<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2012年も、あと数時間!

e0171821_1458120.jpg
2012年も、終わろうとしています。今年も、いろいろと盛りだくさんの年でした。
Facebookで、「いいね」の数を基準に1年間を振り返るという「自分新聞」というのをやってみたら、ふ〜んという感じですが、1年間の出来事は分かります。
e0171821_15101955.jpg
まぁ、こんなもんかな!?
流行語大賞の第1位が「寒かった」というのも笑いでしたが…。

何よりも6月のイギリス・イタリア・フランスを回れたこと。
自分なりの「聖地巡礼」の旅が出来たことが、自分にとってのエポックな年になりました。
それと9月のKONAレースへの再挑戦!
前回よりも30分近く記録を縮めることが出来たのが、条件が良かったとはいえ、大きな収穫でした。おまけでマウナケアの山頂まで行ったのも、良い想い出。

作家でいえば、葉室凜。藤沢周平の穴を埋める作家が居たんですね!
12月だけで3冊ほど読みました。どの作品も、その出来映えに驚くばかり。
直木賞を獲るのが遅すぎたほど、受賞前から素晴らしい作品を書いていたんですよね。

さて、来年はどういう年になるのでしょう?

みなさま、良い年をお迎えください。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-31 15:31 | 季節 | Comments(0)

一足早い、お節料理。

e0171821_143862.jpg
今年も残すところ、あと2日。明日はいよいよ大晦日です。
普通なら大掃除に、お節づくりにと鞭が入るところですが、息子が年末から正月にかけてシステムメインテナンスの仕事があるため元日はおろか3ヶ日も帰って来ることが出来ない。
それでもお節は食べたいだろうと、今年は例年よりも早めに作って食べさせることに…。
ちょうど娘夫婦も日本に帰ってきたので、昨夜は我が家で家族全員が揃って一足早いお節料理がメインの夕食となりました。
さすがに正月ではないので、お雑煮は出ませんでしたが。

本番の正月には、夫婦二人でお節の残り物を食べることになりそうです。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-30 14:16 | 季節 | Comments(0)

有明海の海苔!

e0171821_11561019.jpg
有明海の海苔をいただきました。
しかも、これは市場に行って買ってきた生海苔を加工場に頼んで「塩味海苔」に仕立てたモノとか。九州時代に会社の同僚の実家が柳川で戦前網元をやっていたとかで、有明の海苔の美味しさは良ーく分かっているので、ホントに思いがけないプレゼントでした。
炊きたてのご飯と一緒に食べると、塩味が効いていて美味しい!
塩味といっても、韓国海苔のように油が塗ってある訳ではないので、サッパリとしています。

しばらくは、この味を楽しめそうです。うひっ!
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-28 12:03 | 食べ物 | Comments(0)

師走の買い出し。

e0171821_11443870.jpg
昨日は、お節用の野菜を求めに寒川の「わいわい市」へ。
まだ、空いているだろうなんて甘い期待は、見事に素っ飛びました。
普段はラクに入れる時間に行ったのに、第1駐車場は満杯。
しかも空き待ちのクルマが並んでいる。すぐ手前の第2駐車場は係員が誘導しているので、入ったら残り3台分の一つに入れました。

中に入ると、もの凄い人の数。しかも、大量に買い込んでいるのでレジの時間がかかる。
レジに並ぶにしても建物の端まで達していて、そこから曲がって並んでいるので、そこに置いてある商品を買う人は商品をカゴに入れてから、また逆戻りして列に並ぶという案配。
買い物をするよりも、並んでいる時間の方が数倍かかりました。

今日から、本格的なお節準備が始まります。
といっても、わたしゃ味見だけですが…。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-28 11:56 | 季節 | Comments(0)

メリー・クリスマス。

e0171821_1558451.jpg
クリスマス・イブには、やはりチキンが食べたい。それと、チキンに入る詰め物も…。
でも、夫婦二人ではチキン丸ごと焼いても食べ切れないのが分かっている。
そこで、広げた鶏肉の中に詰め物を入れて、クルッと丸めてタコ糸で縛ってからオーブンで焼く、というアイディアを実行に移してくれました。
詰め物も、グレービィも僕の母からの直伝ですので、子供の頃から慣れ親しんだ味が存分に楽しめます。と、いうことでオニオングラタンスープ、サラダ、チキン&ベークドポテトという極めてオーソドックスなクリスマス・ディナーとなりました。奥さんに、感謝!

今朝はパキッと晴れていたので、ついつい大掃除モードにスイッチが入ってしまい、クリスマスにも拘わらず午前中は気になっていた壁の汚れをゴシゴシと。珪藻土の壁は、これで結構キレイになります。その代わり、表面の土がポロポロと落ちるので、その後は掃除機の出番。それ以外にも、モルジブの船の模型に付着した埃を絵筆で丹念に落としたりしてました。
ガラスと網戸は、午後から南西風が強くなる天気図だったので明日以降に回しました。
せっかくキレイにしても、南寄りの風が吹いたら、また元の木阿弥。
今年は早くから大掃除モードに入っていたので、ほとんど終わってしまいました。
早めにやって、年末はゆっくりと読書でもしていようかな…?
e0171821_16275738.jpg
楽しめる本を幾つか見つけたので…。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-25 16:30 | 季節 | Comments(0)

クリスマス・イブ。

e0171821_14373362.jpg
穏やかなクリスマス・イブ。今日も晴天です。
e0171821_14374055.jpg
100個の色違いのボーブル。「Baubles,Bangles & Beads」という曲を想い出しました。
「Francis Albert Sinatra & Antonio Carlos Jobim」という僕の大好きなアルバムでシナトラが歌っている曲ですが、ペギー・リーとかイリアーヌなども歌っています。
早い話がキラキラしたものばかり。今の小さいツリーの周辺が華やかになりました。
e0171821_14375215.jpg
こちらは48個の木の飾り。
どちらも出して飾り付けてしまうと、後がメンドーになるので箱に入れたまま飾りました。
e0171821_143817.jpg
…というクリスマス・イブですが、お天気が良いのでレンジフード周りの大掃除を。
またもケルヒャーの出番です。やはりスチームを使っての洗浄は効きます。
もちろん、それ以外の中性洗剤も使いましたけど…。
午前中いっぱい使って換気扇の脂汚れを根気よく落として、レンジフード周りはピカピカになりました。余ったスチームを使って、外せないスライド式の網戸も綺麗になりました。

早めに大掃除を済ませて、年末はゆったりと過ごそうか…と。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-24 15:06 | 季節 | Comments(0)

カヌー納め。

e0171821_13464935.jpg
今日は、2012年度のカヌー納め。
1年間使ったカヌーをアマ・ヤクを外してから綺麗に洗い、修理箇所をチェックします。
e0171821_13504240.jpg
作業の前に、忘年会に出席できなかった今年度の"The Paddler of The Year"ヨネヤマ君にステンドグラス製の表彰額が進呈されました。大事な忘年会を欠席したのは、出たくなかったのではなく、先週の選挙の立ち会いのため。クラブ設立当初から頑張ってきたもんね。
e0171821_13562030.jpg
アマとヤクを外したら、まずは船底を綺麗に水洗いして…
e0171821_1357257.jpg
コンパウンドで汚れを取りながら、船底のキズなどをチェックしていきます。
キズの箇所には分かるように、マジックなどで印をつけていきます。

同様に、アマとヤクもキズのチェックを行いました。
それ以外にも、クラブハウスの清掃&整理、カヌー置き場の清掃など3時間タップリ働いて、無事に終了。新年になったら、まとめて修理にかかります。
e0171821_1424752.jpg
昨日、冷たい雨を降らせた低気圧が波のクリスマス・プレゼント。
鵠沼ではセットでオーバーヘッドの場所もあり、ビーチの方はサーファーで一杯でした。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-23 14:06 | アウトリガー | Comments(0)

今年も、また「めじろ亭」

e0171821_1648598.jpg
また、めじろ亭の季節がやって参りました。
何気なく外を見ていたら、寒くならないと我が家の方には来ないメジロのカップルが…。
「あれ、今年はまだなの?」と、催促するように金マサキの枝の中をチョンチョンとハシャギ回っていたので、蜜柑を置いてやりました。
その情報が他のメジロにどうやって伝わるのか未だに分からないんですが、なぜか蜜柑を置いた途端にメジロ達がやって来ます。これは、独身者ですね。
今のうちは警戒心丸出しなので、家の中でデジカメのスイッチを入れた音だけで飛んでいったりしますが、そのうちに慣れてくると多少の音では動じなくなってきます。

今年も「めじろ亭」オープンです!
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-21 17:00 | 生活雑感 | Comments(0)

平松洋子『焼き餃子と名画座』

e0171821_13414898.jpgウチの奥さんは、前からこの人の本を割とよく読んでいたので家の中に数冊はあります。つい、題名に惹かれて読んでみました。
やはり、タイトルは大事ですね。

最初は、慣れない文章なので引っかかりながらも読んでいたのですが、次第に著者の文体に慣れて来てスムースに読み進めるようになりました。
「食」に関するエッセイスト・フードジャーナリストというだけあって、守備範囲が広くて、また内容にも深さがあります。
高級な料理屋から横丁の焼き鳥屋まで、同じ目線の高さで捉えているのが良いな!
思わず「この店に行って、これを食べたい!」と思わせるだけの文章力もあります。残念ながら、すでに無くなってしまった店もあるようですが…。

「わたしの東京 味歩き」と副題がついているように40編のエッセイには、その場所ならではの風情が描かれていたり、歴史がひもとかれていたりと読ませる工夫がされているのですが、神保町界隈のカレー店を取り上げた1編などは、ほとんど行ったことがある店ばかり。
共栄堂のスマトラカレー、ボンディは当然入るのでしょうが、キッチン南海なんて名前まで挙がっている。実に丹念に歩いているんでしょうね。

ただ、僕にとっては北千住とか早稲田という辺りは、生憎と土地勘も馴染みもない。
東京といっても広いですもんね。そのうち勇気を出して行ってみようかしら。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-20 14:15 | | Comments(0)

昨夜は、雨の中。

e0171821_12232811.jpg
昨夜のLezardは、歌伴の名手・トモンさんのピアノとプロのベーシスト・加藤真一さんのDuoからスタート。たまには、ドラムレスというのも良いですね。
もっともベースがしっかりしてないと、グチャグチャになってしまいますけど…。
お互いの音を聴き合いながら、インタープレイを展開していく。加藤さんのアルコ(弓)を使ったソロなどは、こうしたゆったりとした雰囲気でないと聴けませんものね。
途中から、久しぶりのハナちゃんが入って、ピアノ・ギター・ベースのドラムレス・トリオ。
僕もハナちゃんと交代して、2曲ほど演らせてもらいました。
e0171821_12233955.jpg
休み時間に和恵ママと寛ぐ加藤さん。
この合間に僕とハナちゃんとのDuoとか、久しぶりに会ったBirdie羽鳥クンとのギターセッションなど、恥ずかしげも無く「鬼の居ぬ間」の演奏を楽しませてもらいました。
e0171821_12234545.jpg
歌っているのは、いまやアンチ・エイジングの巨匠として名高い朝倉匠子ちゃん。
ここのところ、Lezardに良く来るのか、2週連続で一緒です。
どう見ても30代に見えてしまうのが、さすがです!
30年前に「11PM」のアシスタントをやっていたのに、ね!

着いたときには、雨は止んでいたのに、途中で窓の外を見たら再び降り出していました。
しっとりとした音楽を楽しんだ一夜でした。
[PR]
by dairoku126 | 2012-12-18 12:43 | 音楽 | Comments(0)