再び、九州へ。 ー2日目ー

e0171821_18104287.jpg
今日は、地元のTV局の取材が入りました。
このプロジェクトの最初から取り組んでくれていたMRT(宮崎テレビ)の撮影クルーが待ち受けていました。今までは、ディレクターの単独取材だったのが、大型カメラで本格的な取材。
全員が、インタビューを受けていました。

前回のテストで直すところや、痛んでいたところを船台にあげて修理。
e0171821_18104611.jpg
新しい部品に変えたところも含めて、ドキドキの進水式。
船台に乗って、カヌーと一緒に水面まで降りるのは、良い感じでした。

今回は、自分のステアリングパドルや普通のパドルを持ってきたのですが、実際に帆走で走らせてみるとパラオの鈍くさいパドルの方が舵が効く!ちょっとショックな出来事でした。

セイルの入れ替えも含めて、2時間以上のテストを重ねてクタクタです。
最後は、カヌーにすべて水を入れての浮力のテスト。
完沈させてしまうと浮力はあるものの水を抜くのが大変。
まぁ、途中で小まめに水を抜くしかないのですが、波を食らった時にドッと入ると大ごとです。
その対策も帰りがてらにしては来ましたが…。

台風5号のうねりが明日で終わってくれると良いのですが…。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-07-29 18:25 | | Comments(0)

再び、九州へ。ー初日ー

e0171821_18431072.jpg
いよいよ、前回の九州行きで準備した”TUKUYOMI Project”の本番です。
ということで、再び宮崎へ。
e0171821_18431591.jpg
カヌーの補修状態をチェックした後、トモ君の家で今回のプロジェクトに対して高千穂神社から贈られた”航海安全”の護符を見せてもらう。ご神木の欅から作られたもの。
素晴らしい銘木に彫り込まれた文字が神々しい。
e0171821_18435065.jpg
今日やることは、済んだのでビーチへ。
塾の後輩で今回のヘルプに来ているノリちゃんが波乗りをやりたいということで、小倉ヶ浜に行きました。まぁ、今日しか出来ないもんね。
セットでアタマ程度のメロウな波です。
e0171821_18440771.jpg
この女性は、実に美しいラインを描いていた。
乗り方も、リラックスしたスムースなサーフィン。
見ていて、心地よい波乗りです。
e0171821_18435683.jpg
見ているうちに、やりたくなって来て、まずはボディサーフィン。
メロウな割にパワーがある。
ついにトモ君の7’4”のボードを借りて、乗ってしまいました。
e0171821_18440308.jpg
これが、借りたトミー・ムーアのボード。
テイクオフが速かったし、パーリングもせずに気持ち良く乗れました。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-07-28 19:00 | | Comments(0)

『キネマの神様』原田マハ

e0171821_10282078.jpg今年になってから原田マハの小説を片っ端から読んでいますが、これには参ったな。実に、上手い。
まぁ、彼女の本で「ハズレ」というのは、ほとんど無いのですがね。あらすじなどは、こちらを読んでください。

それにしても、なんでこんなに映画のことに詳しいのだろうと思ったら、片桐はいりの解説を読んで納得しました。片桐はいりは学生時代から足かけ7年間、銀座和光裏のシネスイッチ銀座という名画座(前身は銀座文化劇場)で「もぎり」のバイトをしていたそうですが、原田マハも学生時代に池袋文芸座で「もぎり」をやっていたとか。
同じ年の二人ですから「もぎり、もぎられ」の関係になっていたかもしれませんね。

いわゆる小さな名画座が、この小説のキーになるのですが、そんな小さな名画座というのが再開発や大手のシネコンの登場で消えていく。
僕らの頃は、ゴダールの見損ねた映画などは有楽町駅裏のゴミゴミしたところにあった名画座へいけば見ることが出来ました。仕事場が有楽町だったので仕事の合間にちょくちょく見に行きました。そう、映画を観るのは仕事の一部だったのです。

幸いにも、職場のあった有楽町ビルの2Fはスバル座。
ここは、アメリカン・ニューシネマをセレクトして上映していたりしたので、お昼ご飯を食べてから良く行きました。映画が終わって明るくなると、観客が全部シロクマ広告社の人間だったこともあります。(笑)
後にシロクマ・ホールディングスの会長にまで上り詰めたアートディレクターS氏も、昼の部サボり鑑賞の常連でした。で、知り合いを見つけては、直ぐ横にあった喫茶店に行って映画評を喋り合ったりしていたのですが、余裕のある時代だったんですね。
会社勤めをしてから夜に映画を見に行った記憶は、あまりない(笑)。

そんな昔のことを想い出しながら、読んで行きました。
ネット時代を踏まえて、日米の映画好き爺さんが激論をネット上で闘わせて行く展開は当初予期しなかったものの引き込まれる迫力があります。
匿名同士でかつての名画をポジティブにとらえるか、ネガティブに批評するかの闘い。
しかも、アメリカの「ローズ・バッド」というハンドルネームの人物がN.Y.タイムスの映画評で世界的に有名な人物だったとは…。

映画に対する熱い想いが、感じられる本でした。


[PR]
# by dairoku126 | 2017-07-27 10:59 | | Comments(0)

アメリカ&カナダの高校生たちの体験会

e0171821_13422114.jpg
アメリカ&カナダからホームステイで日本に来ている高校生たちの体験会を行いました。
朝の7時に集合して、カヌーの準備。
まだ、雨は降り出していません。
e0171821_13422743.jpg
まずは、パドルの握り方からはじめて漕ぎ方の練習。
3つのグループに分けて、2組がカヌー、1組がSUPの体験を…。
これを3回やると全員がカヌーに2回ずつ乗れることになります。
e0171821_13423225.jpg
やはり、若くてパワーがあるので、初めてでも結構進みます。
帰りは大きなうねりに乗ることも出来たし。

この天気で海水浴場もガラガラだったし、海の上は貸し切りでした。
e0171821_13425275.jpg
途中から雨が降り出し、江ノ島も徐々に霞んできました。
終わる頃には、霧で見えなくなりました。
e0171821_13430914.jpg
最後は、全員で集合写真。
みんな、最後まで楽しんでくれたようです。



[PR]
# by dairoku126 | 2017-07-26 13:53 | アウトリガー | Comments(0)

いやぁ、蒸し暑かった!

e0171821_09095110.jpg
梅雨明け宣言が出たら、梅雨っぽい陽気になってしまいました。
南風が吹き込んで、蒸し暑い!

それでも、元気に行ってきました。代官山へ。
昨夜は、3バンド+ピアニストが3人という大盛況。
しかも、我々のバンドは一番の売りであるテナーのタケイ君が欠席だったので、ギター・カルテット+アルトサックスのコビー君という編成。
彼は、復帰したばかりなので持ち曲が少ない。1stセットが終わった後で、次に何を演るかを探り、急遽ジョビンの「So Danco Samba」を演ることに…。
店から出て、階段でギターと合わせてみました。
この曲は、サビの部分を除いてイパネマとコード進行がほぼ同じ。
演ってみたら、初めてにしてはまぁまぁの出来でした。
e0171821_09095739.jpg
合間に遊びに来たピアニストが演奏。
これはピエール君ですが、写真をモノクロにするとジャズっぽい雰囲気が出ますね(笑)

聴きながら、今後のバンドの方向性など熱く語り合えたのが良かった。

[PR]
# by dairoku126 | 2017-07-25 09:22 | 音楽 | Comments(0)