カテゴリ:文化( 149 )

映画『夜は短し歩けよ乙女』

e0171821_14332829.jpg
森見登美彦の小説『夜は短し歩けよ乙女』がアニメになったとのことなので、観に行って来ました。まぁ、実写版では予算的にも手法的にも大変なことになりそうだからアニメにしたのが正解なのでしょうね。
原作の雰囲気を壊さずに、良く出来ていました。面白かった。
星野源をはじめ、声優陣も良かったし…。
森見登美彦の原作を読んでいない人には、話の展開が分かるのかなぁ?

デビュー作『太陽の塔』から森見登美彦の本を読み始めた訳ですが、この話が一番好きなのでどうなるか心配でしたが、この監督は凄い!
森見ワールドというか、京都大学らしさというか、アタマの良さを素直に出さないどころか、論理の渦に巻き込まれて行く生態を良く描いています。
まぁ、京大生すべてがそうではないんでしょうが…。
下鴨神社・糺の森の古書市の場面で、そこら辺の無駄な教養が大安売りのように出て来て、大いに笑えました。

音楽が良いと思ったら、大島ミチルさんでした。
最後のクレジットを見ていたら、京都大学とかアニメ化に際して許可取りをしたんでしょうね、面白いほどにあちこちの名前が並んでいた。
感動するとか、何かを教えてくれるとかいう類いの映画ではありませんが、とても楽しい映画でした。


[PR]
by dairoku126 | 2017-04-13 14:57 | 文化 | Comments(0)

映画『LA LA LAND』

e0171821_14503471.jpg
映画『LA LA LAND』を観てきました。
ミュージカル映画を観たのは、何年ぶりだろう。
それでも、やはりハリウッドの底力なんでしょうね、随所に過去のレガシーを感じる場面がありました。蓄積された知見が新しいスタッフになっても、きちんと継承されている。
やはり、伝統が生きているのですね。

まずは、ファーストシーンの大渋滞でのダンスから圧倒されます。
どれだけリハーサルを重ねたのでしょうね?スペースが無い中でスケボーや自転車が走り回るのにはハラハラしました。
e0171821_14504026.jpg
そして、全編を通してカメラワークが素晴らしい!
アカデミーの撮影賞を獲得したのも、納得です。
まぁ、撮影監督だけでなくクレーンなど特機の能力も素晴らしいのですが…。
実際にL.A.ロケなどで一緒に仕事をした特機さんたちの「技」に感心したものです。
同じことが京都・太秦の特機さんたちにも通ずるのですが…。
俳優陣だけでなく、こうしたスタッフがノリに乗って創った映画だということが、あちらこちらのシーンから感じられるのが気持ち良かった。
e0171821_14504463.jpg
懐かしいハーモサ・ビーチのジャズ・クラブ「Light House」も出てきたし…。
というか、まだあるのかしら?
Pacific Jazzレーベル全盛の頃に、ここでLive録音された名盤が何枚もあります。
グリフィス天文台も、僕が行った頃はプラネタリウムでシンセサイザーを組み合わせたプログラムが評判を取っていました。

まぁ、昔のミュージカルに比べると時代の流れなのか、脚本にビターな味がまぶされているところもありますが、やはりハリウッド映画らしいミュージカルです。あちこちに昔のミュージカル映画へのオマージュのようなシーンが入っているところもニヤッとさせてくれます。
『That's Entertainment』の伝統は、少しも綻びて居なかったのに安心しました。

   

[PR]
by dairoku126 | 2017-03-02 15:20 | 文化 | Comments(0)

合掌!ディック・ブルーナさん。

e0171821_16445802.jpg

可愛いウサギのキャラクター「ミッフィー」の生みの親、ディック・ブルーナさんが逝去されたとのこと。お悔やみ申し上げます。

ブルーナさんと、我が家は浅からぬ因縁があります。
父や兄は、ブルーナさん本人と直接仕事をしていましたし、僕もミッフィーをはじめとしてブルーナさんのキャラクターを使わせてもらったことがある。
うちの娘は小さい頃からミッフィーのぬいぐるみを始め、ミッフィー関連のキャラクター商品を隣に住んでいたお爺ちゃん(父)からプレゼントされて育ちました。
そのせいか、昨年もオランダに行った時には「ミッフィー・ミュージアム」に行ったとか。

いつの間にか「ミッフィー」で名前が統一されたようですが、最初に日本で絵本デビューした時には「うさこちゃん」だったような…。
オランダ本国では「ナインチェ・プラウス」というみたいです。

僕の仕事でいえば、アニメーションを作成するときに使える色数が決まっていて、モノクロの線画の中に指定されたカラーを流し込めば済むので、オリジナルのイメージ管理がラクに出来るシステムに驚いたことがあります。
世界中、どこでアニメやグラフィックを製作しても、イメージが異なるものにならないように考えられたシステムですね。
やはり、グローバルに展開するキャラクターは違うと感心したものです。

合掌!




[PR]
by dairoku126 | 2017-02-18 17:15 | 文化 | Comments(0)

新発見の、龍馬の書簡。

e0171821_15253280.jpg
これは、凄い資料が出てきましたね。
龍馬が暗殺される5日前に書いた書簡です。
司馬遼太郎「龍馬が行く」でもラストに近いあたりで越前まで出向き、三岡八郎に新政府への出仕を口説くシーンは読んでいてもワクワクするような場面でしたが、京都に戻ってからも福井藩のお偉方に三岡八郎の三岡八郎の謹慎を解いて欲しいと懇願する書簡が出てくるとは…。

高知に行ったときに見た他の書簡に比べて、実に丁寧な字で書かれています。
仲の良い乙女姉さんなどに書いた手紙は字が躍るような陽気な感じで書かれていますが、この書簡の字は誠実な感じが現れている。
そして署名も他の志士に出した「才谷梅太郎」などという変名ではなく、「龍馬」としているのも珍しいですね。
筆まめな龍馬ですので、司馬遼太郎は龍馬の手紙を「日本には珍しく、書簡文学としても成立するもの」と評価していたのを想い出しました。
新しい国家で大切なのは「財政」であると看破していたのは、ビジネスマインドのあった龍馬だけでしょう。その他の志士は、倒幕だけしか念頭になかったはず。

やはり、この人が居なければ歴史は違う方向に行っていたのでは…と考えさせる書簡です。

[PR]
by dairoku126 | 2017-01-14 15:49 | 文化 | Comments(0)

映画『MILES AHEAD』

e0171821_09123456.jpg
今年最後の映画を観に、日比谷まで行ってきました。
マイルス・ディヴィスが第一線から身を引いてしまった5年間を描いた『MILES AHEAD』。
単館系の映画ですから我が家の近辺では上映してくれないので、師走も押し詰まってきたのも意に介さず出かけました。
まぁ、その後のスケジュールもあったのですけどね。
e0171821_09124349.jpg
例によってJazz=クスリという図式ですが、現在と過去が交錯しながら栄光に包まれ、「帝王」と崇められた過去と新しい音楽を紡ぎ出せない現在の葛藤が描かれていきます。
狂気と天才とが紙一重で同居するマイルスの感じが良く出ています。
ドン・チードルが、監督・脚本、主演なのですが、まぁ実に良く演じている。
音は、マイルスのものをほとんど使っているし、その音が録音されたメンバーによく似た俳優を使っているので「あ、あれは誰々なんだろうな」というのは分かります。

最後にカムバックしてライブを行うラストシーンでは、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、エスペランサ・スポールディングなど錚々たるミュージシャンに混じって本当に演奏しているのですが、音のスピード感というか突き刺さり方が実にマイルスに良く似せたものだ。こういうところのトレーニングというのは、実に大したもんだと感心しきり!
e0171821_09282697.jpg
日比谷あたりも再開発が進んでいるようで、工事中のビルが…。
帝国ホテルの近くですが、ほとんど観光客らしき人は居なくて、師走の慌ただしさは感じられなかった。この後、銀座に行ったら中国人観光客だらけでした。





[PR]
by dairoku126 | 2016-12-31 09:32 | 文化 | Comments(0)

R.I.P! ピエール・バルー氏。

今年は、ホントに有名人で亡くなる人が多かったような気がする。
BBCのサイトを見ていたら、こんな記事が出ていたから世界的にそういう年だったのかもしれませんね。これに日本人を加えると、こんなリストになります。
やはり、申年というのは波乱の年なんでしょうか?
『スター・ウォーズ』のレイア姫を演じていたキャリー・フィッシャーが亡くなったショックなのか、母親のデビー・レイノルズさんも救急搬送されたとのこと。
そして、今日のAFPにはピエール・バルーの訃報が…。
e0171821_11045998.png
『男と女』のデジタル・リマスター版を見に行ったことは、このブログにも書きましたがピエール・バルーのカッコ良さというのも光ってましたね。

合掌!



[PR]
by dairoku126 | 2016-12-29 11:10 | 文化 | Comments(0)

映画『ブルーに生まれついて』


e0171821_10490979.jpg
チェット・ベイカーを描いた映画ですが、ジャズマンを描いた映画ってドラッグとの闘いになってしまうんですよね。どうしても…。
チャーリー・パーカーを描いたクリント・イーストウッド監督の「バード」とか、ベルトラン・テベルニェ監督の「ラウンド・ミッドナイト」とか。
そして、カルバン・クラインの広告で有名になった写真家・ブルース・ウェーバーが撮影したチェット・ベイカー本人が出演した自伝的ドキュメント映画「Let's Get Lost」も良かった。

ジャズ界のジェームス・ディーンと呼ばれたチェット・ベイカーは、僕も大好きで良く聴いていたので、この映画が上映されると知ったときから必ず見ようと思っていました。
チラシで見た限り主演男優のイーサン・ホークは、確かにチェット・ベイカーの雰囲気を漂わせていたし…。
Bunkamuraのル・シネマに着くと、待合室にはジャズ大好きという風情の爺さんが多い。
まぁ、人のことは言えませんけど(笑)
前の上映が終わって劇場から出てきた中に代官山レザールで知り合った後輩シライシ君も…。
声をかけたら「会社サボってきたので内緒にお願いします」と言われてしまった。
e0171821_10492316.jpg
まぁ、観ての感想ですが、上記に上げた映画よりは、ちょっとね…という感じです。
深く感動するという映画では無かった。

確かに当時の時代感は良く描いてあるし、チェットのレコード・ジャケットにあった写真を再現したような構図とか映像そのものは美しい。
パシフィック・ジャズ・レコードの社長でチェットを支えて来たディック・ボックの家やスタジオなどは、いかにも西海岸という雰囲気です。
イーサン・ホーク自身がトランペットとヴォーカルの特訓を受けて、チェットのように歌ったり、トランペットを吹いたりするのですが、そこにチェット本人の「味」が欠けてしまっているからなのかもしれない。だから、演奏シーンもワンコーラスで終わってしまい、チェットの音楽に浸りきるところまで行かないからかもしれない。なんか、尻切れトンボのような感じ。
もっとも、チェットをそれほど聴いてない人だったら良い感じに受け止めると思いますよ。
それくらいイーサン・ホークの歌唱もラッパも良い感じに仕上げているから…。

共演した女優カルメン・イジョゴは素晴らしかったけどね。とても、良い女優さんです。
ただ、このチェットを支えてカムバックさせるジェーンという女性そのものが、フィクションだしなぁ。

マイルス・ディヴィスとかディジー・ガレスピー役の俳優さんがよく似ている。
でも、チェットはどれだけ人気があっても、レコードが売れても、この二人を超えられないというという葛藤があったのでしょうね。白人というだけで、N.Y.のジャズ・シーンでは常に劣等感に苛まれるほどのジャズ界の逆人種差別があったようだし。
全編を通して、鳴り物入りで出演した最初のバードランドでマイルスにコケにされたトラウマがクスリに走らせ、せっかく更生したと思ったら、カムバック後にディジーが奔走して実現したバードランドで、再び二人を前に演奏する時に耐えきれずにクスリをやってしまうというところで終わります。彼の演奏を聴きながらクスリをやったことを直感したジェーンが消え去るラストシーンが印象的でしたね。






[PR]
by dairoku126 | 2016-11-29 11:46 | 文化 | Comments(0)

映画『この世界の片隅に』

e0171821_09491879.jpg
いやはや、参りました。脱帽ですね。素晴らしい映画です。
普段は「アニメ」映画など見ないのですが、のん(能年玲奈)の吹き替えが凄いという話だったので見に行きました。広島で育った絵を描くことが好きなのんびりとした性格の少女が成長して、見合いをして呉にお嫁に行き、太平洋戦争とともに空襲・戦火に巻き込まれながらも淡々と日々を過ごして行く。
「普通」で居ることが困難なほど、世間が異常な状態の時に「普通」で居ることの大切さを教えてくれる。ある意味では声高に「反戦」を叫ぶよりも、もっと壮絶にメッセージを届けてくれる映画です。そうした意味でも、アニメという表現手法が適切だったのでしょうね。
e0171821_09492898.jpg
この主人公の「のんびり感」を出すためにも、「のん」という声のキャラクターが必要だったのでしょう。感情の振れ幅が少ない、さりげない淡々とした語りが映画の奥行きを広げてくれます。そして、広島の人たちにヒアリングして忠実に広島の街並みを復元したとか。
現在の原爆ドームも、原爆投下前の姿を見せてくれます。
e0171821_09501569.jpg
大資本が関わった映画ではなく、クラウドファウンディングで製作資金を集め、メディア露出が少なく、公開劇場が63館しかないにもかかわらず多数の入場者数を記録しているのも、そうした真摯な製作体制が評判を呼んでいるからなのでしょう。
心に「ドスン!」と来る映画でした。





[PR]
by dairoku126 | 2016-11-17 10:24 | 文化 | Comments(0)

映画『男と女』

e0171821_08124223.jpg
公開50周年ということで、デジタルリマスター版が上映されるというので恵比寿へ。
公開当時もカッコ良いと思ったけど、いま観ても素晴らしい映画です。
元の映像自体がソフトフォーカスで粒子が出ているというのが「味」という感じだったので、デジタルリマスターしても映像のテイストそれ自体は変わりません。
e0171821_08125354.jpg
当時としては、衝撃的な映画だったことがよく分かります。
ある意味で映画の約束事をすべて無視している映画です。

モノクロ部分とカラー部分の使い分けが、モノクロが「回想」という定義づけもされていませんし、カラーが現実ということもない。
そこら辺がゴッチャになっているのですけど、気分として実に良く分かる。
抱き合う二人の周囲をカメラが360度パンしていくのですが、ステディカムの無い時代に上下とかのブレがないのに改めて驚きました。
e0171821_08130499.jpg
それにしても、アヌーク・エーメのジャン・ルイ・トランティニヤンのカッコ良いこと。
e0171821_08131436.jpg
自動車レースのシーンなどは、古き良き時代の名残がふんだんに見て取れます。
まだ、コンピュータが自動車に積まれていない時代ですから、エンジン音でメカニックが調整してみたり、ストップウォッチを押してラップを計測していたり…。
モンテカルロ・レースでは雪道を疾走するミニクーパーやフェラーリなどが、実に良い。
そして、交代ドライバーが手書きのメモを読み上げながらナビゲーションをするというアナログな感じが僕らの世代にはたまりません。

もちろん、音楽も素晴らしいのですが、お馴染みのテーマがこんなに上手く使われていたのには初めて気がつきました。
新しい映画を創ろうとしたクロード・ルルーシュ監督の情熱が滲み出てくる映画です。

それに先だって日本で初公開された『ランデブー』というパリの街中を疾走するクルマの主観だけの、9分足らずのワンカットものにも圧倒されました。
途中まで「あ、この道を行けば次は…」というのは分かったのですが、オペラ座を通り過ぎたあたりからもう分かりませんでした。
あのクルマの爆音が耳について、夢にまで出てきてしまいました(笑)

[PR]
by dairoku126 | 2016-10-20 08:44 | 文化 | Comments(0)

竹中工務店400年の夢

e0171821_14551416.jpg
世田谷美術館で「竹中工務店400年の夢ー時をきざむ建築の文化史ー」というのをやっていたので、行ってきました。砧公園にある気持ちの晴れ晴れとする美術館だしね。
竹中工務店というのは、元をたどると織田家の普請奉行を務めた竹中藤兵衛正高だとか。
知らなかったなぁ。
e0171821_14553317.jpg
エントランスに、こんな材木が置かれていました。
中の様子が窺えるというか、期待させられますね。
e0171821_14552368.jpg
当然のことながら、内部は撮影禁止。それでも、入った直後に木組みがあったり、数々の大工道具が展示されていたりと面白い企画でした。
現代まで連綿と続く歴史の中で、「あ、これも竹中か!」という建物が多いのにはビックリ!
我が家に近いところでは龍口寺の五重塔とか、遊行寺なども手がけていたようです。
e0171821_1455557.jpg
この美術館は展示物だけでなく、建物でも気持ちよくさせてくれるところ。
たっぷりと楽しんだ後は、奥様はミュージアム・ショップで恒例の絵はがき探し。
残念なことに、今回の企画に関するものはありませんでした。
今年の夏か秋には神戸の竹中大工道具館に行く予定ですが、期待が膨らみますね。
[PR]
by dairoku126 | 2016-06-08 15:15 | 文化 | Comments(0)