引き込まれて「お宮は自分だ」と思い込み、40代半ばで24歳も若い男と出奔、娘をもうける。こうして生まれた娘(主人公の母)は、父方の文化的で優雅な生活に憧れ、芸者上がりの母を嫌悪する。姉の教育に熱心な母親に放っておかれた主人公は、祖母と一緒に過ごす時間が増え、祖母に馴染んでいく。

こうした有形無形の「母の遺産」が伏線となって、物語をさらに膨らませてくれるのです。
この祖母―母―娘の三代の物語は、日本の近代史の一筋の糸である現実と、並行した形で虚構になって「ものがたり」を構築していくという仕掛けになっています。


さらに、実際に新聞連載が終章を迎える時に、2011年3月11日の大震災が起きるのですが、その大震災そのものも「ものがたり」に取り込んで、新しい人生を生きようとする主人公が引っ越しをした翌日に大震災を経験することになります。そして連載が終了する4月2日で満開の桜を背景に物語が終わる。これも新聞小説という形態ならではの、同時性を活かしたものではないでしょうか。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-31 16:23 | | Comments(0)

サントリーvs東芝

もっと早くに書こうと思っていたのですが、鬼の霍乱というか風邪で寝込んでいたので…。
トップリーグ・プレーオフトーナメントの決勝は、「府中ダービー」として以前からお互いに競争心を燃やしてきたチーム同士の闘い。激しい攻防になることは予想されましたが、どちらも譲らずに我慢比べのような展開でした。
前半12-3で折り返したサントリーに対し、後半東芝の猛反撃が見られ、最後まで緊迫した試合展開でしたが、守り切ったサントリーが最後にダメ押しのトライを挙げて19-3で勝利。
東芝は、ゴール前まで迫るも肝心なところでミスが出たり、スクラムを組み急いで反則を取られるなど詰め切れなかったのが大きかった。あそこで1本でも取れれば、さらに試合展開も変わったでしょうが…。それをさせなかったのが、サントリーの強さというべきでしょう。
それにしても、サントリーのフランカー、ジョージ・スミスの強さといったら…。
体格的には日本選手とは、さほど変わらないのに体幹が強いのでしょうね。2人にタックルされても倒れずにボールを繋ぐ、またブレークダウンでのジャッカルなどの上手さは抜群です。さすが元オーストラリア代表。サントリーでは、竹本、佐々木がスミス塾の生徒として成長したようですが、日本代表の特別コーチにしたいほどです。
トップリーグで2年連続でMVPに選ばれたのも、頷けます。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-30 10:03 | スポーツ | Comments(0)

第七十一候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

e0171821_13262386.jpg
今朝、7時前後に雪が降ったらしいのですが、まったく知らずに白河夜船。
前世は冬眠動物だったのではないか?と思うほど、寒い時期にはグッスリと寝てしまいます。
夏と同じ時間にベッドに入っているのに、目覚めるのは2時間近く違うのですから…。

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)とは、『沢の水に厚く氷が張っている』という様。
そんな風景は、日本人に一年のうちで一番寒い季節にいることを思い起こさせてくれるのですが、陽射しがあれば家の中は陽光だけでも温かい。
それにしても、ついに第七十一候まで来てしまいましたね。
立春から始まって、1年間を72の候で分けているので、暦の上では春も間近いということ。
e0171821_13263399.jpg
日の光に誘われるように、また走ってきました。
風は冷たかったけど、太陽の光の力強さは1月の初旬とは、まったく違います。
明け方の雪で丹沢が、さらに白くはなっていましたが…。
e0171821_13264176.jpg
メジロ達も食欲がさらに増したようで、丸々と太ったのも中には居ます。
この2羽は、先日のDVメジロとは違い、仲良く両側から蜜柑をつついてました。
e0171821_13264935.jpg
少しばかり食べ残しのあるものを置いておいてあげると、そちらもちゃんと食べ尽くして行きます。こんなメジロを家の中から見ていると気持ちが穏やかになります。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-28 13:41 | 季節 | Comments(0)

誕生日。

e0171821_13444829.jpg
64歳に、なりました。60代に入ると、1年が経つのがホントに速い!
50代も速い!と感じては居ましたが、そんなもんじゃないですね。
こんな調子で体力の衰えとか加齢に伴ういろいろなことが、加速していくんでしょうね。

それでも、毎年「今年こそは…」と思うのは、どういうことなんでしょう?
そんなことを考えていた、誕生日でした。
64歳になったので…
   
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-27 13:52 | 生活雑感 | Comments(0)

昨夜も、Lezardは…。

e0171821_9573258.jpg
毎月、最後の金曜日はトモン先輩のヴォーカル・セッション・デイ。
昨日は、そのセッションが始まる前に我々のバンドを入れてもらいました。
2日前ににアルト・サックスのタカギ君からバッド・パウエルの「Bouncing with Bud」をやりたい!というメールが入り、譜面を取り出したり、聴き込んで練習したり、と忙しかったけど何とか出来ました。我々だけで、タップリと1時間ほど出来たので、まぁ満足!
ベースは、某英国航空会社に勤めるササやん。

その後、まずは腕均しにトモン先輩のトリオで2曲。
その間、ヴォーカル陣は譜面を出したりしてましたが…。
e0171821_9574773.jpg
昨日の白眉は、ハリー小川とハレルヤ・シンガーズ。
彼は1年前にLezardデビューをしたばかりですが、なんとコーラスまでこなせるようになってしまいました。普段の精進の賜物でしょうか。
マントラの「Java Jive」を気持ち良く聴かせてくれました。
e0171821_9575872.jpg
さらに圧巻だったのが、江戸時代の将軍家と同じ姓の大先輩。
渋さと深さを兼ね備えた「But Beautiful」。ウットリと、聴き惚れてしまいました。
e0171821_958721.jpg
なぜか、掛け違って今年初めて会ったカズコちゃん。
「I hear a rhapsody」が、いつもに増して素晴らしかった!

この後、僕も2曲ほど演ってから家路に着きました。
月が煌々と明るい寒い夜でしたけど、気持ちはホンワカと温かくなった夜でした。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-26 10:16 | 音楽 | Comments(0)

『本格小説』水村美苗

e0171821_1016888.jpg娘に「この本、面白いよ!」と薦められて読み出したのですが、上下で文庫本1200ページになろうという大作なのに、途中で止まらなくなりました。いや、ホントに面白かった。

標題の「本格小説」というのは小説のジャンルのひとつ。
『作者の身辺に題材を取った心境小説や私小説に対して、社会的現実を客観的に描く、作品自体が自立した小説。大正末期に中村武羅夫(なかむらむらお)が提唱』というもの。
「私小説」という言葉があるのは、もちろん知っていましたが「本格小説」という言葉は浅学なヤツガレとしては初めて出会った言葉。
プリンストン大学講師、ミシガン大学客員助教授、スタンフォード大学客員教授として、日本近代文学を教える著者ならではのタイトルの付け方ですね。
夏目漱石の未完に終わった「明暗」の続きを書いた『續明暗』が最初の小説。
続いて書いたのが欧文が部分的に混在する横書きの『私小説 from left to right』、『本格小説』、『新聞小説 母の遺産』と続くと小説の形態をタイトルに付けていくのは、自分と作品との距離感を明示して行く試みなのでしょうね。

内容ですが、「嵐が丘」を彷彿とさせる悲恋、戦後日本の肖像を描く血族史。
「物語る」ことへの斬新な挑戦というものは辻邦生とも通ずるところがあるような…。

冒頭で「私小説」的に、ニューヨークで、運転手から実力で大金持ちとなった伝説の男・東太郎と著者の出会いを描き、その東太郎の過去を偶然知ることとなる加藤祐介という大手出版社に務めていた青年から著者が聞かされた話として『本格小説』の物語が展開されていきます。
伯父の継子として大陸から引き上げてきた太郎の、隣家の恵まれた娘・よう子への思慕。
その一途な幼い恋が、その後何十年にもわたって、没落していくある一族を呪縛していくとという、まだ優雅な階級社会が残っていた昭和の軽井沢を舞台に、陰翳豊かに展開する大ロマンの展開。僕の世代では、かすかにその残滓を垣間見てきた時代背景を舞台にしたものだけに作中に発せられる優雅な階級である三姉妹の言葉に頷いてしまったりする部分もあります。

鵠沼でも僕が小さい頃は、そのような階級の方々がまだ存在していました。
現在、建ち並んでいる家々が、そのような方々のお屋敷跡だったのを知っているのは僕等の世代まででしょうね。一軒のお屋敷跡が、小割りされて現在は20軒以上の家になってしまったのですから。

あえて、そのような階級を描いたことについて、著者はインタビューで語っています。
『英語で書かれた文芸に親しめば親しむほど、「コメディ・オヴ・マナース」と言われるものの伝統の強さに気づきます。
人々が階層化されているという現実そのものを、おもしろおかしく描く伝統ですね。
BBCの『Upstairs,Downstairs』――かつての有閑階級と女中さんたちの話ですが、それが英国のTVドラマシリーズの最高峰だと見なされ、くり返し放映されたりしています。階級の存在が否定されているアメリカでさえ、所得格差が生活様式に与える影響についての議論が日常的にあるし、人々が階層化されているという現実から目をそむけようとはしない。
ところが日本はちがいます。
日本の戦後世代は平等教育を徹底的に受けていて、それが輸入されたマルクシズムやら、昔からの農耕社会のモラルやらと重なって、日本の近代文学を呪縛している。
人々が階層化されたところを描くとしたら、今なおそれは悪いこととしてしか描かれない。
だから貧乏を描くことが、即、よい文学だという前提まである。
漱石は中産階級を描いたから、中庸だというような議論まである。
漱石は英文学に親しんでいたからこそ今の日本文学の中でも突出した存在なのに。とにかく、日本から消えつつある三姉妹のような存在は、文学に残しておきたいと思いました。』

とにかく面白い本でした。
娘が置いていった『新聞小説 母の遺産』を続けて読んでいます。
辻邦生との往復書簡『手紙、栞を添えて』もAmazonに頼んでしまったし…。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-25 11:12 | | Comments(0)

追悼 常盤新平氏

今朝の新聞で常盤新平氏の訃報に接しました。81歳とのこと。

僕にとって、常盤新平という名前は「ニューヨーカー短編集」やアーウィン・ショーの「夏服を着た女たち」をはじめとするアメリカ文学の名翻訳者として、またエッセーなどの著作を通してアメリカ文化の伝道師のような響きを持っていました。
Wikipediaに「翻訳」として載っている本は、かなり読んだ覚えがあるものばかり。
その後、池波正太郎や藤沢周平の熱心な読者としてのエッセーや、藤沢周平などの時代小説の「あとがき」などにも接することになり、ますます親しみをもった名前となってきました。

丸谷才一氏に続き、常盤新平氏の訃報は否応なしに"ひとつの時代の終わり"を感じざるを得ないような…。エスプリを感じさせてくれる人が、また一人居なくなってしまいました。

合掌!!
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-23 16:02 | 文化 | Comments(0)

『男おひとりさま道』

e0171821_1412855.jpg"男の敵"フェミニズムの権化・上野千鶴子さんが書いた本。
「おひとりさまの老後」がベストセラーになり、その時に読者から「これの男版が欲しい!」との投書があったことから書き始めたとか。
彼女を一躍有名にした「スカートの中の劇場」以来、隠れ上野千鶴子ファンの端くれとして、どんなことが書いてあるのかが気になり、読んでみました。

「なぁるほど」と頷くことしきり。
それと男の方が女性に比べて「リアリスト度」が低いので、男の方は自分が死ぬ時のことや、ひとり残された時のことなんか、これっぽっちも考えていない。
そのくせ、自分の死についてはPPK(ぴんぴんころり)で…、な〜んて楽天的に考えがちですよね。
女性の方が平均寿命が長いので、自分が死ぬときには当然奥さんや子供たちに見守られて…なんて思ってしまう。かくいう私もPPK信奉者ではありましたが…。

ところがどっこい、さすがに上野千鶴子! 
男のそんな甘い夢を無惨に打ち砕くような事実をピシピシと突きつけて来るのですよ。
読んでいて希望が持てる部分もありますが…。

ちなみに「男おひとりさま道 10カ条」というのは以下のとおり
第1条  衣食住の自立は基本のキ
第2条  体調管理は自分の責任
第3条  酒、ギャンブル、薬物などにはまらない
第4条  過去の栄光を誇らない
第5条  ひとの話をよく聞く
第6条  つきあいは利害損得を離れる
第7条  女性の友人には下心をもたない
第8条  世代の違う友人を求める
第9条  資産と収入の管理は確実に
第10条  まさかのときのセーフティネットを用意する

この本はフェミニストというより社会学者としての上野千鶴子の面目躍如ですね。
なかなかに役立ちそうな本でした。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-23 14:41 | | Comments(0)

穏やかな朝。

e0171821_10255334.jpg
寒いものの、陽射しに誘われるように走りに出ました。
走り出すと、太陽の光が温かい。ホンに太陽は、ありがたいものです。
若い頃にスキーで捻ったヒザの裏が、寒くなると疼くような感じがするので、無理せず、ゆったりと走っていると、温まるにつれてヒザの方も気にならなくなる。
片瀬漁港の突端まで行ったら、西浦からOC-1が3艇ほど出艇してきました。
月曜日の、こんな時間に漕いで居るのはゴン太たちかな?
見ていると、こちらもピッチ30くらいのゆったりとした漕ぎで片瀬川を上がって行きました。
e0171821_1026151.jpg
反対側を見ると、冬にしては湿度があるのか、富士もうっすらとボケ気味に…。
明日は、また雨か雪の予報。湿気が上がってきているのでしょうね。
帰りは、往路よりは多少ピッチを上げて、気持ち良く走れました。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-21 10:35 | 生活雑感 | Comments(0)

Top Leagueプレーオフ・トーナメント

ラグビー・トップ・リーグの上位4チームによるプレーオフ・トーナメント。
昨日、今日とJ-Sportsで見ましたが、やはり大学とは比べものにならない精度の高さとコンタクトの強さ。迫力ある攻防を、楽しむことが出来ました。
☆サントリーvs神戸製鋼
前半は、神戸製鋼が堅いディフェンスでサントリーを3PGのみの9点に抑えて19-9と10点差で折り返し。それと、サントリーはSHデュプレア、SO小野の出来がイマイチでしたね。ラインが機能してなかったし、判断ミスが多かった。前半33分からSH日和佐、SOトゥシ・ピシを投入したら、見違えるように動くようになりましたから。
後半になって神戸製鋼のディフェンスがサントリーのテンポの速さについていけなくなり、サントリーは後半だけで4トライ。控え選手の層の厚さが勝敗を分けてしまいました。
サントリーは、今期負け知らずのまま決勝へ。

☆東芝vsパナソニック
どちらもディフェンスが良く、ロースコアの闘いになるだろうと思っていたのですが、前半は両チームともPGのみの3-3。もの凄いディフェンスの応酬でした。
後半に入り、パナソニックが先にトライを挙げたのですが、東芝は時間が経つに連れて「しぶとさ」が増してくるような攻撃を見せて20-8で勝利。
いや、フィットネスが半端じゃない。

これで、サントリーvs東芝の「府中ダービー」による決勝戦になりました。
ラウンドロビンでは、12/8にサントリーが15-14と1点差の辛勝でしたが…。
どちらが堅いディフェンスをこじ開けるのか、楽しみな対戦ですね。
[PR]
by dairoku126 | 2013-01-20 17:35 | スポーツ | Comments(0)