加藤真一さんのCD発売記念ライブ@Lezard

e0171821_08074640.png
加藤真一さんがリーダーを務めて代官山Lezardで録音したCDが発売となり、その記念ライブに行ってきました。ジャケットは、なんと和恵ママ!

エルビン・ジョーンズや増尾好秋さんなど来店した高名なミュージシャンのサインで埋め尽くされた壁を壊して客席を広げたのですが、改装する前に織作峰子さんが撮影したもの。
月曜日にLezardで買ったので、すでに聴いていますが内容は素晴らしい出来上がり。
スタジオで録音したのと間違えるほど、ピアノもベースも素晴らしい音質に仕上がっている。
e0171821_08075516.jpg
そして、スタート前に全員で鰻の名店「一二三本店」の鰻を食べるという変わった趣向。
鰻でもディナーショーというのでしょうか?
この「一二三本店」のマスターというか大将というのは慶應ライトミュージックソサエティーの名トランペッターだったのです。
e0171821_08075952.jpg
食べ終えた加藤さんも、みんなに混じって談笑。
昨日は、すべて予約制だったので、知った顔ばかり。
和気藹々とした雰囲気の中、演奏がスタートしました。
e0171821_08080646.jpg
途端に、空気がピーンと張り詰めるような緊張感。
それまでの、和んだ雰囲気が一変します。ここら辺がプロの真骨頂とでもいうのでしょうか?

加藤さんのベースを最初に聴いたのは、名古屋の「Lovely」。
木住野佳子さんのトリオでツアー中でした。
その後、佐藤さんと組むようになってからLezardにしばしば遊びに来てくれています。
僕も、僭越にも一緒に演奏させて貰ったことがある。
e0171821_08081221.jpg
1st.Setが終わった後は、CD販売&サイン会。
持ってきたCDは、すべて売り切れてしまい、買えなかった人も…。
e0171821_08081717.jpg
ジャケット写真を撮影した織作さんも来ていました。
ミス・ユニバースだった頃の面影が…。
e0171821_08082576.jpg
それにしても、佐藤允彦さんの演奏は凄かった!
未だに進化し続けているのは、驚異としか言えません。
鳥肌が立ちそうな演奏が、続きます。
e0171821_08083408.jpg
そして、加藤さんのアルコ・ソロ。
一時、ジャズを離れてクラシックを演っていただけに他のベーシストとはテクニックが違う!

最後にアンコールでマントラの”Birdland”をやってくれたのですが、ドラムが居ないのにキッチリとリズムを感じさせるのはプロの凄さ。
今まで、この二人のDuoは何回も聴いていますが、これだけ鳥肌が立ったのは初めて。
「一二三本店」の鰻がついてG千円だったから、実に名古屋風にいえば「お値打ち」なライブでした。素晴らしかった!

誰かが見つけたのですが、Amazonでも売ってます。
でも、CDよりも生の方が凄かった!



[PR]
by dairoku126 | 2017-05-18 08:49 | 音楽 | Comments(0)


<< お天気が、良かったので…。 『陰翳礼賛』谷崎潤一郎 >>