昨夜は、なぜかトークセッション!

e0171821_07142478.jpg
昨夜の代官山レザール、我々が最初のステージを終えた後に交代かと思ったのですが、なぜか話に華が咲いてしまいました。その間、一人で遊びに来たアベちゃんがソロでピアノを…。

環境音楽のハシリだったWindham Hillレーベルのようなポチポチとしたソロが心地よく、話が止まりません。ワインもつまみもたっぷりあるし、次から次へと話題が移り和恵ママも「そろそろ行ったら」とは言わず、話に参加したまま。
ピアノのチャン・リー・ホが次のバンドでもダブってたので、しばし休憩と思って話し出したのですが…。
e0171821_07142055.jpg
そのうち、ソロでピアノを弾いていたアベちゃんが「疲れた!」と言い出したので、やっと交代。中野さんのベースは、いつ聴いても素晴らしい。
75歳を超えて、これだけ元気に演奏できるのは憧れです。
しかも、年々上手くなってるし。

そうそう、ギターをチューニングしていたらママが「ハルさんが、この前調整していったから弾きやすいはずよ」と言うので弾いてみたら、不思議なほど音がクリアーに出る。

ハルさんとは、松坂慶子の旦那さん・ハル高内さんのこと。
ギターの腕前も素晴らしいのですが、ギターの調整も大好きだとか…。

そういえば、2月にレザールでライブを聴いたときに、そんなことを話していた。
どこをどういじったのか、今までに無く良い音が出るので、ホントに気持ち良かった。
高音から低音までバランス良く、音が出てくる。
あまりにも、気持ち良いので弾きすぎてしまったほど…。
おかげで、またもや品川回りになってしまいましたけど(笑)

[PR]
by dairoku126 | 2017-05-16 07:34 | 音楽 | Comments(0)


<< 鵠沼散歩! 19歳の挑戦を見てあげて… >>