<   2009年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

来る年が…。

e0171821_1721631.jpg
明るい年になると良いですね。今年は、様々なことがありました。
3月いっぱいで会社を辞めたことが、まず最大の変化でしょう。
名刺も肩書きも無い生活というのは、自分の真価を問われる生活とも言えます。
まぁ、気楽に過ごそうと思えば、こんなに気楽な生活は無いのですが…。

でも、そんな生活の中で一番の変化はウェンディが居なくなってしまったことです。
2ヶ月半ほど、朝から晩までベッタリの日々を楽しんでくれたようですが、脳梗塞を患ってからの闘いは涙無しには語ることが出来ません。むしろ、こちらが励まされるほど、健気に病気と闘ってくれました。14年間、ホントにありがとう。僕が子供の頃から一緒に過ごして来た犬の中では、抜群に明るくて、楽しませてくれた家族でした。未だに、毎朝2階から下りてくるとウェンディの写真に「おはよう」と声をかけています。最近、奥さんの夢の中に良く登場するらしく、彼女いわく「温もりまで感じる」とのこと。ちょっと、羨ましいぞ!
彼女が言うには「やっと、天国に行ったんだ」と報せに来たんじゃないかと。
半年間も、あちこち寄り道していたのでしょうか? 
そこら辺もウェンディらしい、といえばウェンディらしいんですが…。

長期の旅行が出来たのは、ウェンディのことを心配しなくても済むようになったからなので、これは心から楽しめたのですが…。
日本には、知らなかった良いところが沢山ありました。これは、今年の収穫です。
出雲の神社には、心底参りました。本居宣長が看破したように「神とは、畏き(かしこき)もの」ということが良く分かりました。日本人と自然の関わり方とは、理屈で考えるよりも、カラダで感じるのですね。自然というのは、畏敬すべきものだと。
場所から感じるオーラみたいなものでしょうか?
清浄な「気」に触れてみると、良く分かります。

カヌーは、昨年の1.5倍は漕ぎました。波乗りも、倍までは行かなくても楽しみました。
海との関わりを、久し振りにエンジョイしたように思います。
明日の会社のことを心配せずにトコトン楽しめるのですから…。

これから、お節料理をお重に詰めます。想い出せば、僕の父も大晦日の夜に、出来上がった料理をお重に詰めるのが「一年の節目」と良く言っていました。だから、絶対に他人まかせにせずに、丁寧に母が作ったお節を詰めていました。DNAというのは、覚えているんですね。

スケジュール帳も、明日からは新しいものに…。皆様、良いお年をお迎えください。
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-31 17:45 | 季節 | Comments(0)

いよいよ…

e0171821_1019409.jpg
大晦日になりました。毎年、1年が過ぎ去るのがドンドン早くなっていきます。
29日にあらかたの掃除はすべて済ませてしまったので、昨日は洗車でもと思いましたが、風が強くて中止に…。だって、また潮風やホコリが付くのが分かってますので。
奥さんは、お節料理にかかり切り。幸いなことに、結婚してからズッと僕の母のお節を手伝ってきたので、我が家のお節は母親の味が残っています。
彼女の家のお節は江戸前ですが、我が家は関西風というか独特のもので、僕の母は大津ですので京都風の味付けが好きでしたが、母に言わせても「?」というものでした。
祖父は岡山、祖母は京都ですので、不思議なミックスなのでしょうか?
だから、江戸前育ちの奥さんにしてみれば、「なに?これ」と思ったでしょうが、長年作り続けているうちに慣れてしまったというか、慣らされてしまったというべきか。
ずっと、僕が子供の頃から親しんで来た味のお節を、ちゃんとマスターしてくれました。
まぁ、世間一般でお節料理と言われるものとアイテムは同じなのですが…。

…てなことで、時々味見をしながら本でも読もうと思い、外を見るとメジロが来ていました。
カラスに取られないように、ミカンをマサキの入り組んだところに置いておいたら、つがいで食べに来ました。風が強かったのですが、掴まるところがしっかりしているせいか、仲良く2羽でタップリと時間をかけて食べていました。
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-31 10:44 | 季節 | Comments(0)

ジミー竹内

e0171821_12282016.jpgジミー竹内氏が、逝去されたとの記事が出ていました。
79歳だったそうですから、天寿をほぼ全うされたようですね。
僕がジャズを聴き始めた頃に、原信夫とシャープス&フラッツで大活躍していましたが、切れのあるドラミングとカッコ良さでジョージ川口氏と人気を二分していました。
14歳から進駐軍回りを始めたのが、プロでのスタートと言いますから天才少年ですね。
原信夫とシャープ&フラッツ、小原重徳&ブルーコーツ、渡辺晋&シックスジョーンズ、鈴木章治&リズムエース、そして自己のバンド・ファイブスター、セブンスター等、名門バンドのリズムの要を務めた。また、東芝レコード「ドラム・ドラム・ドラム」シリーズでは12年間LP100万枚を突破し大ヒットを続けた。その後は、世良譲トリオに参加するなど日本のジャズ界の王道を歩み続けた。
ジャズはもちろんのこと、なんとスクールメイツとの共演したレコードも発売されている。
AMAZONで検索するとジャズ、R&B、ディスコなど幅広いジャンルのCDが並んでいます。
バディ・リッチジーン・クルーパと同様に「魅せるドラマー」で、スタイリッシュなプレイ振りはビッグバンド・ジャズ好きなドラマーの憧れの的でした。
曲の決め所で見せる歌舞伎の六方を思わせる所作が、ピタリと決まると、見ているこちらまでゾクゾクさせるようなカッコ良さが人気の秘訣だったのでしょう。
同時に、ドラム教室も人気が高く、代官山Lezardでプレイを楽しんでいる方の中にも「ジミー竹内の弟子だった」という人もいます。
こちらのYou Tubeを見ていただけるとジミー竹内氏の映像からスタートしますので…。
ドラムのイントロから始まって、歌に対してバックは倍のリズムを刻んで行き、サビから4ビートのスイング感たっぷりというアレンジですが、そこの切り替えの妙や、歌のバックで聞こえてくるシンバル・レガートの「切れ」の良さが、メリハリの利いた彼のプレイの持ち味でしょうね。弘田美枝子も歌いやすいのでしょう、キモチ良くスイングしています。
Pearlのドラムの専属で、彼が居たおかげでPearlを買った人も多いのではないでしょうか?
いまだにPearlのスティックで「ジミー竹内」モデルというのがあります。
前にドリフターズの加藤茶が、自分の宝物としてPearlのドラムをTVで紹介していたことがありました。下の映像は、最後の1分くらいからドラムソロが始まりますが、いや大したものです。

   
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-30 12:49 | 音楽 | Comments(0)

サタデーナイト・スーダラ節

ヴェニス・ビーチのマイちゃんのブログに出ていたのですが、あまりに面白いので…。
それにしても、この組み合わせというのは絶妙ですね。
カット割りまで合わせたように、決まっているのが凄いです。
映画自体は、トラボルタの軟派な気持ちが一人の女性と知り合うことで、人生に初めて真面目に向きあうというものだったけど…。 動きの軽さが実にスーダラ節です。
まぁ、スーダラ節そのものも僧侶だった植木等の父親が歌詞にある「分かっちゃいるけど、止められない!」というのを聞いて、「仏教の真理そのものだ」と言ったとかいう話が残っているほど、噛みしめるとシリアスな部分が漂うものですから映画のテーマとも乖離していないのかも?
ともあれ、来年は明るい年になるように祈りを込めて…
「あ、それスイスイスーダラらった、スラスラスイスイス〜イ」

   
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-30 11:21 | 文化 | Comments(2)

忙中閑あり。

e0171821_1763911.jpg
朝、起きると雨が…。まぁ、直ぐに上がりましたが。
奥さんのスケジュールによると、今日は何もないとのことなので、晴れて来たのを幸いと藤沢まで歩いて行きました。マピオンのキョリ測によれば4kmちょうどくらいですね。
有隣堂で本を数冊買って、藤沢の知られざる中華の名店・清光園という中華料理の店(最近、横浜の中華街に支店を出したそうです)でお昼を食べてから、洋服を見たり、花屋で正月用の花を買ったりしてから帰りは小田急で鵠沼海岸まで帰って来ました。
e0171821_17183582.jpg
ついでに、鵠沼海岸の商店街もブラブラと歩くと、いつの間にか知らない店がオープンしています。中を覗いたりしたついでに、STUDIO・LEONに寄ってアンちゃんの成長ぶりを確かめてきました。7ヶ月になったということで、大きくなってきました。
イタズラ盛りの頃ですから、大変でしょうが…。その分、可愛さもひとしおの頃です。
e0171821_17194359.jpg
明日から大晦日にかけて、僕は網戸とガラス拭き、洗車で終わり。
奥さんは、おせちを作り始めることでしょう。
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-28 17:23 | 季節 | Comments(0)

江戸時代のロビンソン。

e0171821_1557071.jpg今朝の朝刊に、コンティキ号の最後の乗組員が92歳で亡くなったとの記事が出ていました。コンティキ号による漂流実験自体が1947年ということですから、62年も前のこと。この漂流航海のリーダーであったノルウェイの人類学者・トール・ヘイエルダールの仮説は、ポリネシア文明と南米・インカ文明とに共通する要素が多いので、ポリネシア人の起源はインカ人が南米から渡ったとするもの。現在は、まったく逆でポリネシア人は東アジアの島嶼部から渡って行ったという説が有力になっている。
ともあれ、西村Kazuさんのブログによるとコンティキ号はオスロの博物館に飾られているらしい。
…ということで、またまた漂流ものです。
岩尾龍太郎著「江戸時代のロビンソン-7つの漂流譚-」という文庫本ですが、前にもこのブログで書いた土佐の長平(吉村昭「漂流」)を始めとして、それ以外に南方への漂流譚としてフィリピン近海まで流された尾張・大野村の船の話とか、ボルネオに流された博多のロビンソン・唐泊孫太郎の話とか、カリフォルニア半島沖でアメリカの捕鯨船に発見され、そのままアリューシャン経由でロシアまで渡り、国後島経由で日本に戻ってきた尾張の重吉など、7つの漂流譚が描かれているのですが、序章で「漂流の背景」として江戸時代に漂流が多発した原因が説かれています。
船がしっかりとした新造船で米が沢山積んでありさえすれば、海水から蒸留水をつくるランビキ技術などはほとんどの船頭がちゃんと知っていたので、壊血病で弱らない限りは1年以上もマストも舵もないままに、流され続けているのですね。
鎖国政策による歪んだ船の発達の仕方が多数の漂流をもたらしたのですね。
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-28 16:42 | | Comments(0)

押し詰まってきました。

e0171821_9485671.jpg
今年も、残りわずか。押し詰まった感じになってきました。
「小掃除」を心がけて来たので、家の大掃除も残すのは窓ガラス拭きと外回りをキレイに掃き上げるだけくらい。これは、南風の吹く具合を確かめて、最後の最後にやらないと2度手間になってしまうのでギリギリまで取っておくことに…。
スチーム洗浄機で床とかレンジフード及び換気扇の掃除は、先週やっちゃったし。
…ということで昨日は、12時キックオフのラグビー大学選手権をスカパーで見ようと思っていたら、なんと高校ラグビーが始まって、大学は夜に録画中継とのこと。
気が抜けてしまいました。
それでもYahoo!の掲示板で、経過を報告してくれる親切な人がいたのでハラハラドキドキしながらしていました。準決勝は、帝京vs明治、慶応vs東海になりました。早稲田は、中心選手の怪我が響いてしまった。日本協会としては、早慶明が揃って出てくれるのが集客的にはイチバンだったのだろうけど…。
夕方、奥さんと散歩に出ました。最後の日曜日とあってか人出は多く、ほとんどの人が夕陽に向かってデジカメを構えていました。家から江ノ島漁港の突端まで歩き、西浦を見ると土曜日に「カヌー納め」の際に西浦全体を清掃したせいか遠目にも浜がキレイになっているのが分かります。
e0171821_1071977.jpg
台風18号のおかげで、すさまじいことになった西浦もクラブ員の頑張りで、ここまでキレイになりました。カヌーはアウトリガーの部分を外して、船底をワックスで磨き、カバーをかけて来春までお休み。クラブハウスも元通りになりました。西浦は、サンセット・ポイントとしては良い場所なので、写真を撮りに来る人も多くなりました。
帰る頃には、日も落ちて暗くなってきました。
e0171821_10133145.jpg

[PR]
by dairoku126 | 2009-12-28 10:14 | 季節 | Comments(0)

Mele Kalikimaka!

e0171821_1551037.jpg
今日は、クリスマス・イブということで懐かしいレコードをかけてみました。
ジョン・デンバーとセサミストリートのマペット達によるクリスマス・ソングのレコードです。我が家の子供達が小さい時に買ったものですが、いちばん喜んで楽しんでいたのは子供達ではなく、我が家の奥さんかもしれません。
ほのぼのとして暖かいクリスマスの気分が針を落とした瞬間から立ち上ってきます。
70年代の「Simple Life」なんてコピーが世の中を席巻していた時代のものですから、全体の作りもシンプルでストレートにジョン・デンバーとマペット達が絡み合う楽しい作りになっています。まぁ、ジョン・デンバーの音楽そのものがシンプルなんですけど…。
これを聞いていると子供達が小さい頃のクリスマスを想い出します。チキンに詰め物をして丸ごと一羽オーブンで焼いて、父親である私が切り分けてみんなにサーブする。僕が小さい時も母がチキンを焼いて、父親がそれは見事に切り分けて子供達に配ってくれました。初めて我が家でチキンを焼いた時には、隣に居た父親に来て貰って切り分け方を教えてもらいました。

還暦を過ぎた夫婦二人の生活ですから、チキンを丸ごと一羽なんて焼いたら後の始末に困るのでやりませんが、やはりクリスマスにはチキンを食べたくなるのは何故でしょう?
子供の時からの習慣だからなのでしょうか?
我が家は、祖父の代からのクリスチャンだったのでクリスマスを大切にしていましたし、クリスマス・イブの夜には両親が行っていた教会のコーラス隊が信者の家を回ってはクリスマスの賛美歌を歌いに来てくれていたので、母はクリスマス・イブの日ともなるとコーラス隊の人達に振る舞うスープを大量に作っていました。僕が小さい時には、コーラス隊が来る時間には寝かされていたのですが、寝床の中で必死に起きていてコーラスを聴いたもんです。
歌い終わったコーラス隊の人達が家の中に入って、スープを飲んだりして談笑している声が小さい家ですから聞こえてくるのですが、楽しそうな笑い声に「早く、大きくなってあっちに行きたい」と切実に思ったものです。
ドア越しに聞こえてくる笑い声とか楽しそうな雰囲気ってのは、もの凄い魅力的なもので、いま考えれば大した「もてなし」もしてなかったんでしょうが、子供達には出さない良いものを食べているんじゃないか?とか疑心暗鬼の固まりみたいになっていました。

僕は末っ子だったので、いつも早く寝かされていたので…。

標題のMele Kalikimaka!ですが、ハワイ語のMerry Christmas!という意味です。
同じタイトルの曲もあります。
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-24 16:41 | 季節 | Comments(0)

Wax off!

e0171821_15172569.jpg
年末のTo Doリストに入れておくことの一つに、ボードのWax offということがあります。
今年、ボードに塗ったワックスは今年のうちにすべて取り去って、年が明けた最初のサーフィンは新しいワックスで始めるというものです。
まぁ、こんな習慣は人によって違うでしょうし、いちいちワックスを塗り直すのも実はメンドーなことですから、年末に必ずWax offをする人というのもあまり聞いたことがありません。でも、ワックスをはがしてオレンジ・オイルでピカピカにしたボードというのも綺麗なものです。新年のサーフィンが、新鮮な気持ちで出来るというのがメリットのその1。
さらに、細かい傷やクラックも、こうすると見えてきますから冬休みの間に修理も出来るし、ボードのメインテナンス上からもWax offをすることは良いことだと思っています。e0171821_15413361.jpg
昔は、年末にシェイパー達がHawaiiに行ってしまうので、工場はヒマになるので、その間にラミネート関係の人達に頼んでオーバーホールをして貰っていたこともありました。これをやれば完璧にボードは長持ちしますし、良い状態が何年も続きます。
僕がCaliforniaで買ってきた、Hobieのフィル・エドワース・モデル(シリアルが1600番台!)なんて30年近く経ちますが、最初の頃にこれをやっていたので未だにちゃんと乗れます。(リーシュ・カップも無い時代のものですよ)
今年は、2本ほどお天気の良い時間を選んで、やりました。
晴れていないとワックスを剥がすのが重労働になります。
まぁ、それはともかく自分のボードを愛おしむ気持ちがあれば、メンドーなWax offも楽しいものですよ。
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-24 15:49 | 波乗り | Comments(2)

忘年会、第3弾!

e0171821_1332051.jpg
昨日は、ホクレアでのトレーニングを控えている西村Kazuさん、マガジンハウスを中抜けしたWest氏こと西岡君に、僕の会社の先輩でwebデザイナーの桑原さんにも急遽参加していただいて真っ昼間から忘年会というフリーランスの人間ならではの会を楽しみました。
会場は、江ノ島でいちばん景色が良くて、魚が美味い江ノ島亭です。
お酒を飲むことになるので、家から江ノ島まで歩いて行きましたが、万歩計で測ってみると橋を渡ったところで、約1万4千歩。結構、あるもんですね。
West氏が遅れてくるとのことなので、橋を渡ったところにある鳥居で待ち合わせをして、参道を上がって奥津の宮の手前の江ノ島亭に…。
2時過ぎなので、お客さんも少なく望み通りに窓際の席を占めることが出来ました。
上の写真は、僕の席から撮ったのですが、ホントに眺めが良いでしょう。
まずは生ビールに刺身の盛り合わせでスタート。
e0171821_13261782.jpg
ふと下を見ると、浚渫船が引かれてダイロクポイントの辺りにやって来ました。片瀬川からの砂が河口から漁港の出入り口近辺に溜まってしまい、岩場までの連絡船の弁天丸も大回りしないと座礁しかねないほど…。年末・年始を控えて大急ぎで砂を掘り出すのでしょうか?
ホクレアの話や桑原さんが始めたi-phoneのアプリの設計の話など、とりとめの無い話をしながらワインや日本酒に移って、適当に好きなものを注文しながら明るい日差しの元で酒を飲む楽しさを味わいました。いや、最高です!
そのうちにWest氏も登場。橋を渡るところから走ってきたとのことで、息を弾ませながらビールで乾杯!またまた、話が盛り上がりを見せたのですが、平日は18時までとのことなので島を出て、桑原さんの新しいオフィスで2次会。
すっかり日が暮れた橋を渡りながら、振り返るとライトアップされた灯台がクラゲのように夜空に浮かんでいました。
e0171821_13342781.jpg
桑原さんは、前にも同じマンションで事務所を構えていたのですが、一時ベイサイドマリーナにグランドバンクスというクルーザーを係留して、その船にオフィスを構えていました。
雑誌や新聞に「リタイヤ後の生き方」みたいな特集では良く取り上げられていました。
2次会がスタートした辺りから、酔いが回ってきて半覚半睡状態。
それにしても皆さん、お酒が強い!!
ワインでスタートしたのですが、Ginや焼酎でも、生のままでグイグイと飲んで行きます。
さらにペースが上がって、話もどんどん盛り上がります。
少人数なので、話のテーマも絞られているので突っ込んだ話が出来るのが良いんですが、意識が時々朦朧としてしまうのです。i-phoneのアプリの開発者としては桑原さんが世界最年長者であることとか、来年の新緑の頃に周防大島など瀬戸内探訪しようとか、ホクレアのトレーニング・プログラムなどなどなどの話は覚えていますが…。
西村Kazuさんが葉山に電車で帰れるように、9時半頃に2次会もお開きに…。
桑原さんと二人で徒歩で帰ったのですが、歩いているうちに酔いも醒めてきて…。
なんだかんだで3万5千歩は歩いた一日でした。
<追記>
家に帰って、風呂に入ったら柚子が浮かんでいました。
「冬至」だったんですよね。
[PR]
by dairoku126 | 2009-12-23 15:45 | 友人 | Comments(2)