カテゴリ:波乗り( 91 )

Fifty years ago!

e0171821_09141173.jpg
昨日で68歳になったのですが、つらつらと想い出すと50年前の今頃は大学受験を目前に控え、風邪を引かないようにだけ気を遣っていたことを想い出しました。
無事に受験も終わり、3月には晴れて波乗りも解禁。
鵠沼サーフクラブの面々と意気揚々と千葉に波乗りに行きました。
当時は、まだ道路が整備されて無くて金谷から鴨川までは山の中の砂利道。
これは、鴨川から勝浦へと向かう道ですね。
e0171821_09141554.jpg
幸いにも波に当たり、さぁ波乗りだ!とボードを下ろしたら、キャリアに食い込んでクラックが入って居たときのしけた顔(笑)
ワックスで蓋をするように塗り込んで、平気で海に入りはしましたが…。
ボードを調べてくれているのは、West Coastブランドを立ち上げた鈴木三平さん。
e0171821_09142031.jpg
鴨川も、今のようにサーフタウンとして隆盛を誇る以前のひなびた漁師町。
この頃は、まだテトラが入る前ですから岸壁沿いに良い波が入って居ました。
昨年、久しぶりに行った時に様子があまりにも変わっていたので驚いたほど。
海から上がって行った銭湯がやけに熱かったので、水を出して音頭を下げようとしたら「うめるんじゃねぇ!」と背中に入れ墨をビッシリと入れたコワイお兄さんに怒られてビビったのも良い想い出です。

こうしてみると、50年なんてアッという間に過ぎてしまうんですね。




[PR]
by dairoku126 | 2017-01-27 09:33 | 波乗り | Comments(0)

海開き。

e0171821_14103755.jpg
今日から9月。
なんで今日から海開きかというと、朝8時から夕方5時までの海水浴場の規制がなくなり、どこでも波乗りが出来るようになったから…。
ということで、行ったのですが時間が少し遅かった!

大潮のドン引きの時間に行ってしまったので、最初は良かったものの潮が引くに連れてダンパーがきつくなっていた。
しかも、大雨で流れ込んだゴミが岸のところに固まっていてフィンが引っかかるほど。
トランクスの内側にも、肌にも細かいゴミが張り付いていて、家に帰ってから外で水をかけて落としたつもりでも、シャワーを浴びていたら流れていました。
おかげで風呂場のゴミ取りネットが詰まりそうになって、すぐに取り替えました。

それでも、気持ちよく何本かは乗れたので良しとしよう!

写真のテイクオフしようとしている外人は、フランス人らしい?
覚え立てのようで、どんな波でもガンガンと行ってました。


[PR]
by dairoku126 | 2016-09-01 14:16 | 波乗り | Comments(0)

波が、上がり始めた。

e0171821_10453738.jpg
台風10号のうねりではないのでしょうが、波が上がり始めた。
ということで、勇躍海に向かったのですが、潮が上げてしまったせいかカタチがイマイチ。
もっと、早く来るべきだったのでしょうね。
e0171821_10454669.jpg
たまのセットでは、こんな切れた波も…。
セットの間隔を読み間違えて、ゲッティングでは次々に来る割れた波に苦労させられました。必死に出ると、今度は待ち時間が長い!
待っているうちにどんどん潮が上げてきて、さらにテイクオフしにくくなってきちゃった。
てな訳で、2本程度乗って直ぐに上がっちゃいました。
e0171821_10454270.jpg
まぁ、そんなことなのでビーチにも、海の中にも人が少ない。
キッズたちは、夏休みの宿題の追い込み?なのか見当たりません。
e0171821_10454926.jpg
久しぶりに夏空に蒼い富士山が見えて、景色としては気持ちよかったですが…。
右隅の男の子は、20分くらいチェックをしてから、やっと海に入りました。
この暑さの下、ウェットを着て20分砂浜に居るのは凄い!
裸でも気持ちよい水温なのに、スタイルから入ったのかな?
寒流が洗うカリフォルニアだったら夏でもウェットを着ている人間が多いから、雑誌でそんな写真を見て真似て居るんでしょうね。ご苦労様です。


[PR]
by dairoku126 | 2016-08-26 11:00 | 波乗り | Comments(0)

夏休みだから、キッズがワンサカ。

e0171821_10490571.jpg
朝からカラダに熱がこもっているような感じだったので、カラダを冷やしに海へ。
強いオフショアでうねりが抑えられて、割れるときにはダンパーばかり。
でも、それよりも海に浸る気持ちよさが勝りました。
e0171821_10491065.jpg
夏休み中なので、キッズの姿が目立ちました。
大人にとって腰サイズの波でも、彼らにとっては腹~胸サイズ。
次々にカッ飛ぶように乗りまくってました。
周りの大人たちも、こんな波ですからキッズたちに譲ったりして…。
e0171821_10491492.jpg
楽しそうに家路についている姿は、すでに一丁前のサーファー。
どんな波でも楽しい時期ですからね。

こちらも、カラダが冷えて気持ちよく帰りました。

[PR]
by dairoku126 | 2016-08-19 10:57 | 波乗り | Comments(0)

台風5号の、残り波。

e0171821_16172969.jpg
台風5号が去ったと思ったら、あっという間に波がサイズダウン。
いわゆる「湘南マジック」というやつですね。

午前中に行こうと思っていたけど、錦織君の試合をついつい見てしまったので…。
午後になっても風が上がらないし、地上のあまりの暑さに、水浴びのつもりで行ったら、ホントに水浴びになってしまった。
e0171821_16174619.jpg
もう少し、乗れる波が来ると思ったけど、まぁ仕方がない。
その割にはサーファーの数は多かったけど…。
e0171821_1617525.jpg
お父さんに押してもらって波に乗ったフランス人の少年。
彼にとっては、良い思い出になるのでしょうね。
[PR]
by dairoku126 | 2016-08-09 16:22 | 波乗り | Comments(0)

サイズは、上がったものの…

e0171821_10195995.jpg
遙か遠くの台風4号のうねりが届いたようで、少しだけサイズアップしました。
でも、あちこちの方向からのうねりが混ざっているせいか、カタチがグシャグシャ。
それでも、人は多い。夏休みだしね。
e0171821_1020657.jpg
セットで来る波は、ほとんどがこんなダンパー。
贅沢かもしれませんが、乗っていても少しも面白くない。
1時間も乗らないで、上がってしまいました。
e0171821_10201159.jpg
目を引いたのは、この黒ラブくん。
この後、ご主人さまとSUPで沖に出て行ったんだけど、ボードに乗るのが嬉しいようで、すぐにボードに飛び乗る。ゲッティングの途中で波を食らって落ちてしまいましたけど…。
落ちてしまうとパドルアウトするSUPを追いかけて、どこまでも泳いで行くんです。

ご主人が一人で乗っていても、沖で泳ぎながら待っている。
最後の一本は、ご主人様がSUPに押し上げてくれて見事に岸までサーフィンを楽しんでいました。幸せな犬は、体中から嬉しさが溢れ出てくるようで、見ていてこちらまで幸せな気分になりました。
[PR]
by dairoku126 | 2016-08-04 10:31 | 波乗り | Comments(0)

今日は、ミッキーと波乗り。

e0171821_1442380.jpg
会社時代の部下で、かつまた波乗り仲間でもあったミッキー(という女性)が鵠沼で会社のBBQがあるというので、その前に我が家に寄って一緒に波乗り。
残念ながら波には恵まれなかったけど、それでも乗ることの出来る波。
週末なのに、波が小さいため空いていて、かえってゆっくりと出来て良かった。
波のセット間隔が長いから、波待ちの間に話もたっぷりと出来たし。

地引き網が始まったら、網に挟まった魚を狙ってカモメが集まってきました。
e0171821_14121578.jpg
時たまセットらしい波が入って来て、それを掴めば波乗りの感覚は味わうことは出来る。
彼女もちゃんと波を掴んで、ご満悦の表情でした。
僕も二日酔い気味だったのが、海に入って抜けました。

まぁ、久しぶりに一緒に入ったけど、楽しかった!
[PR]
by dairoku126 | 2016-07-23 14:16 | 波乗り | Comments(0)

波は、小さかったけど…。

e0171821_1328918.png
あまりにも蒸し暑くなりそうな気配だったので、ついつい海に…。
まぁ、かろうじてロングボードなら出来るという波でした。

このところオフショアが吹き続けているせいか、夏にしては海水がきれい。
海底がちゃんと見えてる。水温も適温(?)。
ショートジョンで入りましたが、もうトランクスで十分ですね。
e0171821_13281775.png
引き潮で入ったせいか、このサイズだとテイクオフするポイントまで歩いて行けるほど。
それでも最後はなんとなくパドルアウトしてしまいますけどね。

1時間ほどで上がりましたが、やはり海に入るのは気持ちいい。
[PR]
by dairoku126 | 2016-07-19 13:35 | 波乗り | Comments(0)

今日は、舟前で…

e0171821_10273112.png
低気圧が通過したので、波があるだろうと波伝説のサイトを見ると、腰~胸とあったのでチェックもせずに海に。潮汐表を見ると、引きいっぱいから上げ始めている。

このところ波がなかったので、みんなジリジリしていたらしく舟前といえども入っている人数は多い。千葉だったらポイントパニックになるほどの人数でした。
引地川より江の島方面を見ると、さらに人が多い! 300人はラクに居るな。
平日の午前中に、こんなに海に人が出ていて大丈夫なんでしょうか、日本は…(笑)

入った時には、上の写真のような良い感じのブレークが来ていたものの、潮が動いているうちにワイド&ダンパーになってきた。それでも波を選べば、逃げられる波はあったから…。

人は増えるし、波は悪くなるし、という感じになってきたので1時間半ほどで上がりました。
[PR]
by dairoku126 | 2016-06-14 10:40 | 波乗り | Comments(0)

千葉サーフトリップー2日目ー

e0171821_17573319.jpg
朝起きると、思っていたほどカラダがしんどくない!
昨夜、ペンションの露天風呂でじっくりと筋肉を緩めたからでしょうか?
オーシャンビューの部屋からは、今日のうねりがしっかりと見えました。
e0171821_17553954.jpg
朝ご飯を食べてから、またまたマルキからポイントチェック。
昨夜の小料理屋「和だいこん」のマスターがチェックに来ていて、いきなり声をかけられたのにはビックリ。まぁ、軽トラにボード2本は目立つということなのでしょうか。

風が昨日よりも強く、鴨川から南に下った江見というポイントが風の影響が少ないと聞いていたので、ここで入ることにしました。人も少なかったし。
e0171821_17555444.jpg
確かに入ってみると、風の影響が少ない。
風が止みかけた時には、ホントにきれいなブレークを掴むことができてラッキーでした。
ここはシャワーも何もない場所なので、シーサイドの「Nonkey」で借りることに…。
ということで、ボードもケースに入れずにウェットのまま戻ることにしました。
なんとなく「軽トラ」カリフォルニア・スタイルって感じでしょ。
e0171821_1756162.jpg
シャワーを浴びて、帰り支度を済ませてから昼メシを食べることに…。
昨日も食べましたが、ここはコーヒーもランチも美味しい。
鴨川が変わったことのシンボルみたいなお店かもしれません。
そうそう、街中いたるところでポスターや幟を見ました。
オリンピックの波乗り競技会場誘致合戦は、盛んに行われているようです。
e0171821_17574631.jpg
今回の旅を快適なものにしてくれたのは「このショップ」。
奥様の料理も大したものですが、彼女の波乗りも素晴らしいものらしい。
今は亡きハワイのレジェンド、レル・サンが日本にサーフトリップに来た時には、同行してくれと頼まれたらしい。
今日は食後にじっくりと話が出来ましたが、素晴らしい人柄の女性でした。

ということで、終わりよければすべて良し。楽しいサーフトリップでした。
[PR]
by dairoku126 | 2016-05-19 18:18 | 波乗り | Comments(0)