<   2012年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

にっぽん丸、現る!

e0171821_1232131.jpg
ここのところ通例の遅起き、起きて直ぐにFacebookを覗いたら「にっぽん丸」の写真が…。
しかも、U-Streamの片瀬漁港での歓迎レセプションの模様までアップされていました。

ということで、歯医者さんで歯石を掃除して貰う前に海を回って行くことに。
134号線を渡ったら、直ぐに見えたのですが「デカっ!」
いまや、豪華クルーズ客船のサイズは半端じゃないほど大きくなりつつあるようで、横浜港のベイブリッジを作る時に橋桁の高さを当時の豪華客船のサイズに合わせて海面から55mにしたら、クィーン・メリー2世号はくぐれず、大黒ふ頭に停泊せざるを得なくなったのはニュースにもなりました。そのため、最近では豪華クルーズ客船が横浜に寄港しなくなるというミナト・ヨコハマにとっては大ピンチが続いています。

歯医者さんに行く途中にゴン太に会ったら、彼女はOC-1を漕いで直ぐ真下まで行ったとか。
「大きかったです!!!」と言ってました。
e0171821_12435336.jpg
ちなみに、今回のクルーズは名古屋から江の島までの船中2泊の旅のようですね。
お値段はというと、こちらに出ています。
最高ランクのグランドスイートは、ひとり400,000円だって…!
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-31 12:59 | 鵠沼 | Comments(0)

沢村賞

e0171821_13263898.jpgソフトバンクの摂津投手が、今年度の沢村賞に選ばれた。
正式には沢村栄治賞ですが、言わずと知れた戦前の剛速球投手"沢村栄治"にちなんで先発完投型の投手に送られる賞です。

選考基準は以下の7項目:①登板試合数 - 25試合以上②完投試合数 - 10試合以上③勝利数 - 15勝以上④勝率 - 6割以上⑤投球回数 - 200イニング以上⑥奪三振 - 150個以上⑦防御率 - 2.50以下
元々は、セ・リーグの投手のみが対象になっていましたが、1989年以降は対象者がパ・リーグにも拡大されました。90年に野茂英雄が獲得しています。
今回も昨年の田中将大に続いて、パ・リーグの投手が獲得したんですね。

また、選考委員は、5名。歴代受賞者及びパ・リーグで先発投手として活躍した元選手(1989年以降)が起用され、現職の日本プロ野球監督・コーチングスタッフからは起用されない。
2010年度以降の選考委員会の委員は土橋正幸(委員長)、堀内恒夫、平松政次、村田兆治、北別府学。なんか芥川賞とか直木賞のようですね。

1982年以前は選考基準もなく、記者投票で決めていたらしいのですが、1981年に投手5冠を達成した江川卓が選考から洩れ、西本聖が受賞した時にスポニチの江川番の記者が「江川卓の人格は沢村賞に値せず」と書いたことが影響していることを受けて、選考基準を設け、元プロ野球選手による「沢村賞選考委員会」に委ねられることになったとか。
でも、結局江川は取れず終い。やはり、江川って凄く損をしてきたんですね。
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-30 13:51 | スポーツ | Comments(0)

三浦光紀さん

2年前のKONAレースの後にニックの家に行った時にお目にかかった三浦光紀さんが、先週の土曜日(10/27)の毎日新聞のコラム「ひと 」欄に登場されていました。

三浦さんはキング・レコード入社3年目の社員時代に「ベルウッド・レコード」 を発足させ、小室等と六文銭、はっぴーえんど(細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂)、あがた森魚、西岡恭蔵・はちみつぱい、高田渡等を世に出し、その後日本フォノグラムに移籍して矢野顕子、喜納昌吉、桑名晴子を発掘、さらにジャパン・レコードでBOØWY、ZIGGY、リンドバーグ等を育てたという、現在のJ-POPの礎を築いてこられた人物。
入社3年目の20代社員に新しいレーベルを任せてしまう時代というのも凄いけど…。

ニックの家でテーブルを囲んで、主に音楽の話などをしていたのですが、その時は音楽関係の仕事をされていたという漠然とした自己紹介をされてました。
あとでニックに詳しいことを聞いて、びっくりした想い出があります。
「ベルウッド」といえば、僕の入社当時では話題になっていたレーベルでしたから…。

お目にかかった年の秋の旅行に東北を予定していたので、その時にも山形のことなどを伺ったのですが「旅行に出る前に予定を教えてください」とのお言葉に甘えてメールでお知らせしたら、酒田でアテンドする方まで手配してくださいました。
その時の旅のことはこのブログ にも書きましたが、学生時代からの友人・佐高信氏の姪御さんが、そのアテンド役。しかも、ちょうど佐高信氏が酒田に講演に来られていて…ということで美味しいお寿司をご馳走になったり、翌日のお昼の蕎麦屋(大松屋)から羽黒山の宿坊まで手配して頂いたり、と初めての酒田・鶴岡の旅を充実したものにしていただきました。

音楽だけではなく、心底から早稲田ラグビーを愛してらっしゃる方でもあります。
ここ数年、ヤキモキされて居られるのでは…?
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-29 13:49 | 友人 | Comments(0)

茅ヶ崎レース2012

e0171821_9591959.jpg
昨日は、茅ヶ崎でのアウトリガーカヌーのレース。この大会は、各競技の順位での得点によりクラブ選手権も兼ねるという2012年度最後の大会でもあります。
競技種目は、女性2名を入れたMixクラス、メンズ・オープンクラス、男女OC-1リレー、男子エリート、女子エリートという5種目。大会初日は男女エリート以外の競技が行われました。

早朝6時半に江の島の大鳥居前に集合して、レースに使うカヌーを4艇(他のクラブへの貸し出し用もあるので…)ほど茅ヶ崎のTバーの海上までウォーミングアップ&チーム練習を兼ねて、直線距離にして6.1Kmを漕いで運搬。会場近辺の海象のチェックにもなります。

開会式の後は、Mixクラスの予選。
スタート→烏帽子岩→沖のブイ→ゴールのブイという3つのレグを回る5・5Kmコースです。
僕たちのチームは参加メンバーの一人が体調不良ということで、急遽日本女子のトップパドラー・ゴン太が乗ることになり、順位とは関係ないオープン参加ということに…。
レース経験のほとんど無い人が多かったので、彼女と一緒にレースをするのは良い経験になることでしょう。案の定、スタートから好位置に付けて烏帽子を回る最初のターンでは、東海大の現役大学生チームを躱して3位に上がり、そこから沖のブイにかけての第2レグで強い向かい風に逆らいながらも2位に上がり、ブイを回る時には3艇身ほど開けられていた茅ヶ崎のチームを最後はハナの差まで追い込んでの会心のレース。ゴールした時は、みな笑顔でした。
予選の第2ヒートでは、SOCCのMix用に組んだトップチームが予選通過。
SOCCは2チームが予選通過、2チームが敗者復活に回ることに…。
e0171821_10333683.jpg
続いて、OC-1のリレー。
今回は男子も女子も一斉にスタートということで、スタートからのポジション争いが激烈でしたが、実力差で徐々に各艇の位置が開いて行きます。
SOCC男子は、スタート直後に第1漕者がフリしてしまい、出遅れ。
女子は、ゴン太が男子に混じって綜合5位というブッチギリの快走を見せて第2漕者にバトンタッチ。男子も、第2漕者のシュンが追い上げを見せて順位を上げバトンタッチ。
結果的に、女子は最後までリードを守り切り、トップでコール!男子も交えての綜合5位というのは、ホントに凄い。男子も、2位まで順位を上げました。

続いて、Mixクラスの敗者復活戦。
SOCCから2艇が出ましたが、勝ち上がりの1艇には入れませんでした。
続いて、メンズ・オープンクラス。こちらは、スタートからブッチギリの快走で5・5kmの周回コースを2周というレースで2位に400mほど差をつけてダントツの優勝。
こちらも急遽のメンバー替えでしたが、チームワークの勝利。
見事なまでにパドルが揃っていました。
e0171821_10554181.jpg
最後は、Mixクラスの決勝。こちらも周回コースを2周です。
北東の風が7mと、最悪のレースコンディション。
烏帽子まではダウン・ウィンドですが、烏帽子を回った後は向かい風&横風になり、海面の状態はチョッピーそのもの。特に向かい風になる第2レグは1番シートに座っていると飛沫をもろに浴びることになり、もうビショ濡れ!
レースでなけりゃ、寒くて仕方がないのでしょうが、アドレナリンが出ているのか漕ぐことしかアタマに浮かばない。綜合で6位でレースを終えました。
SOCCのトップチームが4位だったから、良い結果を残せたのではないでしょうか?
レース終了と共に、片付けが始まっていたので急いで着替えて、江の島に…。
帰りはクルマで帰れたので、少し人心地が付きました。

江の島に戻り、1艇だけ漕いで帰ったカヌーの片付けなどを終わったのが5時半。
長い1日でした! これで、今年のレースはすべて終了。
後は、ゆったりと漕ぐことになります。
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-28 11:12 | アウトリガー | Comments(0)

昨夜の、Lezardは…。

e0171821_1549149.jpg
久々の、Lezard。ベースをお願いした中野さんが一番乗りという申し訳ないことに…。
さて、昨夜はドラムのモトム君が用事があるとのことで、ドラムレス。
ピアノ、ギター、ベースというナット・キング・コール・トリオとかオスカー・ピーターソンの一番最初のスタイルの編成。
僕は、ボクゾーさんとの最初のバンドがドラムレスだったので、慣れては居るんですが…。
音のバランスに気をつけながら、数曲演ったところで休憩。
50年近く前にバンド活動をスタートした中野さんの昔話を聞かせて貰ったりしているうちに、ハナちゃんが"成城の歌姫"ヨーコちゃんを連れて来店しました。

そのうち、レッスンを終えたタカギ君も合流。
2ndセットは、タカギ君を入れてドラムレス・カルテットというカタチでスタート。
宿題になっていたポール・デスモンドのEmbarcaderoという曲を初合わせ。
この曲は、デスモンドとジム・ホールの"Bossa Antigua"というレコードに入っているD♭から始まってDで終わるという不思議なコード進行の曲です。
演ったのも初めてだけど、レコード以外に誰かが演っているというのも聴いたことがありません。まぁ、それくらいマイナーな曲ですが、演ってみると面白い。
インストルメンタルを数曲ほど演奏してから、せっかくヨーコちゃんが来ているので歌の伴奏を…。11月5日に一緒にやる予定なので、その中から新曲を1曲と前に演った曲を3曲ほど。
前よりJazzのノリが上手くなっていて、良い感じのヴォーカルになってました。
タカギ君は、"こういう歌い方、大好き!"と大喜び。
その頃にはカズコ女子とエディ君やテッちゃんなど常連も来ていたので、ちょうど頃合いとばかりに2ndセットを終了。

カズコ女子とエディ君は一緒に来ていたトランペッターと、これもドラムレスで…。
トランペットで演る"Wave"も良いもんです。
ハナちゃんが、帰り際にエディ君とテッちゃんと、また"Wave" を、今度は4ビートで…。
いや、聴き惚れちゃいました。ホントに、どんどん上手くなる。
ヤバイ! こちらも練習しなくちゃ。
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-26 16:14 | 音楽 | Comments(0)

行った甲斐あり。

e0171821_13323543.jpg
Facebookにナオヤ君が紹介していた店。我が家からは、ちょっと離れていますが、気になったのでクルマを飛ばして食べに行って来ました。
昼食時とあって、店の前の駐車場は満杯。隣にも駐車場があったので、最後の1台。

みそらーめん専門とありますが、しょうゆも塩もありました。
ナオヤ君が紹介していた"みそチャーシュー"を注文したのですが、値段が700円と安い。横を見ると貼り紙に「ラーメンは高い。ラーメンは庶民の食べ物だ! 値下げ断行」という勇ましいお言葉。程なく出てきたラーメンを見ると、分厚いチャーシューがなんと4枚も…。
しかも焙ってある! 野菜もタップリ。
今から40年前、まだ大学生の頃に茅ヶ崎にサッポロ軒がオープンした時の感激を想い出しました。なんせ、鵠沼近辺に美味しいラーメン屋なんてなかったからね。
波乗りの後に、良く食べに行きました。

そんなことを想い出しながら食べていたのですが、なかなかのもの。
ちょっと、嬉しい。「」の洗練された店構えや味とは違うものですが、ラーメン屋本来の「王道」のようなものを感じましたね。ガテン系の人がよく似合う店です。

寒い季節に向かって、ちょくちょく出かけそうな気がします。

さて、今夜は久しぶりの代官山Lezard。
昼寝してから、練習しよう。
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-25 13:53 | 食べ物 | Comments(0)

狂い咲き?

e0171821_16173880.jpg
昨夜から前線に吹き込む強い南寄りの風で、今朝は異様な温かさ。
しかも、晴れたかと思うと土砂降りという落ち着かない天気の一日でした。

そろそろ玄関周りの鉢植えの花を買えなければならないし、昨夜からの風でクルマに付いた潮気を土砂降りの雨を利用して洗い流そうと、寒川の"わいわい市"まで行ったのですが帰りがけに道端の桜の樹に花が咲いているのを奥さんが見つけました。
いくらなんでも"桜が…?"とは思ったものの、改めて見に行ってみると暗い空を背景に、確かに咲いている。まさに、狂い咲きです。
e0171821_16241075.jpg
それにしても、一日だけ温かいとはいえ、蕾があったんでしょうか?
いきなり、あちこちの枝に咲いてます。しかも隣には枯葉もあるし。

自然がおかしくなっているのでしょうか?
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-23 16:26 | 季節 | Comments(0)

なんか、疲れた!

e0171821_1762219.jpg
毎度、お馴染みの稲村沖からの江の島と富士。ここ数日の好天で雪が減ったような…。

昨日は、銀座で写真展を見た後は、カヌークラブの仲間の呼びかけで『ぱどらーずないとin銀座』。ま、早い話がカメラマンでありSOCCやTeam Japanの監督である木下さんの写真展を祝って飲もうという会ですが、集まったカヌー仲間や友人が40人以上。
中にはFacebook上で知り合った方とのリアルな出会いがあったりして、なかなかに盛り上がったのですが、ちと飲み過ぎたかも? 帰りの電車では、爆睡してしまいました。

今日は、また木下さんのステアで茅ヶ崎でのレースに備えての練習だったのですが、昨夜の会に来ていたメンバーは、木下さんも含めて調子が出ない。
やるべき練習は、すべてこなしたものの終わった後に疲れがドッと来たような。
体調管理は、重要ですね。若者は、いざ知らず…。
e0171821_1724954.jpg
写真展の方は、素晴らしいものでした。
最近は、PCやiPhoneで写真を見ることが多いのですが、やはりちゃんと焼き付けて大きなサイズに伸ばした写真の迫力というのは違います。色の管理は出来ているし、ディテールの部分もしっかりと見ることが出来るし…。
お時間がある方は、キャノンギャラリー銀座に足を運んでください。
カヌーをやったことがない方でも面白いと思いますよ。迫力もあるし…。
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-21 17:28 | アウトリガー | Comments(0)

新日本風土記

e0171821_1243560.jpg
NHK「新日本風土記」が江の島をテーマに撮影中ということで、SOCCも協力することに…。
島の人の暮らしを中心に描いて行くとのことでしたが、カヌークラブも取材対象に取り上げたいとのこと。危ぶまれた台風のうねりも、一夜にして消えてしまう…というツキもあって、練習開始から撮影が始まりました。
e0171821_1247339.jpg
まずは併走するカヌーに撮影クルーが乗り込んで、西浦から東浜まで…。
良い画が撮れるように、普段よりも岩屋の近くを通ったりして…。
その間に東浜で台風避難していたカヌーも波打ち際まで運ばれていました。
e0171821_12514471.jpg
東浜でのミーティングも撮影。まぁ、編集でカットされるかも…?
そろそろウェット姿も目立ち始めて来ました。まぁ、例年だと僕もウェットを着始める頃。
それだけ、今年は温かいのでしょう。
e0171821_1252398.jpg
久しぶりに6艇揃っての練習です。
いつも通りのドリルを5分単位で次々にこなして、帰りは稲村の先から一本のレース。
茅ヶ崎でのレースに出るメンバーを中心にクルーを組んでの練習ですが、我々のチームもやっとパドルが揃い始めたかな?
e0171821_1315021.jpg
帰りがけに橋の上から見たら、今日は江の島ドラゴンボートのレースの日。
昨年は、SOCCが優勝して見事に賞金をゲットしたのですが、今年は参加申し込みが例年より早かったらしくエントリーしなかったようです。熱戦が繰り広げられてました。
e0171821_13587.jpg
ビーチの方は、まだまだファンウェーブが入って来ていました。
それにしても、凄い人数!駐車場も満杯になっていました。
e0171821_1314011.jpg
今夜はキャノンギャラリー銀座で開かれているSOCC・木下監督のカヌーをテーマにした写真展&飲み会に行く予定なので、ひとまず昼寝かな?
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-20 13:15 | アウトリガー | Comments(2)

台風一過。

e0171821_13454282.jpg
昨夜の激しい風雨が、風こそ強いものの綺麗に晴れ渡りました。
24節気でいうと「寒露(かんろ)」の末候、第51候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」という季節。「寒露」というのは、朝晩にハッキリと冷え込む季節ということですが、10月も下旬になろうかというのに、未だに台風が発生しているというのは、エルニーニョのせい?

昨夜の強い風が北側から吹き込んだため、デッキの上は家の陰になり、植物には影響なし。
プルメリアの花芽も、咲いてないものは残り4つになりました。
今年は花芽も多く、結構長いこと楽しませてくれた。
もう少し冷え込みだしたら、家の中に入れてやらなくては…。
[PR]
by dairoku126 | 2012-10-19 13:56 | 季節 | Comments(0)