カテゴリ:海( 113 )

"TSUKUYOMI"の航海が始まりました。

e0171821_09294179.jpg
台風5号の影響で、1週間遅れとなった”TSUKUYOMI"の航海が始まりました。
朝からFacebook経由で送られてくる画像や連絡に胸躍る感じでしたが、この最初のレグは自分自身のステアで行きたかった。大好きなサーフポイントの沖を通るルートでもあったし…。
e0171821_09294843.jpg
細島港入港の様子。
到着後の電話では、最大6ノットまでは速度が出たらしい。
補修したアマも、良い感じで働いて居たようだし。
とにかく暑さの中、風が安定せず、真逆になったりで苦労したようです。
カヌーに導かれるままに、大御神社の前に行ってしまったようで、かなり距離的にはロスしているようですが、神様に呼ばれてしまったのだから仕方が無い。
アマテラスとツクヨミは姉弟ですからね。

次のレグも無事に終えることを祈っています。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-09 09:39 | | Comments(0)

再び、九州へ。 ー8日目&最終日ー

e0171821_21425553.jpg
台風の進路を気にしながら、懸案のアマの改修作業。
まずは、深く削り込んでスペースを作り、そこに発泡スチロールを組み込み、その下にウレタンの発泡剤で埋めようという作戦。オリジナルのアマは三重県で保管中に腐ってしまったので、楠の固まりから削り出したものですから、削っていると樟脳の匂いが…。
e0171821_21431196.jpg
その後、ノミで出来るだけ平らにする作業。
地道なコツコツとした作業が続きます。
後ろでは、司君がセールを船体に取り付ける部品のスペアを作っている。
e0171821_21433674.jpg
お腹が減ったので、へべすラーメンを食べに行きました。
サッパリとした美味しいラーメンでした。
e0171821_21440020.jpg
食事の後は、再びのコツコツ作業。
事務方でしっかり働いてくれているノリちゃんが、ここでもコツコツと…。
e0171821_21440672.jpg
削り終わったので、発泡スチロールの下にウレタンの発泡剤を注入。
固まるにつれて、どんどん膨らんで来ます。
e0171821_21442114.jpg
作業も無事に終了したので、”日向ひょっとこ祭り”の前夜祭を見物に…。
手作りのお面が、結構高価なものなのにビックリ!
e0171821_21442898.jpg
前夜祭は個人戦のひょっとこ踊り。
キッズ部門だけ見たのですが、単調なリズムで気合いを入れて踊ってました。
e0171821_21453475.jpg
そして、夜は送別会を兼ねての食事会。
日向で30年以上フラの先生をしているムッちゃんのお宅にお邪魔しました。
ここでも、新たな出会いが…。
e0171821_21473283.jpg
最終日、台風による混乱が予想されたので、予定よりも1本早い各駅停車に…。
それでも、JR九州の車両とあってワンマンなのに快適でオシャレな車両。
e0171821_21473987.jpg
空港に着くと、予想通り荷物の預け入れの段階から大混雑。
ふーっ、早くしておいて良かった。
e0171821_21474402.jpg
帰りの便は、前回同様Jクラスで…。
わずか1,000円の差とは思えぬほどの快適さです。
思っていたほど、揺れもせず気持ち良くフライトを楽しむことが出来ました。

航海の方はスタートが1週間遅れでスタートすることになりそうです。
まぁ、台風の余波が静まるのを待たなければね。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-05 22:23 | | Comments(0)

再び、九州へ。 ー7日目ー

e0171821_14462152.jpg
今日は、撮影日だったのですが台風5号の影響で海は大荒れ。
耳川河口にもうねりが押し寄せています。
e0171821_14550805.jpg
美々津の港でも、すでに台風に備えてロープが張り巡らされている。
e0171821_14463359.jpg
そのうちに撮影クルーが到着、今日の段取りを打ち合わせ。
藤岡さんも到着して、一度カヌーに乗ってもらいました。
e0171821_14465600.jpg
その後、カヌーも船台に乗せて避難。
アマも取り外しをして、修理に持って行けるように準備。
e0171821_15054837.jpg
伴走艇の方も、しっかりと係留する準備を始めます。
e0171821_15054332.jpg
アンカーもしっかりと入れて、台風のうねりや風に備えます。
e0171821_14463924.jpg
カヌーを片付けたので、ちりめん工場を仮のスタジオ替わりにライティングして、特番の撮影。
e0171821_14551462.jpg
その後、みんなで記念撮影。
途中、雨が強くなったり、止んだりの天気でした。


[PR]
by dairoku126 | 2017-08-03 15:04 | | Comments(0)

再び、九州へ。 ー6日目ー

e0171821_21471836.jpg
日向に来て初めてといって良いほど、湿気のない朝。
空が綺麗でしょ。ただし、暑さはジリジリと焼ける感じですが…。
e0171821_21472520.jpg
懸案だったアマの修理。
発泡スチロールを埋め込んで、この上からベニヤでカバー。
水が入りそうなところをキッチンテープで巻いて、水漏れを防ぎました。
e0171821_21473083.jpg
とりあえずは、取り付けてみて浮力のテスト。
やはり、少し足りないようだったので、この後にウレタン系のシェープしたものを仮留め。
e0171821_22073896.jpg
帆走テストに移りましたが、結構良い感じ。
e0171821_22074431.jpg
風もあったので、今までで一番充実した練習になりました。
e0171821_21473530.jpg
気を良くして、夜はBBQ!
このプロジェクトに参加してくれた女性が多かったので、盛り上がりました。

明日は、藤岡弘さんがMRT(宮崎テレビ)の番組収録で、カヌーに乗りに来るとか。
スタートはいつもより早めにして、準備をします。

[PR]
by dairoku126 | 2017-08-02 21:57 | | Comments(0)

再び、九州へ。 ー5日目ー

e0171821_20475482.jpg
今日になって、台風5号の動きがハッキリと定まってきた。
かなり、ヤバいです。

今日から本航海の予定でしたが、延期して良かった。
この進路だと、今日は良くても明日以降が伴走艇となるヨットにとっては過酷なことになる。
ということで、今日はアマの修理だったのですが、トモ君が一人でやると言ってくれたので、ホテルで待機。
ちょうど、カラダもしんどくなってきたので良いお休みをもらいました。
なので、ホテルで宮部みゆきの本を読んでいました。

午後2時頃に、ほぼ出来たというので美々津まで出張りました。
修理も上手く出来ていたので、明日にでも取り付けてテストをします。

ステアリングをクルーに教えるのと、アマのテストで明日はやることがいっぱい。
休暇明けになりますが、疲れも今日の休養で戻ったので頑張ります。

[PR]
by dairoku126 | 2017-08-01 20:57 | | Comments(0)

再び、九州へ。 ー4日目ー

e0171821_17095507.jpg
台風5号の進路が定まらず、今日はうねりが一段落。
波高もさほど高くないので、伴走船の西山氏と協議の結果、初めて外洋に出て走らせてみました。
e0171821_17095985.jpg
あいにく風が弱く、本格的な帆走とまでは行きませんでしたが、感じはつかめました。
おまけにステアリングが一番後ろの席ではなく、一つ前の方が効く!ということを発見。
これは、意外でした。
e0171821_17100314.jpg
走らせながら、感じたのはアマがいつもよりも下がっていること。
前はもっと浮いていたのに…。
ということで、港に戻って外してみると…。
e0171821_17100745.jpg
後から、修正した部分に水が入り、重くなっている。
その分、浮力が失われていたんですね。
この問題を何とかしないと…。

それにしても、アマの問題が出た途端に駆けつけて造船所などを当たってくれたり、宮崎の人たちはホントに温かい。

台風5号が大きく動き出したので、明日の出航は取りやめました。
明日は、良くても最初の寄港地が東うねりに弱いこと。
伴走艇となるヨットの係留を含めて、この台風の余波が過ぎて安全な航海を確認できるまで美々津に居ます。アマの問題もあるし…。

[PR]
by dairoku126 | 2017-07-31 17:22 | | Comments(0)

再び、九州へ。 ー2日目ー

e0171821_18104287.jpg
今日は、地元のTV局の取材が入りました。
このプロジェクトの最初から取り組んでくれていたMRT(宮崎テレビ)の撮影クルーが待ち受けていました。今までは、ディレクターの単独取材だったのが、大型カメラで本格的な取材。
全員が、インタビューを受けていました。

前回のテストで直すところや、痛んでいたところを船台にあげて修理。
e0171821_18104611.jpg
新しい部品に変えたところも含めて、ドキドキの進水式。
船台に乗って、カヌーと一緒に水面まで降りるのは、良い感じでした。

今回は、自分のステアリングパドルや普通のパドルを持ってきたのですが、実際に帆走で走らせてみるとパラオの鈍くさいパドルの方が舵が効く!ちょっとショックな出来事でした。

セイルの入れ替えも含めて、2時間以上のテストを重ねてクタクタです。
最後は、カヌーにすべて水を入れての浮力のテスト。
完沈させてしまうと浮力はあるものの水を抜くのが大変。
まぁ、途中で小まめに水を抜くしかないのですが、波を食らった時にドッと入ると大ごとです。
その対策も帰りがてらにしては来ましたが…。

台風5号のうねりが明日で終わってくれると良いのですが…。

[PR]
by dairoku126 | 2017-07-29 18:25 | | Comments(0)

再び、九州へ。ー初日ー

e0171821_18431072.jpg
いよいよ、前回の九州行きで準備した”TUKUYOMI Project”の本番です。
ということで、再び宮崎へ。
e0171821_18431591.jpg
カヌーの補修状態をチェックした後、トモ君の家で今回のプロジェクトに対して高千穂神社から贈られた”航海安全”の護符を見せてもらう。ご神木の欅から作られたもの。
素晴らしい銘木に彫り込まれた文字が神々しい。
e0171821_18435065.jpg
今日やることは、済んだのでビーチへ。
塾の後輩で今回のヘルプに来ているノリちゃんが波乗りをやりたいということで、小倉ヶ浜に行きました。まぁ、今日しか出来ないもんね。
セットでアタマ程度のメロウな波です。
e0171821_18440771.jpg
この女性は、実に美しいラインを描いていた。
乗り方も、リラックスしたスムースなサーフィン。
見ていて、心地よい波乗りです。
e0171821_18435683.jpg
見ているうちに、やりたくなって来て、まずはボディサーフィン。
メロウな割にパワーがある。
ついにトモ君の7’4”のボードを借りて、乗ってしまいました。
e0171821_18440308.jpg
これが、借りたトミー・ムーアのボード。
テイクオフが速かったし、パーリングもせずに気持ち良く乗れました。

[PR]
by dairoku126 | 2017-07-28 19:00 | | Comments(0)

Home Coming!

e0171821_09251540.jpg
ホクレア号が3年間もの世界一周の航海を終えて、6月17日に無事に帰って来たのですが、その時の号外を宮崎で貰いました。
20ページ以上、2部に分かれての号外なんて見たことが無かったけど、それだけ「ホクレア」の今回の航海がハワイの人にとって誇るべき、大切な「事件」だったのでしょう。
e0171821_09252244.jpg
僕が畏敬するヨットマン・西村カズさんはインド洋航海でセイルマスターを任され、今回の宮崎でのTUKUYOMI Projjectのリーダーである奥君と一緒にホクレアをバリ島からモーリシャスまで運びました。ちゃんと取り上げられているのが嬉しいね。
ベテランで固めたメンバーを見ても、このレグがかなり難しいものだったことが分かります。
e0171821_09260466.jpg
何ページにもわたり、今回の航海に関わったメンバーの写真が記事の上に並べられている中でサキちゃんの写真も…。
七里ヶ浜高校を卒業してすぐにハワイ大学に進み、ナイノア・トンプソンの膝下でホクレアに関わってきた彼女の努力が実を結んだのは、高校生の頃から知っている僕としても嬉しい。

もしかしたら、また日本に来るかもよ…?

[PR]
by dairoku126 | 2017-07-15 09:57 | | Comments(0)

TSUKUYOMI Project 最終日

e0171821_09095268.jpg
宮崎での最終日、セイルのチャンティング(前後を入れ替えること)の練習をもう一回やっておこうと美々津に…。
毎日のようにやって来たので、少しはこなれてきたようです。
港内を行ったり来たりしながら、練度を上げていきました。
カヌーのハード面での課題もハッキリしたし…。
e0171821_09095905.jpg
飛行機の時間があるのでお昼前に練習を終わり、宮崎のソウルフード”辛麵”にチャレンジ。
僕は普通の3辛にしておきました。
もつ鍋のスープを辛くしたような味付け。麵は、コンニャク麵でした。
e0171821_09100831.jpg
帰りも”にちりん”で…。
かつてリニアの実験を行っていた線路には、太陽光パネルが並んでいました。
e0171821_09101387.jpg
帰りは、”Jクラス”が取れたのですが、わずか1,000円でこの差は大きい。
早めの予約で無いと取れないのが分かります。
e0171821_09101776.jpg
房総半島の辺りから、高度差をおいて下から旋回するように羽田に向かう便が…。
北側から旋回して、ほぼ平行して飛び続けて行きます。
e0171821_09102018.jpg
東京湾上空でも…。
こちらの飛行機も徐々に高度を下げて、ほぼ同時に羽田に着陸しました。

まぁ、とりあえず無事に帰ってきました。

[PR]
by dairoku126 | 2017-07-13 09:24 | | Comments(0)