サンウルブスvsストーマーズ

e0171821_17441567.png
シンガポールでの準ホームゲーム。
相手のストーマーズは、開幕から連勝を続けているチーム。この相手に、どう闘うか?
昨年は、シンガポールで同点の接戦を演じているだけに、期待が持てました。
まぁ、結果としては負けてしまったのですが…。

前半は、その期待通りに互角の闘いぶり。
相手のミスも多かったし、そのミスにつけ込む闘いが出来ていました。
PGで先制されても、すぐに素早い展開でトライを獲り、前半25分で14点差をつけるほど攻撃でのコミュニケーションが取れていた。
惜しむらくは、前半30分過ぎに戦術を変えて「力攻め」に転じた相手の攻撃を食い止められなかったこと。このトライで、相手を乗せてしまった。

後半開始早々に、福岡の快走からカーペンターのトライで再び11点差に突き放した時には「今日は行ける」と思ったのですが…。自陣に攻め込まれた場面でスクラムからのトライだったし、相手のディフェンスが薄いところを突くことが出来たしね。

ただ、この後からストーマーズは徹底してモールなど「力攻め」に切り替えます。
いやぁ、フォワードのみならずバックスまで、真っ直ぐに突っ込んでくるような迫力の攻め。
必ずゲインを切って、ジワジワとゴールラインまで前進して来るのは凄い!

この攻めに体力を奪われたようで、次々に選手を交代したものの、徐々に追いつかれ、逆転されてしまった。同店を狙った比較的イージーなPGを初先発の小倉が外してしまったのも、痛かった。それまで、難しい角度のキックを決めていたのに…。

今度は焦りから攻めが単調になり、またハンドリングエラーなどミスを連発して、ますます相手に突き放されたのは連戦の疲れでしょうね。
両軍の選手が次々に足を攣るのを見ても、湿気の多いシンガポールでの試合の過酷さを感じました。福岡が足を攣ったのなんて、初めて見た。

これで、次の週はサンウルブスはお休み。
4/8に秩父宮でブルズとの対戦です。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-03-26 18:06 | スポーツ | Comments(0)

開花探索散歩

e0171821_13132751.jpg
明日は雨の予報なので、長い散歩がてら桜の開花をチェックしに…。
ついでに解禁になったシラスを買いに浜野水産まで歩こうということで、まずは海沿いに漁港まで。お日様は気持ち良く降り注いでいるけど、北風が冷たい。
南岸低気圧の接近に伴って、寒気が南下しているからでしょう。
e0171821_13133761.jpg
片瀬川を渡って浜野水産に…。
正面の白い舟が、浜野水産の湘南丸。ここのシラス干しが、ここらでは一番美味しい。
同じシラスを獲っているのに、シラス干しになると味が変わってしまうのは不思議ですが、やはり干し方とか塩加減とかいろいろあるのでしょうね。
ついでに朝取れのシコイワシを塩茹でしたのが売っていたので、これも買い込みました。
e0171821_13133263.jpg
対岸の白百合学園側をチェックすると、一本だけ咲いている木が…。
花の色からしても山桜なんでしょうか?
ソメイヨシノは、蕾が膨らんで来ているものの、まだ開いてはいない。
e0171821_13134687.jpg
ピンクの花が先端から少し顔を出しているものの、風の冷たさに躊躇っちゃうよね。
遠くから見ると、木までピンクに色づいているように見える。

帰りは、風を避けるように家が建ち並ぶ内側の道を歩いて鵠沼商店街へ。
お気に入りのパン屋さんで明日の朝のパンを買ってから、商店街の珈琲屋さんで一服。
農家の八百屋が開いていたので、野菜と桃の枝を買って来ました。
e0171821_13135426.jpg
途中で買い物をしたり、珈琲を飲んだりしたので1時間以上はかかりましたが、約6km。
図のグレーになっているところが停止しているところ。
平均時速は5km弱ですから、良いペースで歩けたんじゃないかな。
お日様があったので、歩いているうちにポカポカしてきた。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-03-25 13:33 | 季節 | Comments(0)

R.I.P. トミー・リピューマ氏

e0171821_09034286.jpg
先日、Facebookを見ていたら誰かがトミー・リピューマ死去のことを書いていました。
トミー・リピューマという名前は、一般的にはそれほど有名ではないのでしょうが、音楽プロデューサーとして多大な貢献をした人です。多分、僕の集めたレコードやCDに彼がプロデュースしたものが時代を問わずかなりあるはず。

ジャズ・レーベルとして昔からあるヴァーヴ・ミュージック・グループの会長でもありました。60年代後半から本格的にプロデュース活動を始め、ジャズ、AOR、ロック、ポップス、ソウル、R&Bなどジャンルの垣根を越えて数多くの名盤を世に送り出してきた名プロデューサーです。
彼の業績は、こちらのリンクを見てください。

最近では、ダイアナ・クラールを育て上げました。
初期のアルバムでは、一緒にデュエットしている曲も確かあったような?
ナット・キング・コールへのオマージュとして出した”All For You"の中の”Hit That Jive Jack”だったと思います。

今年の5月発売になるダイアナ・クラールの最新盤が、遺作なのでしょうか。
合掌!

これも、彼のプロデュース作品です。
   

[PR]
# by dairoku126 | 2017-03-23 09:49 | 文化 | Comments(0)

昨夜は、日本酒の会。

e0171821_08340228.jpg
月に1度の代官山レザールでの、日本酒の会。
前にも我々のバンドの日と重なりましたが、今回も…。
ということで、1st.セットを演っているうちに参加する常連たちが集まって、ワイワイと始まってしまいました。

前回は、秋田の”六舟”を持って行ったのですが、今回は福島の”大七”を…。
結構ウケました。
e0171821_08341027.jpg
そのうちに、来た順番でセッション開始。
ピアニストが、8人くらい居たからピアノは次々に変わります。
e0171821_08341541.jpg
その間、飲んだことが無いお酒を味わうことに…。
”八海山”でも、この大吟醸は飲んだことが無かった。サッパリとしたお酒でした。
e0171821_08341947.jpg
これは栃木の”開華”特別純米生酛。
コクがあって美味しいお酒でした。
e0171821_08342481.jpg
セッションは、さらに盛り上がりを…。
今までに演ったことの無い組み合わせがあるから、面白い。
この電べーの若者は、初めて聴いたけど音の取り方が良い感じ。
e0171821_08342975.jpg
ヴォーカリストも、3人。それぞれ、その人らしい選曲で…。
e0171821_08343352.jpg
彼のギターは、羨ましいほど実に良く歌う。
こういう風に、弾きたいな!と聴くたびに思うのですが…。

もちろん、僕の出番もあったのですが、かなり酔っ払っていてディスコードしようが細かいことを気にせずにやっちゃいました。まぁ、ご愛敬ということで(笑)

飲んで、喋って、ワイワイと楽しい夜でした。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-03-23 08:58 | 音楽 | Comments(0)

残念、負けちゃった!

e0171821_14023199.png
WBC準決勝、日本vsアメリカは残念な結果に終わりました。
これで日本は2大会連続で、準決勝敗退。やはり、投打の二刀流、大谷の欠場は痛かった。
それでも、今までに無いほど各国が力を入れて臨んだ大会で、ここまで来られたのはチームとしての結束力があったから。日替わりでヒーローが出る予選ラウンドでチームがホントにまとまっていくのが分かりました。

それにしても、アメリカにしてもドミニカ、プエルトリコなどがメジャー・リーガーを集められているのに、何故に日本だけメジャー球団が投手をプロテクトしてしまったのか?
それが腑に落ちません。イチローはもちろんのこと、田中、マエケン、押さえの上原などがいれば、もっと盤石のチームになれただろうに…。
それとも、彼らの力は分かっているから、他の日本投手がメジャー選手相手に通用するかをMLBが見たかったのでは…と勘ぐってしまうほど、メジャー所属の日本選手はチームから”No!”が出てしまった。

それでも、バリバリのメジャーリーガーで固めたアメリカ相手に大接戦を演じたのですから、”侍ジャパン”の各選手は胸を張って日本に帰って来て欲しい。
e0171821_14005479.png
今日の始球式は、良かったですね。
日本側から野茂、アメリカ側からラソーダ監督の元ドジャースの師弟での始球式。
まして、ドジャースタジアムでの試合ですから、どちらのファンも大喜びだった。

準決勝からホームラン以外でもビデオ判定が取り入れられたのですが、テニスのチャレンジと違って回数制限なしだから、やたらと多くてゲームの流れを止めてしまうのが気になりました。こちらがチャンスになった時に、これをやられて間をとられることが流れを変えてしまうのでは…。

急成長したキャッチャーの小林が、これで大化けするか?
開催間近のペナントレースが気になります。


[PR]
# by dairoku126 | 2017-03-22 14:22 | スポーツ | Comments(0)