カテゴリ:アウトリガー( 432 )

梅雨は、どこに行ったの?

e0171821_13380227.jpg
梅雨入り宣言をしてから、本格的に雨が降ったのがたった1日。
梅雨明け宣言をしたいような陽気になりました。
北寄りの微風の中を漕いでいると、暑くて堪らずパドルシャツを脱いで裸で漕ぎました。
e0171821_13380656.jpg
富士山も霞んで見えにくい。
微風なのでウィンドも少なく、SUPもほとんど無し。
最高のカヌーコンディションでした。
e0171821_13381033.jpg
…ということで、大崎へ。
グーフィーポイントの真上は、水も澄んでいて、とても美しい。
この下にはウニが沢山居るんですけどね。
昔、知らずにボードから降りて両足に20本くらい棘を刺したことがあります。
あの時は、ボクゾーさんと二人で貸し切りだったなぁ。
e0171821_13381667.jpg
水中から上を撮ったら、カヌーに当たった水の波紋で、こんな感じの写真になりました。
今日はキッチリと漕いだので、腹筋が未だにピクピクしてます。

さぁ、これからアイルランド戦。
どんな闘いになるのでしょうね。


[PR]
by dairoku126 | 2017-06-17 13:51 | アウトリガー | Comments(0)

パドリングチャレンジ、長い一日でした。

e0171821_08333259.jpg
パドリングチャレンジの朝を迎えました。
カヌーを材木座から江ノ島までMen'sのチームがウォームアップ代わりに漕いで運んでくれました。まずは、全員で記念写真を…。
e0171821_08333939.jpg
今回は、過去最大の21艇のカヌーが並ぶという規模に…。
その中に入ってもWaileaのカヌーはカッコ良い!
e0171821_08334837.jpg
Women'sチームは、ハワイからのメンバーがスペシャルなパドルシャツを作ってきてくれました。なかなか素敵でしょ。
e0171821_08343305.jpg
スタートのイメージトレーニング。
1番の聖子さんは、今回がOC6での初レース。
e0171821_08340200.jpg
Men'sのチーム。
75歳のサムやジョンから裕太の19歳まで年齢差56歳!
それでも16kmのコースを漕ぎきってオープンクラス5位入賞は立派なものです。
e0171821_08341435.jpg
そして、僕が出場したMixチーム。
予選ヒートでは、僕がステアでなんとか決勝進出。
決勝では、木下代表がステアでカヌー歴数ヶ月の女性2人をサポートしながら、良いレースが出来ました。
彼女たちも含めてレースに出るたびに練習では得られない経験が出来ます。
e0171821_08342332.jpg
表彰式では、3位に入賞したWomen'sチームが表彰されました。
副賞の西表島のパイナップルは、打ち上げのデザートに…。
e0171821_08362503.jpg
そして、打ち上げ。
鎌倉駅裏のお好み焼き屋さんで、家族も含めて30人以上が参加。
e0171821_08363081.jpg
やはり、レースの後の打ち上げは楽しい。
みんな晴れ晴れとした笑顔です。
e0171821_08351556.jpg
今回ハワイから参加したマリーの旦那さんのチャドは、鎌倉で兄弟を見つけたようです(笑)
e0171821_08345294.jpg
この前の写真を撮ってから、彼に見せたら大受けでした(笑)
e0171821_08352230.jpg
最後にサムから、素晴らしいスピーチが…。
60年以上カヌーを漕ぎ続けてきた経験から学んだ、深い言葉が響きました。
レースだけでなく、こうした出会いから膨らんでいく経験や感覚が大切なんですね。

朝5時半から夜の9時半まで長い一日でしたが、実に”濃い”最高の一日でした。


[PR]
by dairoku126 | 2017-06-12 08:59 | アウトリガー | Comments(0)

明日は、パドチャレ!

e0171821_17011516.jpg
明日は、片瀬東浜でパドリングチャレンジ!
今回は、ハワイから男性2人、女性2人がワイレア・ジャパンから参加します。
この4人はすべてモロカイ海峡を渡った経験のある人たちばかり。
こんな人達と漕げるのは、すごく勉強になります。
サンタのような白い髭を蓄えたサムは、75歳なのに年齢を感じさせないパワフルさです。
e0171821_17010943.jpg
今日は男子チーム、女子チーム、Mixチームに分かれての練習にしたのですが、同時にスタートしても男子チームはあっという間に引き離して行きます。
ハワイアン女子を入れた女子チームで、Mixチームと競り合う感じ。
e0171821_17013003.jpg
女子チームは本来のメンバーが2人ほど欠席だったので、Mixチームから2人貸し出し。
彼女たちには、もの凄く学ぶことが多かったでしょうね。
e0171821_17012260.jpg
最後に、全チームでスタート練習。これで結構疲れました。
e0171821_17012740.jpg
明日のレースに備えて、カヌーにスプレーカバーを…。
これを装着すると、レースに出場する気分も高まってきます。
カヌーの色のバランスが、カッコ良い!

さぁ、頑張るぞ!



[PR]
by dairoku126 | 2017-06-10 17:21 | アウトリガー | Comments(0)

ZAIKMOKUZA CUP 2017

e0171821_21145403.jpg
Wailea Canoe Club JapanとFar Eastの共同主催による”ZAIKMOKUZA CUP2017”。
朝の6時から設営に入りました。
e0171821_21150087.jpg
設営の後は、今日のスケジュールや役割分担の打ち合わせ。
子供も含めて体験者41名という大規模な催しになりましたから、事前の打ち合わせは念入りに…。
e0171821_21151224.jpg
いよいよ、始まります。
e0171821_21151767.jpg
Far Eastのトシ君がジェットスキーで、海上でのブイの設営など大活躍。
e0171821_21152263.jpg
体験者にはパドルの持ち方から漕ぎ方、そして合わせることを練習してもらってから海に出ました。
e0171821_21152683.jpg
体験の後は、午前中最後のメインイベント。キッズたちのレース。
沖の黄色いブイとビーチの旗がゴールラインです。
3艇が競り合うように、ゴールになだれ込みました。
e0171821_21153004.jpg
出場選手たちの記念写真。
プロの桃子さんの撮影ですが、カメラを構えている前に出ようとする父兄を抑えるのが大変。
e0171821_21153527.jpg
そして、午後のメインは体験者たちのレース。
子供より距離は長くして、3ヒートに分けてのタイムレースです。
こちらも素晴らしい商品が出ました。

子供も大人もカヌーを楽しんでもらえたようです。
そして後片付けをして、長い一日が終わりました。
来週は、いよいよパドリングチャレンジです。

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-04 21:30 | アウトリガー | Comments(0)

海の色は、すっかり夏色!

e0171821_15270168.jpg
駐車場が混む前に、集合時間の30分前に着いたら良い感じの景色が…。
e0171821_15270642.jpg
富士山も、さらに雪が少なくなりました。
風も穏やかで、最高のコンディション。
今日は、パドチャレの練習もあるのでガッツリ漕ぐぞ!という気になりました。
e0171821_15271135.jpg
女子組と男子組に分かれての練習。
実に気持ち良く走りました。
Run Keeperによれば、今までの最高の時速10km弱。
女子組に合わせてゆったりと漕いだのも合わせて、平均スピードで8.8kmですから、かなり良く走った。
e0171821_15271659.jpg
明日のイベントに備えて、ビーチにカヌーを置く許可をいただきました。
良い感じの景色でしょ。
e0171821_15272231.jpg
その後、ビーチクリーン。
江ノ島に比べて、あっという間に終わるほどゴミは落ちてませんでした。
e0171821_15272644.jpg
なぜか、外人クルーばかりの4カメでウェディングの写真を撮影中。
それとも、鎌倉をテーマにした映画でも撮っていたのかな?

お昼を食べてから、明日の”ZAIKMOKUZA CUP2017”の打ち合わせ。
なんと体験に来る人数が40人を超えました!
明日は、朝早くから一日仕事になります。

[PR]
by dairoku126 | 2017-06-03 15:39 | アウトリガー | Comments(0)

久しぶりに、富士山が見えた。

e0171821_13590892.jpg
昨日の雨で、空中のゴミが落とされたのか、久しぶりに見る富士山の姿。
雪が8合目くらいまで溶けていましたね。
e0171821_13591494.jpg
南寄りの風が強く、軽めの練習。
それでも波に逆らって風上に上がる時には、シャワーをたっぷりと浴びるほど…。
カヌーのバウ(船首)が持ち上げられて落ちるときに、カヌー本体が水面を叩いて飛沫が上がるんですけどね。これは1番、2番シートでないと経験出来ないもの。
今日くらいだと、パドルが空を切ることはありません。
水温は、だいぶ上がってきました。もう、タンクトップで漕いでも大丈夫。
来月には、レースが始まります。

[PR]
by dairoku126 | 2017-05-27 14:06 | アウトリガー | Comments(0)

初夏の空気感。

e0171821_15592476.jpg
今日は、朝から気温が上がって初夏の気持ちよさ。
前に湘南でキッズに居たヨッチが漕ぎたくなったというので、行きがけにピックアップして材木座へ。兄貴分と慕うコータ君に誘われたらしい。
若者が増えるのは、良いことです。
e0171821_15593309.jpg
水温もだいぶ上がってきたので、漕いでいて気持ちが良い。
若者たちは、途中の休みで上の写真のように、海に入っていました。
e0171821_16001156.jpg
練習が終わってからは、体験会。
それの準備とか、段取りをするので一休みです。
e0171821_15595496.jpg
その間に、新しく入ったトモミさんに丁寧に指導するアっちゃん。
一度、海に入った若者たちは後ろで泳いでいます。
e0171821_15595989.jpg
体験会が始まりました。
初めてカヌーに乗ったときの印象が大事ですが、今日は条件的には最高!
終了後にも、楽しかったとの感想でした。
e0171821_16000309.jpg
体験会でも、今度はマークが飛び込み!
こちらの艇でも2人が体験です。気持ち良さそうに漕いでました。
e0171821_16000782.jpg
倉庫の看板もいつの間にか、椰子の木が増えている。
手作りのカヌークラブらしい雰囲気が、さらに出て来ましたね。
中のパドルラックも増やさないと、足りなくなってきました。




[PR]
by dairoku126 | 2017-05-21 16:13 | アウトリガー | Comments(0)

19歳の挑戦を見てあげて…

e0171821_13262805.jpg
先日も書いた「19歳の挑戦!」ですが、サポートに行った主税クンが動画にまとめてくれました。まぁ、ちょっと日本では見ることが出来ないうねりの中を一人で遙か彼方のオアフ島めざしてひたすらに漕ぐ姿が感動的です。

時々、うねりを捕まえて乗っていくのは気持ち良さそうですが、それにしても独りで水平線の彼方の島を目指して漕ぐのは大変なこと。
島が見えてからも逆潮に捕まり、なかなか近付かない焦りとかもあったことでしょう。
昨日、練習会の後に話を聞いていても数週間で逞しくなった姿を感じました。
やはり、経験すること、カラダで感じることは人間を変えていくのですね。

最初の時には、フリして帽子を流してしまったらしく帽子無しで漕いでいますが、さすがに見かねた木下監督から赤いキャップが届けられ途中からかぶっています。
水やサプリメント、そして帽子まで伴走艇から泳いで補給してくれたサポートの主税クンも大変な仕事。そのたびに裕太君も力強く思ったことでしょう。独りでは無いと…。

伴走艇の上で5時間近く立ち続けアドバイスを送ってくれたラリーや木下さん、サポート役を買って出た主税クン、ハワイの空にはためいている日の丸に応援メッセージを書き込んでくれた仲間たち。
みんな裕太のことが大好きだから、応援しているんだよ。

すでに来年の挑戦に向けてスタートしたようです。
来年も、みんなで応援するからね。



[PR]
by dairoku126 | 2017-05-15 14:30 | アウトリガー | Comments(0)

今日は、取材が入ったので3艇。

e0171821_16045826.jpg
今日は、取材が入り、なおかつ湘南パドリングチャレンジSoloに出場したユータ、コータ兄弟の応援もあり、その後体験会と忙しいスケジュールでした。
まぁ、取材の方は取材班を乗せて七里ヶ浜の方までユータとコータの応援がてらのパドリングとなりました。
e0171821_16053314.jpg
予報以上に北寄りの風が強く、ステアがしんどい。
カメラマンを乗せたカヌーには、強力エンジンとしてマークが途中から移りました。
e0171821_16054146.jpg
稲村沖のブイの手前でカヌーを止め、応援をしていましたが風でカヌーが流されるのでポジションをキープするのが大変。大急ぎで戻って、今度は体験会。
なんだかんだで3時間以上海の上に居たら、ホトホト疲れました。

その後は、クラブハウスでお弁当を食べてから主税くんがまとめてくれたユータ君のモロカイSoloムービーの試写会。大きなうねりをキャッチして乗っていくのは見ていても爽快な感じですが、これを5時間近く続けるとなると…。

朝から海にドップリの一日でした。


[PR]
by dairoku126 | 2017-05-14 16:17 | アウトリガー | Comments(0)

19歳の挑戦!

e0171821_16452541.jpg
Wailea Canoe Club Japanの、若きホープがやってくれました。
5月6日(現地時間)に行われた「Molokai Solo 2017」に日本人として最年少で挑戦した裕太君が、4時間45分51秒で無事に完漕しました。
完漕したので、日本人の最年少記録として残ることになります。

それにしても、初めての海外レースでモロカイ島→オアフ島53kmを、5時間を切るタイムでフィニッシュしたのですから大したもんだ。

本人は5時間を切ったのは嬉しいものの順位的には悔しい、と書いてますが素晴らしい経験を積んだのだから…。
まだまだ19歳、これからその思いを雪ぐ機会は幾らでもあるよ。

小学生の時から知っているけど、ホントに素直な優しい青年に育ってくれた。
誰にでも可愛がられるのは、真っ直ぐな人格を磨いてきたから…。
自分の信じた道を歩む彼の姿を見ていると、僕自身の19歳の時と比べて何倍も偉いと感心してしまいます。あの頃は、波乗りばかりしてたけど。

日本のアウトリガーカヌーの将来を背負って立つことになるでしょう。
弟の航太君も、兄貴の背中を追って頑張っていることだし。

ノビノビとカヌーを漕ぐ兄弟を見ていると、新しいカヌークラブを作ってホントに良かったと思います。



[PR]
by dairoku126 | 2017-05-09 17:07 | アウトリガー | Comments(0)