「テルマエ・ロマエ」

e0171821_1730227.jpg遅ればせながら、映画「テルマエ・ロマエ」を昨日の午後に観てきました。
はたして、まだやってるか?という気もしましたが、調べてみるとテラスモール湘南で上映中。
他に買い物もあったので、午後に出かけてきました。

まぁ、「風呂に入るのが大好き」という共通点だけで、ローマ人と日本人をくっつけちゃったという漫画っぽい(実際に原作は漫画ですが…)発想がすべて。
でも、楽しめる映画です。ムツかしい理屈なんか、すべてすっ飛ばしてしまったパワーが良いですよね。
ローマ人に扮した阿部寛、北村一輝、市村正親の顔の濃さは、確かに外国人キャストの中に入っても不自然では無いのが笑えました。
確か「笑っていいとも」に出演した時にも、その話で盛り上がっていたような…。
それと、上戸彩が良かった。演技なのか、地なのか分かりませんが。

それにしても、ローマ人の「入浴好き」は後世のヨーロッパには伝わらなかったようですね。
ローマ帝国の版図は、アフリカからイギリスにまで及んでいたのに…。
それが、不思議です。
[PR]
by dairoku126 | 2012-07-19 17:52 | 文化 | Comments(0)


<< 隠岐の島みやげ 遠雷を、聞きながら… >>