<   2011年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧

47Newsから…

e0171821_147487.jpg先日、紹介した47Newsですが、幾つか興味を引いた記事があったので…。

*大船渡・綾里の津波26メートル リアス式で増幅(岩手日報)
『東日本大震災の大津波を調査している土木学会津波痕跡第1期調査団(代表・佐藤慎司東大教授)は29、30の両日、大船渡市三陸町の綾里湾を調査し、津波の痕跡高25~26メートルを観測した。局地的には29メートルに達した場所もあった。リアス式海岸の地形で波が増幅し、海岸から低地が広がる市街地で甚大な被害を受けたことが調査から分かった。』  記事全文は、こちら

「工事妨害なら1人70万円支払いを」上関原発で地裁が決定(山口新聞)
これも先日書いた話の続きですが、
『山口地裁は中国電力が上関町長島で進める上関原発埋め立て準備工事をめぐり、予定地海岸で工事を阻止している同町祝島の上関原発を建てさせない祝島島民の会と島民ら12人に対して申し立てた間接強制で、工事を妨害した場合、1日当たり1人、1団体それぞれ70万円の支払いを命じる決定をしたことが29日明らかになった。決定は25日付。申し立てでは1日につき連帯して936万771円の支払いを求めていた。』  記事全文は、こちら
※まだ、原発着工を諦めてないのでしょうか?

「トイレの神様」のルーツはどこ 沖永良部で口伝調査(南日本新聞)
『「トイレの神様」のルーツはどこに−。歌手植村花菜さん(28)のヒット曲の歌詞にある「トイレをきれいにすると美人になる」といった言い伝えについて、植村さんの祖母の出身地である沖永良部島の郷土研究会の川上忠志さん(67)=和泊町和泊真=が、島の女性100人に聞き取り調査した。川上さんは「琉球の伝承が沖永良部に伝わった」とみている。』  
記事全文は、こちら。 ※なんか、ほのぼのしてて良いなぁ。

*警察学校の卒業試験解答 警官が盗む 3人書類送検(沖縄タイムス)
『県警は30日、今年2月にあった県警察学校の卒業試験の問題と模範解答を試験前に盗んだとして、20代の男性巡査3人を停職1~3月の懲戒処分としたと発表した。3人は同日付で窃盗容疑で沖縄区検に書類送検され、依願退職した。…』 記事全文は、こちら

こちらは、読売新聞ですけど…
*此処より下に家建てるな…先人の石碑、集落救う
『「此処(ここ)より下に家を建てるな」――。
東日本巨大地震で沿岸部が津波にのみこまれた岩手県宮古市にあって、重茂半島東端の姉吉地区(12世帯約40人)では全ての家屋が被害を免れた。1933年の昭和三陸大津波の後、海抜約60メートルの場所に建てられた石碑の警告を守り、坂の上で暮らしてきた住民たちは、改めて先人の教えに感謝していた。 
(中略)
巨大な波が濁流となり、漁船もろとも押し寄せてきたが、その勢いは石碑の約50メートル手前で止まった。地区自治会長の木村民茂さん(65)「幼いころから『石碑の教えを破るな』と言い聞かされてきた。先人の教訓のおかげで集落は生き残った」と話す。』記事全文は、こちら


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-31 14:47 | 生活雑感 | Comments(2)

放射線量のモニタリング・データ

日経BPに、『「冷温停止」に向けて作業進める福島原発、放射線の意味とモニタリング・サイトを紹介』という記事がありました。
まぁ、放射線という目に見えないものが相手ですから、ナーバスになるのは仕方がないし、特に小さいお子さんをお持ちの方は本当に心配なことだと思います。
日経BPの記事ですから「大本営発表」に近いと信用しない方もいるとは思いますが、一応の目安になると思いますので…。

その記事の最後のところに『厳選したモニタリング・サイト』というのがありましたので、リンクを張っておきます。本音を言うなら、これにIAEAとか国際的な第三者機関のデータがあれば良いのでしょうが…。
経済産業省の「各地のモニタリングデータ」
上記のサイトには、文部科学省の「福島第1原子力発電所周辺のモニタリング結果」をはじめ国立研究機関、都道府県、電力会社、大学などが提供するモニタリングの総合リンク集。
原発事故による農産物被害情報などのリンクもある。
文部科学省の「全国の放射線モニタリングデータ」
※神奈川県は、茅ヶ崎市のデータ。上水道のデータもあります。
国土交通省の「首都圏空港(成田空港・羽田空港)における放射線測定状況について」
東京都内の環境放射線測定結果(測定場所:東京都新宿区百人町)
庁の「水道水の放射能に関するQ&A・測定結果」


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-31 09:43 | 生活雑感 | Comments(0)

久しぶりに、メンバーが揃いました。

e0171821_1124691.jpg
久しぶりのLezardです。今日は、久しぶりにメンバーが勢揃い。
街を歩いていても、春めいた服を着た女性が目立ち始めました。

前日に和恵ママからの伝言で「松陰神社の鰻割烹「一二三」が改装のために閉店するので、その前に…」ということで晩飯を食べずに、いつもより早くLezardに…。
和恵ママがお弁当になった鰻重をピックアップしてきてくれました。
このお店のご主人は、実はライトミュージックソサエティでLezardの常連・M女史の先輩。
名トランペッターだったとのこと。名店の誉れ高い店ですが、ホントに美味しかった。
昨日は、我々のバンドと成城バンド、そしてM女史のトリオ、それに福田重男さんの弟子のピエールと演奏者には事欠きません。
まずは、我々のバンドが口開けに演って、それから成城バンドにスイッチ。
成城バンドが終了したところで、成城のハナちゃんとの恒例のDuo。
e0171821_11265442.jpg
今月の曲は、ジェローム・カーンの「All the Things you are」。
このDuoも3回目ですが、徐々に呼吸が合い始めました。
e0171821_1135413.jpg

その後は、ピエール君(彼のピアノは響きが美しかった)とエディ氏のピアノとベースのDuoとか、M女史のトリオにヨーコちゃんのヴォーカルや、会社が終わってから駆けつけて来た早稲田ハイソ出身のアルトサックス奏者・青木君などが入り交じってのセッション。
話をしていると、皆、それぞれにいろいろな思いを抱えながらも、やはり集まって音楽を楽しもうとしていたのでしょう。いつもよりも熱い演奏になりました。


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-30 11:45 | 音楽 | Comments(0)

「命の三角形」

Facebookに出ていたのですが、「目から鱗」だったので転載させていただきます。
これはアメリカの国際レスキュー隊の隊長さんの25年以上にわたる経験から得た地震の際の注意すること。日本語に訳したものがこちらにありましたので…。

※外に居るときや、自宅に居るときなどランダムに書いてあります。

ビルが崩壊して、天井が落っこちてきたときは、
テーブルや家具などを押しつぶし、
その隣には空間ができますが
その下に空間ができることはありません。
テーブルや机の下に入らないでください。
家具が大きかったり、強度があれば
その横に空間ができるのです。
この空間こそが「命の三角形」です。
そして、この空間に入り込めば、
助かる可能性が高くなります。
実際、崩壊したビルには
この「命の三角形」がたくさんあります。
地震のときは、以下の注意を守ってください。

※なんか、我々が教わったのとは違うようです。

★ほとんどの人は、地震のとき、
机やテーブルの下にもぐりこむが、
これでは、崩落したときには、助からない。

地震の際、すぐに外に出ることができなかったら
近くにある大きくて強固な家具
(机、テーブル、ソファ、ベッドなど)の横で、
胎児のように丸く、なるべく小さくなってうずくまること。
この体勢をとると、命の三角形の中で助かりやすい。

★夜、ベッドで寝ているときに地震が起こったら
ベッドから下りて、ベッドの横で、胎児の体勢をとること。
ベッドの横は、命の三角形ができやすい場所である。

全てのホテルのドアに、このことを明記したなら
地震の際のホテルでの生存者が飛躍的に増えるだろう。

★地震のときは、ドアから離れること。
ドアのそばにいる人は、助からない場合が多い。

★なるべく、建物の中心から遠ざかること。
外壁に近いほど、助かりやすい。

★車に乗っているときは、
崩落した道路や落下物の下敷きになることがあるので
車からは直ちに降りて
命の三角形ができる車の横で座るか横になること。

★木造家屋が実は、いちばん安全。
木は地震で動いたり、しなったりするので
崩壊しても大きな空間を作りやすいし、重さが分散される。

こちらの情報に関しましては、いろいろな反論もありますので、
情報のひとつとして、とらえていただけたらと思っています。
原文は、こちらです(アメリカ赤十字の反論もコチラから)。


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-30 10:25 | 生活雑感 | Comments(0)

ハードに漕ぎました。

e0171821_8585942.jpg平日の練習も復活。以前は、女性が多くて「エレガンス・クラス」というゆったりと漕いだり、コーヒーを持っていって沖で"お茶"などをしていたのですが、昨日は男ばかり。
それも、一人を除いて昨年のコナ・レースに出場したメンバーが5人。
ウォーミング・アップの後に、コーチの小林君がOC-1で併走しながら、沖に向かって30分ノンストップで漕ぎ上がりました。
往路は、代表のIさんがストローカー。
ピッチ54(1分間に54回漕ぐ)くらいのマスターズ・ペースです。
併走しているコーチから、それぞれフォームのことやインパクトのタイミングなど指示が飛びます。僕は、珍しく4番と後ろの方を漕いでいたのですが「もっとインパクトにパワーを入れて!」とのアドバイス。
ハードな練習になりました。
30分走ったところで、休憩。
帰りは、ストローカーが若手のリョータ君に変わったら、ピッチは若手クラスの62~64とさらにハードに…。時々、弱いうねりを掴んだので走ること、走ること。
シーズン初めなので走っているといっても、コナに出た頃に比べると遅いのですが…。
それでも帰りは、25分で戻りました。
陽気も平年並みに戻って来たので、パドルシャツだけでも汗をかくほど。
良い練習が出来ました。


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-30 09:58 | アウトリガー | Comments(0)

海外メディア監視サイトが「告発」

震災の時に『流言飛語』が飛ぶのは、関東大震災でもありましたが、ちゃんとした海外メディアまでがトンでもない情報を流しているようです。
『CNNやテレグラフ震災記事は「インチキ」』という記事を見つけました。

それによると『 インターネットでは、各種メディアの報道内容を監視するサイトが立ち上がった。米CNNやCBS、英テレグラフといった大手テレビ局や新聞もやり玉にあがっている。
「ジャーナリスト恥辱の壁」という英語のウェブサイトがある。横浜在住で、映画事業に携わるアンドリュー・ウールナー氏が中心となって立ち上げた。東北関東大震災以降、怪しげな情報源をもとに記事を発信したり、事実とは異なる報道をしたりするメディアをネット利用者から「告発」してもらい、「恥辱の壁」のサイトで暴露していこうというものだ。
(中略)
<日本の食品に交じって放射性物質米国に入ってくる>
米CNNは、多くの映像が対象となった。例えば2011年3月20日の映像を見ると、女性キャスターが「放射性物質が、日本から輸入される食品に交じって米国に入ってくる恐れがあります」とやや上ずった声で伝えた後、空気中の放射性物質が日本から風に乗って米国本土にまで拡散するのではないか、と気象予報士にと尋ねた。予報士が「米国にはまず影響ありません」と返答するやいなや女性キャスターは、「この間も同じこと言ったじゃない」「大丈夫というのは、日本政府が言っていることでしょ」と、少々感情的に予報士に食ってかかった。
さらに、カリフォルニア州が津波の影響で「非常事態宣言」を出したことを、福島第1の事故の関連による宣言だと勘違いして、予報士がいくら「影響はない」と言っても「だったらどうして、非常事態宣言なんか出されたのか」と納得しない。』などなど。
アメリカに居る姪が心配してメールをしてきたのは、これのせいなのか?

僕が実際にネットで見た動画は、フランスの評論家が『今回の地震は、ゲリラがプレートに原爆をしかけて大地震を誘発したものだ。なぜなら、福島の原発はイスラエル系のセキュリティ会社が警備を請け負っているから…』とTV番組で語っているもの。
まさに『想定外』の流言です。ま、ここまで来れば、誰も信じないだろうけど…。


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-28 16:43 | 生活雑感 | Comments(4)

いつの間に?

e0171821_15502289.jpg
e0171821_1550437.jpg
グラフを見てたら、供給電力量が300万Kwほど増えている。
今日は、昨日に比べて温かいから電力需要が低いのかと思ったら、供給電力量も増えていたので80%台に収まっているのですね。休んでいた火力発電所が稼働を始めたのだろうか?
そのせいか、今日も早朝に停電の予定だったのですが、実施せず!
それにしても、最近首相の姿を見ないなぁ。


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-28 16:00 | 生活雑感 | Comments(0)

47NEWSって、ご存じでした?

e0171821_13322757.jpg47都道府県の52新聞社と共同通信のニュース・速報サイト47NEWSって、ご存じでした? 地方新聞社のネットワーク+共同通信という情報は、朝・毎・読の3大新聞とは違う視点でものを見ている感じがします。
僕は、今回の震災であちこちのサイトを見て回っている時に見つけました。

例えば、『破壊力強い「射流」発生 専門家が津波を分析』なんて記事は、中日新聞に載っていたようですが、「射流」なんて言葉が津波の専門用語にあるのですね。
通常の津波は「常流」というのだそうです。
また、佐賀新聞の『「福島震撼、検証玄海」崩壊 安全神話』なんて記事は、同じく原発を抱える地元の視線で報道されている。同じ原発の記事を書くにも、地方が抱える足下の問題として捉えているところが大新聞やキー局のTV局発のニュースとは違うところ。

参加新聞社の論説・コラムの一覧を見ても、肌触りが温かいというか大新聞のような「大上段からもの申す」というところがありません。同じ目線の高さが感じられるんですね。
スポーツ欄の野球にしても、当然「河北新報」は楽天だし、「神奈川新聞」は横浜です。
なぜか、参加新聞社の中に「日本経済新聞」が入っているのが、不思議!


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-28 14:05 | 生活雑感 | Comments(0)

やっぱり、海は良い!

e0171821_1214999.jpg
再開、2日目。今日は、昨日より人数も増えて3艇で出ました。
出艇前のミーティングで、副代表から話があり、彼の仕事関係の福島や茨城のサーファーから伝えられたという話がありました。今回の津波で経営するサーフショップや家が、根こそぎ持って行かれたというプロサーファーはそれでも『被害に遭わなかった地域では、普段通り海に出て欲しい。「海の文化」を絶やさないで欲しい』との伝言。
涙が出そうになるほど、心に突き刺さりました。

今日も、黙祷をしてから3艇に別れて稲村を目指しました。私は女性とシニアの混合チーム。
今日のステアは、Mr.Simpson。ステアをするのは、1年半ぶりくらいかな。
昨日に比べて、北からの風が強く、漕いでいても暑くなるどころか、寒い!
でも、副代表の話が効いたのか、クルーの気持ちが前向きになっていたのか、アゲンストの風に逆らって、良く走りました。帰りは、斜め後ろからのフォローということもあり、さらに気持ち良く走りました。気持ちが揃っていれば、非力なメンバーでも、結構走ることを痛感させられました。半端な気持ちなら、海にでるな! ということなのでしょう。
皮肉なことに、練習が終わる頃に風がパタッと止んで、温かくなってきました。もうっ。

風がうねりを消してしまったので、サーファーの姿こそ見られませんでしたが、ヨットも数艇出始めました。徐々に、通常の海の風景が戻りつつあります。
江の島の参道も、昨日に比べて人の出が増えて来ていたし…。
艇の片付けをした後は、西浦に流れ着いたゴミを船で収集に来ていたので、クラブのメンバーでゴミ出しの手伝い。バケツ・リレーのように並んで30分ほどかかりました。
これだけのゴミが漂着しているのかと驚くほど。
漕ぎ足りないメンバーはOC-1で再度、出艇。12艇ものOC-1が出て行きました。

やっぱり、海は良い!


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-27 12:46 | アウトリガー | Comments(2)

再び、漕ぎ始めました。

e0171821_12363995.jpg
2週間の自粛期間を経て、SOCCの活動を再開しました。メンバーの中には、親戚が今回の地震で被害を蒙った人も居れば、神奈川県の救助隊として震災直後に現地に赴き、捜索活動中に大津波警報が発令されて生命の危険にさらされた人もいます。
さまざまな思いがあるのでしょうが、まずは前に進もうとクラブで活動再開を決定したもの。
今朝は、3月末とは思えない寒さでしたが、20名弱が集まりました。
全員でビーチの清掃を行ってから、長い黙祷の後、2艇のカヌーで海に出ました。
予想はしていましたが、来ることは来たものの海に出る気がしない、という人もいましたが、それは各人の考えですから仕方がありません。
海に対する恐怖心を、少しずつなだめていくしかありません。

久しぶりのパドルなので、ゆったりと江の島を回り、稲村を目指しました。
漁船は見かけたものの、ヨットは殆ど出ていません。サーファーも、いつもよりは少な目。
漕ぎ出してみると、筋肉が縮こまっていたことが分かります。いつものように1番に座ったので、後ろはまったく見えませんが、心をひとつにしよう!という気組みは伝わってきました。そのせいか、最初は、快調に滑るように走りました。
が、リラックスした漕ぎができてないせいか、徐々にバラけてきて、カヌーの進みが重くなってきました。疲れてくると、無理にでも力を入れようとして、バラけてしまうのです。

海面は、鏡のように美しく、沖から時たまスウェルが入ってきます。
陽射しもタップリで、風も気になるほど強くない、という絶好のコンディションでした。
先行していたエリート組が稲村の先端付近で、突然入ったスウェルを超えようとしてブレークされ、カヌーの真上から波が降ってくるというアクシデントがありましたが、こちらは高見の見物! 稲村沖で休憩した後に、江の島目指して一気にロング・ディスタンス。
橋まで25分を切るパドルでした。

1時間程度の練習でしたが、やはり海に出て良かった!
モヤモヤしていたものが、晴れてきました。筋肉は、バリバリですけど…。


[PR]
by dairoku126 | 2011-03-26 13:12 | アウトリガー | Comments(2)