カテゴリ:海( 99 )

昨日は、日本丸で会議。

e0171821_10113304.jpg
南西のドン吹きの風の中を、桜木町から歩いて日本丸へ。
来年の夏に計画されている”TUKUYOMI Project”の打ち合わせを行いました。
プロジェクトの中心人物である奥君が日本丸の船長ということで、日本丸の船長室での会議。
舷門で誰何を受けたのですが、来艦社名簿に記入を済ませると、船長室まで案内してくれました。
e0171821_10114590.jpg
メンバーが揃うまでということで、日本丸の船内を見学することに…。
ここは、機関室。ダイハツ製なんですね、エンジンが。自動車でいうと「軽」というイメージですが、こんな大きなディーゼルエンジンも作っているんだ。
e0171821_10114950.jpg
一番高いトップマストまで、女性の訓練生も登るとか。おおこわ!
e0171821_10115562.jpg
帆走する場合のステアリングは、後部甲板。舵輪は4人がかりで回すとか。
この舵輪が一周で0.8度舵が動くというので、面舵一杯の時には40周くらい回さなくてはならない。
e0171821_10120325.jpg
今回の会議は多方面から多彩なメンバーの顔合わせがメインということで、自己紹介から始まり、いつの間にやら親睦会の様相を…。
ハワイへの練習航海を控えた船長室のワインセラーから、日本が誇る名ワインが出てきます。こちらは、メルロー種。
e0171821_10120811.jpg
こちらは、カベルネソービニヨンの方。いや、どちらも美味しかった。

初対面の方が多かったけど、会話もどんどん弾んできます。
まぁ、海に関わる人が集まると、間に知り合いが絡むことが多いので…。
e0171821_10122072.jpg
久米島から参加していた麗子さんがビーチで拾ったという”龍涎香”。
実に300年ぶりの発見とか。じっくりと薫りを嗅がせてもらいました。
e0171821_10121298.jpg
最後に全員で記念写真を…。
若者から年寄りまで、実に楽しい時間でした。
e0171821_10123111.jpg
下船時間が決められているので、外に出ると風は北に変わっていました。
e0171821_10123685.jpg
時間も早かったので、日本丸の元船長に連れられてシーメンズ・クラブへ。
日本が誇るヨットデザイナーの林さんを交えて5人での二次会。こちらでも話がポンポンと弾みました。
e0171821_10124107.jpg
ボトルが空になったところで、家路に…。
葉山組2人、鵠沼組2人だったので、我々は横須賀線の戸塚で乗り換え。
多彩な人たちが集まると、話の展開がいつもと違うので刺激的な夜になりました。




[PR]
by dairoku126 | 2016-12-07 10:52 | | Comments(0)

Holkuleaが、モーリシャス島に到着。

e0171821_13315284.jpg
このブログに書いた(9月6日)ように、モーリシャス島に向けて航海中だったHokulea号が無事に到着したようです。キャプテン役のブルースの報告によると、9月13日の夜の8時から9時の間に到着したみたい。
クルー全員のコンディションも良いとのことですから、まずは一安心。
次は、喜望峰を超えてケープタウンまでですね。
[PR]
by dairoku126 | 2015-09-15 13:47 | | Comments(0)

江の島が、再びオリンピックの会場に…。

2020年の東京オリンピックのセーリング会場が、当初に予定していた江東区若洲から江の島に決まった!ようです。まぁ、ちょうどクラブハウスも建て直したばかりだから…。
となると、この周辺も付帯工事でいろいろとあるのかな?
64年のオリンピックの時には、この周辺はガラリと変わりましたから。
ヨット・ハーバーそのものも、その時に島の東側を大きく埋め立てて出来たものだし、自動車で江の島に渡る道路もその時に作られたもの。
それまでは、弁天橋で歩行者と自転車がせいざいでしたからね。

鵠沼地区に至っては、今の藤澤警察署から松波に抜ける直線道路も開通。
藤沢警察までは、ほとんど田んぼと畑ばかりでしたから…。
当時の我が家の前は、鵠沼伏見稲荷の前の田んぼから引地側に注ぐ小川が流れていましたが、土管を埋設して暗渠となり道路が今の広さになりました。
そんな時代の景色を知っている人も、少なくなりましたが…。

当然、1年前くらいから海の状況を知るために海外チームが合宿をしたりするでしょうから、この周辺ではさまざまな影響が出て来るでしょうね。
江の島の海が、再び脚光を浴びるのは喜ばしいことです。
[PR]
by dairoku126 | 2015-06-09 10:04 | | Comments(0)

江の島フィッシャーマンズ・プロジェクト

e0171821_17343631.jpg
いつも、カヌークラブの大島行きやパドリング・チャレンジでお世話になっているハルユキさんが代表となっている江の島フィッシャーマンズ・プロジェクトの一つである『江ノ島お掃除隊』は海岸・港清掃だけでなく、普段目にする事ない、海底清掃まで…。
先週も西浦も含む江の島の西側の海底を掃除していましたが、今週はクラブ員も協力してカヌー置き場から島の突端に向けて海岸の清掃を行いました。
ちょうど、干潮時だったので岩場も広く出ています。
e0171821_17344781.jpg
流れ着いたり、釣り人が置き忘れたペットボトルなどを集めましたが、先日の大雨で川から流れ着いたようなゴミが多かった。集めたゴミは、岩場に集積します。
e0171821_17345233.jpg
小回りの利くボートで漁船まで運び、江の島漁港まで運びます。
数回の往復で西側の岩場も、かなりきれいになりました。

練習の後でしたので、慣れない岩場歩きに疲れました。
[PR]
by dairoku126 | 2015-06-07 17:49 | | Comments(0)

海のプラごみ。

e0171821_12504781.png

このブログを始めて間もない頃に書いたこともあるのですが、海洋に流出するプラスティックごみが年間1千万トン超との記事が新聞に出ていました。
e0171821_12514512.png
まぁ、環境汚染大国・中国がダントツというのは納得というか、「だろうな!」とは思うのですが、環境問題に一番うるさそうなアメリカが先進国で唯一ランクインしているという指摘には、正直なところ驚きました。調査したアメリカの大学もビックリしたのでは…?

カヌー置き場がある西浦の清掃をしていても、相変わらずペットボトルなど飲料系の容器が一番多いのですが、これらのほとんどは川の上流から流れて来るもの。海から離れていても、そこらの川にポイと捨てれば時間と共に流れ流れて海まで辿り着いてしまうのですよ。
特に、大雨の後とか、台風の後などには流れ着く量も半端ではないのです。
家まで持って帰るのがイヤだったら、せめてコンビニなどのゴミ箱とか自販機横の回収箱に入れて欲しいんだけど…。まぁ、嫌いな言葉のひとつですが「地球にやさしい」なんて言葉も、最近とんと聴かなくなりましたね。
社会がどんどん劣化しているというか、独りよがりの風潮が進んでいるのでしょうか?
[PR]
by dairoku126 | 2015-02-15 13:12 | | Comments(0)

西浦の清掃。

e0171821_1122634.jpg
台風18号の置き土産というか、ゴミで埋まった西浦ですが…。
次の台風19号が迫っているため、流れ着いた草や木など自然に戻るものはそのままにして、ペットボトル、空き缶、その他プラスティックのゴミなどを中心に清掃作業。ペットボトルの2Lペットボトルに注射針が一杯詰まったものなどアブないものまで出てきました。
こんなものを平気で川に捨てるなんて…!

上の写真にあるように境川は、かなり長距離を流れているので(これは町田警察の警告)ゴミの種類も雑多だし、アルミ缶などは長期間水の中にあったものなどは腐食が甚だしい。
e0171821_11231199.jpg
ざっと拾っただけで、こんなに山のようなゴミが…。
まだまだ、ゴミの中に紛れ込んでいたり、海底に眠っていたりで、大型の19号が去った後にどれだけのゴミが流れ着くことか。その後片付けが、今から思いやられます。
e0171821_11215274.jpg
ビーチの方では、今日からライフセーバーの日本選手権。
カヌーの大会に比べて、大会規模も、参加人数も、スポンサーの数も、ゴージャズな感じ。
e0171821_11222711.jpg
ビーチと海面、かなりの面積をとって開催しているので、ただでさえ多い週末のサーファー(しかも19号のうねりが入っている!)が会場の両脇に押しやられ、凄いことになっている。
e0171821_11232491.jpg
セットの波に、いったい何人がテイクオフしていることやら…。
昨日よりも、波のサイズは下がったようですね。
これも、台風が向きを変えた途端にドワッとサイズアップしてくるので、初心者のサーファーは気をつけないと。
[PR]
by dairoku126 | 2014-10-11 11:41 | | Comments(0)

今日は、台風対策!

e0171821_20414642.jpg
昨日カヌークラブのBBSをチェックしたら、台風対策を行う旨のお達し。
通常練習は、波とダイロク・ポイントの人の多さで中止です。
それにしても、今日のダイロクは人が多かった。
なぜか「ダイロクさんですか?」と話しかけてくる人が数人。
記念写真も随分と撮られたような…。
e0171821_20415642.jpg
ハワイからラリーが来ているので「ハリカーンからタイフ−ンにようこそ」と言ったら笑ってた。奇しくもラリーからもらったシャツを着てきたメンバーが多く、ラリーも大喜び。
クラブの爆弾娘アツコ嬢いわく「オ・モ・テ・ナ・シ」。
ラリーの提案で、同じシャツを着たメンバーを岸壁に並べて記念撮影をしました。
不思議なことに、ちょうど6人。
僕は、1番シートですね(笑)ただ一人の男ですけど…。

台風対策は短時間で終わったのですが、その後ショッペちゃんも入っていたことだし、波乗りを見ている時間が長かった。雨が降りそうで、降らない一日でした。
明日は、風雨共に強くなりそうな気配。
台風の進路にあたる四国や中国地方の被害が少ないことを祈っています。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-09 21:00 | | Comments(0)

台風の予想進路-アメリカ海軍の予報-

e0171821_13385814.jpg
今日も南南西の風が強く吹いています。
台風12号の方は温帯低気圧に変わりましたが、もっと凄い台風11号が日本列島に向かって北上中。沖縄から奄美群島の真上を通るような進路になっています。心配!
上の図が気象庁の進路予想。今朝9時の段階で8月9日までの予想進路が出ていますが…
e0171821_1339641.jpg
こちらの図はアメリカ海軍の進路予想図
予想では8月10日18時(Z)までとなっていますが、この時間表記はUTC (Universal Time Coordinates)=での表示。
協定世界時というのは、気象の分野ではグリニッジ標準時(Greenwich Meridian Time : GMT)と実用上はほぼ等しいものとして使って差し支えないと思います。
なお軍事の標準では「Z」という記号がGMT(UTC)からの時差0時間の意味に使われており、気象データでもUTCの代わりに「Z」という表記。

ということは、日本標準時は9時間をプラスする必要があるので、上記の8月10日18時というのは実際には+9時間で8月11日午前3時になります。

それにしても、気象庁と米軍とでは予想進路が微妙にズレている。
米軍の方は種子島の東側を通り、足摺岬あたりで上陸して四国から鳥取に抜け、日本海へというコースになっています。
このコースだと、高知はまた大変な雨と風になりそうですね。
勢力が衰えてくれると良いのですが…。
[PR]
by dairoku126 | 2014-08-06 14:09 | | Comments(0)

「湘南マジック」

e0171821_15585597.jpg
昨日、あれほど沖から割れていたうねりが、今朝はすっかり落ち着いてしまいました。
前回の台風よりも、さらに急激なサイズダウン!

このようなサイズの急変を、いつの頃からか「湘南マジック」と呼ぶようになりました。
今回のようなサイズダウンのこともあれば、潮の具合で急激にサイズアップすることもあるのですが…。まぁ、あれだけ荒れ狂っていたから、もう少し残るとは思いましたが、ね。
e0171821_1559527.jpg
この台風26号の通過で、季節は完全に秋に変わりました。
すぐに同じコースで、27号が来るようです。勘弁してよ!

また、台風避難かな?
[PR]
by dairoku126 | 2013-10-17 16:01 | | Comments(0)

台風26号(WIPHA)

e0171821_15142384.jpg
昨日の午後あたりから、雨が強くなり始めた台風26号。夜半から強い雨と風となりました。
眠りながらも夢うつつの中で、その強さを感じてはいたのですが、目覚めたら6時過ぎ。
すっかり明るくなっていました。
雨も小降りになり、8時過ぎには太陽が輝きだして、依然として風が強いものの台風一過の様相。気になっていたカヌーの様子を見に行こうかと思っていたら、キシイ君がちゃんとFacebookに見回りの写真をアップしてくれました。
まぁ、雨水が溜まっているようですが、それがかえって重しになるのでひと安心。
Facebookその他にアップされてくる写真を見ていると、波はとんでもなく沖合から割れているようですが、砂浜の途中までしか来なかったようですね。
西浦も無事だったようで、こちらもひと安心。

それでも、10年に一度という規模の台風ですから、あちこちに傷跡を残したようで被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。

写真は、キシイ君がFacebookにアップしたのをお借りしました。
[PR]
by dairoku126 | 2013-10-16 15:25 | | Comments(0)